高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

転職・就職

介護業界から他の業界への転職は厳しいってホント?

投稿日:

介護業界は、人材不足が深刻なものとなっていますが、その原因のひとつに「介護職員の離職」があります。

介護職員の離職については、厚生労働省の発表によりますと、毎年25万人を超える人達が介護職員として新たに採用されているにも関わらず、離職されている人が約22万人おられるというデータが存在します。さらにその離職者のうち、他の業界へ転職してしまわれる方が、なんと13万人もおられることが分かっています。

他の業界へ移られた方をさらにたどっていくと、実はその業界でも離職されて、また介護職員へ戻ってこられる方が一定の割合でおられる事も分かっています。

このような状況を見てみると、そもそも介護職員から他の業界への転職は、なかなか厳しいものであると言わざるを得ないと思います。しかしなぜそのようなことになってしまうのでしょうか。

介護職員が他の業界へ進もうとするためにどのような事に注意しなければならないのか、また介護業界に残ってやっていくための方法についてお伝えしていきたいと思います。

そもそも介護職員から他の業界への転職は厳しいのか

介護職員から他の業界へ転職される方というのは、離職者の中でも半数以上が考えておられる事で、珍しい事ではありませんし、間違っている事でもありません。

しかし今、世の中の転職市場を見てみると、介護職員から他の業界へ進むことは大変厳しくなっていると言わざるを得ないでしょう。実際にハローワークなどでこのような相談をした場合、他の業界から介護業界を目指すということはそれほど難しいものではないが、介護職員から他の業界を目指すことは相当難しいと指摘される人もおられるようです。

介護業界から他の業界への転職がなぜ厳しいのかというと、転職理由に問題がある方が多いからになります。見てみましょう。

○そもそも介護職員は給料が安いから割に合わないので、他の業界ならばという安易な考え方で転職を決意する人が多いが、他の業界に進んだからといって、突然給料が改善されるなんて甘いものではない。

新聞折り込み求人広告などを見てみましょう。そんな給料が劇的に違うでしょうか。労働と給料で割に合うという職業があるでしょうか。やはり稼ごうと思うとそれなりに大変な仕事になるということが冷静であればわかると思います。

○介護職員が行う介護業務の業務量がとても多く、また心身の疲労度も高いので、自分自身の体が付いてこないと考えている人が転職を決意されるが、だからと言って他の業界が心身ともに楽な仕事だということにはつながらない。

むしろ慣れていない仕事をする分、介護の仕事よりも辛く感じる人のほうが圧倒的に多く、結果、「やっぱり介護職員の方が良い」と出戻りされる方が多いのが現実です。

○介護職員同士などの人間関係に悩んだあげく、人間関係のわずらわしさから他の業界へ転職を決意される人が多いが、どんな職場であっても人間関係はつきものであって、また同じように人間関係に苦しむ人が多い。

人間関係の悩みはつきものですが、ここで人のせいにするか、自分自身が成長することを望むかで判断は変わってくると思います。人のせいにしてばかりでは、いつまでも転職を繰り返すばかりであって、結局どの仕事に就いても長続きすることはできないのです。

○介護職員として業務を行う中で理想と現実のギャップに悩み、自分自身のモチベーションが低下してしまい、他の業界を進まれる方が多い。しかしだからといって、他の業界にそれほどモチベーションを高く維持してやりたい事があるのかといえばそうではなく、やはり同じような悩みで離職してしまう人が多い。

仕事のモチベーションを持ち続けるというのは、やはりこれは本人の努力であるように思います。どの業界、どの仕事でもやり続けて成功しているという人は、そのモチベーションを持ち続けるために学び続けていたり、工夫されている人が多いのが分かります。仕事のモチベーションについては、仕事のせいではなく、自分自身の問題であるという捉え方をしなければなりません。

このような事を他の業界の採用担当者もきちんと把握されています。
みなさんがその業界での仕事に夢を持っていて、どうしても進みたいという仕事であれば話は違うと思います。

しかし、上記のような中途半端な理由での転職ということであれば、そもそもその企業の採用担当者に見抜かれる事になり、仮に採用が決定したとしても、長続きすることができないので、さらに元介護職員の評判は悪くなっていくのです。

介護職員が他の業界に転職したくなった場合はどうすればいいか

介護職員が他の業界に進むという事自体は、何も悪い事ではありませんし、間違っている事でもありません。

しかし、転職を決意したその理由についてもう一度冷静に考え直す必要があるように思います。

介護職員は離職する人がもっとも多いのは、入職して3年以内の職員であるということが介護労働安定センターの調査で分かっています。離職者の75%は3年以内の職員なのです。

離職理由に多いのは、先ほどもお伝えしましたが、「職場の人間関係」「施設の理念や運営に不満がある」「低賃金」という理由になっています。

人間関係によるものが圧倒的に多くなっているのですが、これをいつまでも人のせいや職場のせいばかりにしてしまうと、自分自身がいつまでたっても成長することはできません。

もしも転職するにしても、人間関係のわずらわしさが少ない事務職員などを目指すということは完全に間違いです。どの仕事に就いても人間関係から逃れられるということはありませんので、自分自身が変わらねばならないのです。

どうしてもその職場に居続けることができないのならば、転職することは構わないとは思いますが、介護職員自体から離れてしまう事が本当に正しい選択肢なのか、他の業界で本当にしたい仕事なのか、自問自答をしっかりとしてから転職するようにしましょう。

また介護業務のやりがいについても同様です。賃金については頑張り次第で上げることは可能な業界です。資格取得や知識向上でステップアップ、スキルアップしていける業界というのは、ほかの業界ではむしろ少ないのではないかと思います。

また自分自身の知識や技術を向上させることで介護業務へのモチベーションを高める事もできますし、そのようなモチベーションを高められるような仕事に就く事も可能です。

もう一度介護業界の良さを見直す事も大事であると思います。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-転職・就職
-