介護職員のメンタルケア

急増する介護うつの症状と予防法とは?

近年、家族の介護による疲れとストレスから、「介護うつ」になってしまう人が急増しています。

介護施設や介護サービスを利用することに抵抗があり、自分の家族のことは自分で何とかしたい、とがんばる人ほど、介護うつになりやすい傾向にあるようです。

誰かの助けが必要な家族のためにも、まずは自分が心も体も健康でいないといけませんよね。

急増する介護うつを予防するために、介護うつの症状と予防法を学んでおきましょう。

介護うつになりやすい人の特徴

介護うつになりやすい人には、性格に特徴があります。

まじめ、責任感が人一倍強い、何事にも完璧主義、調和を気にする、自分の意見を押し殺す傾向がある、弱音を吐くのが苦手、人付き合いが苦手、このような性格に当てはまる人は介護うつになりやすい傾向があります。

「自分がなんとかしなきゃ」「家族のお世話に弱音を吐くなんて情けないことだ」と一人で背負い込んでしまい、介護サービスを頼るどころか他の家族にもなかなか「助けて」と言えない人が、がんばりすぎから介護うつを発症するパターンが多くあるのです。

こんな症状が現れたら要注意

介護うつの症状は、一般的なうつ病の症状と同じです。

症状としては、慢性的な頭痛、食欲がなくなる、または過食が止まらない、眠れない、気分が落ち込みやすい、怒りやイライラがコントロールできない、体がだるくて寝ても疲れが取れないなどがあります。

これらの症状が毎日、2週間以上続いたら、介護うつの可能性があります。

ちょっと疲れているだけ、という思い込みで、症状を見て見ぬふりをしていると、だんだん症状が重篤になり、朝起きることもできなくなったり、「死んでしまいたい」という願望が現れたりするなど、命に係わる症状が現れることにもなりかねません。

おかしいなと思ったら助けを借りよう

ちょっと疲れたくらいなら、規則正しい生活をしてきちんと食事をしてゆっくり休めば、2~3日で回復するのがほとんどです。しかし、介護うつの症状は、ほぼ毎日2週間以上続きます。

体や心がいつもと違う疲れ方をしていると感じたら、遠慮せず周りに助けを求めましょう。他の家族に手伝ってもらったり、介護施設や介護サービスを利用することも時には必要になります。

介護サービスに抵抗がある人も多くいますが、家族のお世話をプロにお願いすることは、悪いことは一つもありません。まずは自分の心と体を大切にしましょう。

最後に

介護を一生懸命しすぎて介護うつになってしまう人は、自分のことを後回しにしても人のお世話をする、とても優しくて責任感の強いである傾向があります。

このような人はなかなか自分から「助けて」と言えない人が多いので、周りから積極的に声をかけてあげたり、「手伝いますよ」と言って手を出してあげてください。

RECOMMEND

好きな歌 1

高齢者施設で一番人気のレクリエーションといえばきっと「カラオケ」だと思います。 マイクを渡してしまったら満足するまで離さ ...

-介護職員のメンタルケア