高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

介護職員のメンタルケア

介護疲れや介護うつで辛い人へのケア方法

投稿日:

要介護人口が増え続ける中、昼夜続く介護で体だけではなく心まで疲れ、いわゆる「介護疲れ」や「介護うつ」になってしまう人も増え続けています。

介護をがんばっている人は、自分の体調管理をないがしろにしがち。気付いたときには心と体が限界に近付いてしまうことも少なくありません。そうならないために気を付けようとしても、ひとりでは限界があります。

家族や身近な人がこのような状態になったら、周りはどのようにサポートしてあげたらいいのでしょうか?

「がんばって」は言わないようにする

介護をひとりでがんばりすぎてしまう人は、責任感が強く完璧主義、誰かに助けを求めるのが苦手な傾向にあります。そのような性格の人は、普段から人一倍がんばっているのに「がんばってね」と言われると、「ああ、まだまだ自分のがんばりは足りないんだ」「もっとがんばらなければ」と思って無理をしてしまいます。

励ますために声をかけるなら、「いつもがんばっていますね」「助けが必要なときは遠慮なく言ってね」など、がんばりを認めてあげたり、力を貸したいと思っていることが伝わるような声をかけましょう。

ささいな話でも親身になって聞く

がんばりすぎてしまう人は、弱音を吐くことがなかなかできません。グチを言ったり弱音を吐くことには一見ネガティブな印象を受けますが、人と話をすることはストレス発散になります。

普段あまりグチを言わないような人が話をするときには、聞いてほしいことがあるときです。特に答えが欲しいわけではないけれど、ただ自分の中にたまったものを吐き出したいときが、人間ならだれにでもあるものです。

メンタルカウンセラーのカウンセリング技法に「傾聴」というものがあります。

心と耳を傾けて相手の話を聞くことは、相手の心を癒す効果があります。

ただ軽いあいづちを打ちながら話を聞くだけで、心が疲れている人の助けになることができます。

少し強引にでも気分転換や休憩を取らせる

がんばりすぎて疲れている人に「たまには気分転換に外に出てみたら?」「少しは休んでね」と言っても、なかなか自分から外出したり休みを取ったりはしないでしょう。

がんばりすぎてしまう人はまじめすぎるので、休むことがなまけている、楽をしているというように思い込んでしまうのです。

そんな人には、少し強引に誘ってでも気分転換に外出させたり、介護から離れさせることが有効です。

例えば、上映期限が迫っている映画のチケットを渡す、レストランを予約して行かざるを得なくする、一時的にでも介護サービスを手配してしまうなど、疲れている本人を介護の現場から少し距離を置かせることも、時には必要です。

最後に

長く先が見えない介護を乗り越えるには、息抜きは必要不可欠です。

がんばりすぎる人をひとりでがんばらせないために、周りのサポートは必要不可欠。

声をかけたり話を聞くだけでも、気持ちが楽になりますので、できることからサポートしましょう。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-介護職員のメンタルケア
-,