介護予防

2015/6/20

介護予防と閉じこもりの関係

現代の日本のような少子高齢社会では、介護予防を行うことによって要介護期間を短縮させることが極めて重要になっています。 要介護期間を短縮させるために大切なことが、高齢者の閉じこもりをできる限り少なくすることです。 閉じこもりとは、生活を行う空間がほぼ家の中だけで終始してしまい、それに伴って活動状態が低下して身体活動が低下し、精神的な刺激が乏しい日常の生活と家の安らぎ感が相まって活動意欲を失わせることをいいます。 この延長上に、寝たきりの生活と認知症が存在していると考えられるのです。 高齢者を家の中に閉じこも ...