社会・制度

2015/9/20

高齢者とは

「高齢者とは」詳しく調べてみました 日本は世界の国々と比べても非常に高い高齢者率を誇ります。2010年23パーセントの高齢化率で、これは世界で最も高い高齢化率です。 現在の日本では4人に1人以上の高齢者が過ごしており、日本の経済、年金、その他社会保険などに大きな影響を与えています。これは若い世代にも無視できないのが現状になっています。 高齢者とは一体どういった人を指すのか、生活や生きがい、問題点や保険関係などについてご紹介していきます。 高齢者とはどんな人を指すのだろう 一般的に高齢者と呼ばれる人は、WH ...

2015/6/20

高齢者介護の現状

高齢者の介護の問題は、現代では大きな問題となっています。 介護施設は、有料老人ホームや特別養護老人ホームなどがあります。 こうした施設の中で家族の方の一番の不安材料が医療と介護が別だということです。 入居している人が、急に体調に何らかの変化があった場合、その対処方法が介護師では対応しきれないという場合もあります。 その介護師も医師の指示がなければ対応が難しいといったことで混乱が生じます。 結果的に、救急車を呼ぶ事態になってしまうのです。 こうしたことを考えると、介護と医療、この二つの連携体制を更に強化して ...

2015/6/20

企業における高齢者雇用の実態

平均寿命が上がるにつれて高齢者の価値観が変わり、従来のように隠居をして若い世代へバトンを渡してしまうのではなく、仕事などを通して社会への関わりを持ち続け生涯現役を目指すものへと変化しています。 知識と経験豊かな高齢者世代は、製造業における技術指導員や講師、介護施設のヘルパー、ブティックの販売員、タクシーの運転手など多くの業種で活躍しています。 その中には、定年後も同じ企業で顧問として継続的に雇われている人、前職を退職した後に他の企業で働いている人など経歴は様々です。 厚生労働省の調査でも、65歳以上の方が ...

2015/6/20

寿命が長くなっていく日本で超高齢者が増えていきます。

センテナリアンとは100歳以上の高齢者のことです。スーパーセンテナリアンとは110歳以上の高齢者のことです。 日本は世界一の高寿命大国、これから超高齢化社会に突入です。 今まで余り話題にならなかった、超高齢者ですが、徐々に平均寿命が長くなっていくに従い、 この超高齢者の存在が、これからテレビや新聞に取り上げられる機会が増加すると思われます。 現在100歳になると日本では銀杯と総理大臣からの祝状が送られます。 どこの国でも似たり寄ったりで、米国では大統領から直接手紙が届きます。イギリスでは女王が挨拶状を送る ...

2015/6/20

高齢者のボランティア活動活動

60歳で定年を迎えた人、あるいは65歳以上であるが、第2の人生のスタート時点にたって、 その生きがいをボランティアに求める人が多くなっています。 体は十分元気で時間もある。そんな人が社会貢献を目的とした活動を開始したいと思っているわけです。 一口にボランティアと言っても国内には実に様々なボランティア活動があります。 例えば、 災害ボランティア 先の阪神淡路大震災や東日本大震災ではたくさんの災害ボランティアが活躍しました。 災害発生時に災害ボランティアセンターに連絡して指示を仰ぎながら参加することになります ...

2015/6/20

高齢者にも働きたくて労働意欲が高い人は沢山います。

現在日本では、高齢者というと65歳以上の人のことをいいます。65歳が高齢者ですか? 1950年代の国連の統計で65歳以上を高齢者としたことから始まります。 この当時の日本人の平均寿命は男性が63.6歳、女性が67.7歳でした。 ですから65歳以上を高齢者としても問題なかった。 しかし、それから60年以上経った今日、平均寿命は男性80.2歳、女性86.6歳と延びました。 平均17.8歳も寿命が延びたのです。 従って当時のままの65歳高齢者説は完全に無理があります。 国内の企業の定年は未だに60歳が多い。 現 ...