介護職員のメンタルケア

介護職のパワハラによる人間関係トラブルを解消したい!

更新日:

介護職におけるストレス原因第1位は、何だと思いますか?

実は、「職場における人間関係のトラブル」なのです。

介護職と聞くと「キツイ、苦しい、汚い」のいわゆる「3K」仕事だと思いつきやすいのですが、実際のところ、介護職を選ぶ人は、お年寄りが大好きだったり、誰かの役に立ちたいという尊い志を持って始めている人が多く、高齢者のお世話や体力的な面が大変という点ではそこまでストレスは感じていないようです。

それよりも、同僚との足の引っ張り合い、リーダーや上司からのパワハラなど、人間関係のトラブルで心が折れてしまうことの方が多く、そこが辛くて介護職から離れてしまう人も少なくありません。
せっかく胸に抱いた尊い志や、苦労して手に入れた資格、そんなことで台無しにしたくないですよね。

介護の現場でトラブルが多いパワハラやマタハラの解決方法についてお伝えします。

介護職以外の現場でも問題視されるパワハラの現状

どの業種においても、社員が会社を辞める理由の第1位は「人間関係」です。

「上司との仕事に対する熱量の違い」「具体的に何も教えてくれないのにやれと言われる」「先輩から面倒な仕事は全部押し付けられて断ると怒鳴られる」などという理由から、早い人では入社1~3か月で耐えられなくなり「辞めます!」というパターンも・・・

介護の現場では、基本的なことは学校や数日の現場実習で習うことはあっても、就職した先の現場での仕事の進め方、会社の風習、上司やリーダーとの接し方などは実際働いてみないとわかりません。時間が経つにつれて、休みがほぼない、入ったばかりの頃には優しく教えてくれていた先輩からきつく当たられるようになるなど、会社の悪いところや人間関係のよどみがうっすら見えてくるものです。

最近では「アルコールハラスメント」という言葉も生まれました。歓送迎会などのお酒の席において、飲酒を強要されることです。お酒を飲まないと「付き合いが悪い」「上司からの酒を飲まないなんて失礼な奴だ」と怒鳴られ、仕事を教えてもらえない、輪に入れてもらえなくなるなどいわゆる仲間外れ」のような状態で悩む人もいます。

また、女性が活躍する割合の多い介護職の現場においては、妊娠・出産というライフステージの大きな変化も仕事に影響してきます。お腹が大きくなるにつれ、入浴介助などの体に負担がかかる仕事もできなくなり、そのことをネチネチ周りから言われてしまう辛さから、精神的に追い詰められる人も少なくありません。

パワハラ、マタハラを受けたときの対処法

パワハラやマタハラなどは、「〇月〇日〇時〇分、〇〇さんにこんなことを言われた」「〇月〇日〇時〇分、このような扱いを受けた」などという「具体的な内容」の証拠が必要になります。
細かいところまで、手帳などに記録しましょう。
具体的なやりとりをしっかり残していればいるほど有力な証拠になります。周囲に他に人がいて協力してもらえるようなら、口添えをしてもらうとよいでしょう。

精神的に追い詰められていたり、パワハラのストレスから体調を崩しているようなら、労働災害として申請できる場合があります。明らかなパワハラがあり、それによっての症状である場合は、病院などで診断書を出してもらい、併せて会社に報告します。

待遇の面でパワハラを受けていると感じた場合は、信頼できる上司に待遇に対して不服があるなど、相談してみましょう。

また、日々の出来事をメモしたり、周囲に相談することで状況を客観的に理解し、パワハラだと思っていたことが実は自分のネガティブな思い込みだったり、職場になじめない孤独感からくるものだと判明することもあります。

自分の中に何かしら問題を抱えている場合も、上司や会社に相談することで改善できることもありますので、一人で抱え込まないようにしましょう。

介護の現場は人間関係がよくないという噂は本当?

 

さまざまな雑誌や新聞、テレビ、インターネットなどメディアにおいて、介護職員からの悩みや現状などを訴えた記事をよく見かけます。

その中で特に目立つものの中に、「人間関係」に関する記載を見かけることがあります。

それはどのようなものであるか具体的にいいますと、やはり「職場の人間関係が良くないので悩んでいる」という記事です。

実は、このような報道等を見て介護職員になることをためらっておられる方が少なからずおられます。

介護職員になりたいという気持ちはあるものの、実際に介護職員になると人間関係の悪い介護現場が多いのならば辞めておこうかと思っておられるのです。

実際にこのような記事を見てみると

  • 職員同士の人間関係が良くない
  • いつも職員が別の職員の悪口を言っている
  • とある職員のミスを放ったらかしにしている
  • 上司との関係性が悪いので退職した
  • 必要な連絡事項を教えてもらえないなどイジメがある

このような内容のものは実際、インターネット上において確認することができます。

これから介護職員へと転職を考えている人にとって、人間関係についてある程度悩むことがあることは承知しているとは思います。

しかし介護現場においてイジメで悩んでいるというようなことがあれば、間違いなく介護を必要としている利用者に対して良い介護ができるとは思えないのは想像できると思います。そのために介護職員への転職を躊躇されているのでしょう。

そもそも介護職員として、介護を必要としている利用者に対する悩みであればまだしも、一緒に頑張っていかねばならない介護職員との人間関係や上司との関係に悩まなくてはならないというのはどうしても理解できない部分だろうと思います。

そういう記事や報道を見ると、介護職員は人手不足のために職員同士がピリピリしているのではないかと懸念してしまうと思います。

では、このような人間関係が悪い介護現場は本当にあるのか、またそのような介護現場はなぜ人間関係が悪化したのか、人間関係の良い介護現場を選ぶにはどうすればいいのかということについて見ていきたいと思います。

介護現場において人間関係の良い現場と悪い現場が出てくる理由について

よくインターネットの記事を見ると、人間関係の悪化についての理由は「低賃金である」と記載されているものも見かけます。低賃金だから現場の人間関係がギスギスしていると分析されている記事も見かけます。

確かに賃金の低さというものは、人間関係悪化の引き金になっているのかもしれません。しかし私は、人間関係悪化の直接的な原因は、低賃金ではないと断言します。

介護の現場というものはそもそも利用者に対するケアを行う中で、そのケアの質を少しでも良くしていこうと取り組んでいく姿勢が介護職員のモチベーションとならなければなりたちません。これを低賃金だから割が合わないと言い出すことは、介護職員のそもそもの目的と反するものだと思うのです。

しかしなぜそれでも低賃金の話が出てくるかというと、これはやはり経営者や上司、現場のリーダーなどと介護現場の意思疎通ができていないのが原因なのだと考えられます。

例えば人員不足でいつまでも介護現場のに対して負担があるようなことであれば、その介護現場は誰も経営者や上司のことを信頼できなくなると思いますし、それこそ「低賃金なのに割に合わない」という意見も出てきて当然のことであると思います。

仮に人員不足であったとしても、一時的であったり、何らか経営者や上司が人員不足の穴埋めができるように配慮しているなど、法人の努力も介護現場からみて認められたり、きちんと経営方針などが介護現場にも示されているなど、意思疎通がしっかりとできているような法人であれば、これはまた違った方向に進んでいくのではないかと思います。

この経営者や上司の方向性というものは、介護現場においても大きな影響を与えます。もし介護職員が現場での業務を頑張ったとしてもその頑張りが活かされないといった現場であれば、やはり誰も利用者のために一生懸命にケアをしようという人は生まれないと思いますし、そのような現場であれば、人間関係も当然ながら悪化すると思います。

人の悪口を言ったり、イジメをしたりすることが普通の介護現場となってしまうのです。

ようするに、経営者や上司、現場のリーダーなどのカラーというものは、介護現場に大きく影響を与えるものになるということです。そのために必要なことは意思疎通であることは間違いありません。法人の考え方、上司の考え方がしっかりと介護現場にも伝わらないことには、どんどん介護現場においては不信感が生まれてくるものになります。不信感が生まれると、その気持ちが他の職員に対する不満、賃金に対する不満、利用者に対する不満、業務に対する不満などが爆発し、人間関係悪化へとつながってくるものになるのです。

人間関係の良い介護現場を選ぶにはどうすればいいのか

では、人間関係の良い介護現場を選ぶにはどうすれば良いのか見ていきたいと思います。

先ほども言いましたが、経営者や上司、現場のリーダーと介護現場との意思疎通が図れているところが、良い介護現場であると言えますし、人間関係も極めて良好であるように思います。

大事であることは、その法人の介護への考え方や姿勢といったものは特に大事になります。この方針をきちんと示されており、その方針に対する理解が現場で得られていることが必要です。そしてその方針に向かってくために、具体的にどのようなことをしているかという点についてはさらに重要なことになります。

例えば、利用者に対するケア方針についてしっかりと示されているような介護サービス事業所の場合です。

そのような介護サービス事業所では、職員に対する教育方針がきちんと示されています。

頑張っている職員に対して評価が得られるようなシステムがきちんと構築されることで、職員の介護業務へのモチベーションにもつながりますし、介護職員みんなが協力して現場を良くしていこうと努力もします。現場同志の意思疎通も図れてきますので、必然的に人間関係の良い介護現場となっていくのです。

経営者や上司、現場のリーダーと介護現場の意思疎通を行うシステムのひとつに「人事考課制度」というものを導入している介護サービス事業所も多く存在します。

そのほかにも職員がステップアップやスキルアップができるシステムを導入している介護サービス事業所はたくさんあります。そのような介護サービス事業所では、職員を大切にしようとするシステムがきちんと構築されていますので、そのような取り組みに着目して介護サービス事業所を選ぶことが良いでしょう。

そのようなシステムを調べるには、介護サービス事業所のホームページを見ると、法人での取り組みが紹介されていますので、ご参照していただきたいと思います。

また介護求人サイトなどを利用することも、良い方法であると思います。

介護求人サイトの中には、こういった介護サービス事業所の取り組みについても情報を掴んでおられるところがありますので、登録して活用していくことをおススメします。

 

自分が変われば、人間関係がうまくいく!介護現場でのコミュニケーション術

 

十人十色

 

介護職の現場で一番のトラブルやお悩みは、「人間関係」です。

どの職種の現場においても、人間関係の悩みはつきもの。上司と部下の関係、同僚との関係、違う価値観を持った人間同士ですので、意見の違いがあるのは当たり前ですよね。
しかし、その人間関係のトラブルが仕事に影響したり、メンタルヘルスに影響したりということになると、仕方がないではすみません。

人の命を預かる現場では、現場の円滑なコミュニケーションも重要になります。

では、介護の現場に重要なコミュニケーションはどうすれば円滑にいくのでしょう?

介護現場でのコミュニケーション術をお伝えします。

相手を変えようとせず、自分が変わろう

いざ円滑なコミュニケーションを取ろうとなっても、思うようにスムーズにいかないもの。

それは、「自分の考え方があっていて、相手の考えが間違っている」とほとんどの人が思っているからです。

間違っている相手だけに「こう変わればいいのに!」「あの人がこうなってくれたら・・・」と変わることを求めすぎているため、なかなかコミュニケーションがうまくいかないのです。

他人の考えを無理やり変えることはできません。しかし、自分の考えは、自分次第ですぐに変えることができます。

例えば、相手の気に入らないところにばかり目が行ってしまう自分を変えて、相手のいいところを探して「すごいね」「見習いたい」とほめるようにしてください。

ほめられた相手は、自然とほめてもらえる自分でいようと意識を変えてくれるはずです。

あいさつをせず感じの悪い人には、あえて自分から「おはようございます」「お疲れ様です」と笑顔で声をかけましょう。自分で挨拶をされた方が気分がいいことに気付いてくれれば、あいさつをするようになるでしょう。

まずは自分が変わり、自分から行動してください。

悪口・陰口には同調しない

どの職場にも、悪口・陰口、噂話が大好きな人っていますよね。
根掘り葉掘り、相手の迷惑を考えずに聞くだけでなく、それを周りに言いふらして喜んでいる人、あなたの職場にもいませんか?

「ねぇ、知ってる?あの人ってさ・・・」「〇〇さんて、仕事が遅いわよねぇ」

そんな話をされても、決して話に乗って一緒になって悪口を言ってはいけません。

うまくいかないことを誰かのせいにしたり、同僚をさげすむことでストレスを発散する、そんな人たちと同類になりたくないですよね。

「そうなんですね。知りませんでした」「仕事が丁寧だから、ちょっと遅くなっちゃうのかな?」

話を無視することも、話に同調したり乗ることもなく、上手に笑顔でかわす大人の対応を心がけましょう。

「お互い様」の精神を忘れない

シフト制で日勤と夜勤での仕事が多い介護職では、急な用事や体調不良でシフトを変わってもらうことも頼まれることもあります。

せっかくの休みに「すみません、子どもがけがをして・・・」「風邪で熱が出てしまって」などという連絡が来たら、「せっかくの休みなのに~」とがっかりすることもあるでしょう。

しかし、子どもや家族の休養、体調が悪化することは、誰にでも起こることです。自分がお願いされたときに断って、いざ自分が交代をお願いしたときに同じように断られたらどうでしょう。辛いですよね。

困ったときはお互い様、助け合いの心を持って仕事をしましょう。

最後に

どの職場においてもコミュニケーションが円滑にいくことは、仕事がスムーズにいくことにつながります。

介護職の現場では特に人手不足が叫ばれていますが、だからこそ、チームワークでそこをカバーしていく必要があるのです。

誰だって気分良く仕事をした方がいいに決まっています。そのためにまず自分から行動しようと全員が思ってくれたら、きっとその職場の雰囲気は良くなるでしょう。

 

高齢者施設で働く人の悩み、職員同士の人間関係について聞いてみました。

 

どこの職場でも、学校でも、またお住まいの地域でも
人間関係って一番大事なことですよね。

高齢者施設で、介護やケアをする上で
人間関係がギクシャクしていたら良い介護は出来ないと思います。

円滑に進めていく上で、やはり疑問点や問題点を
職員全員で声に出せて改善していく事が
良い施設、良い介護に繋がって行くと思います。

でも、理想論はそうであっても現実は…

今、悩んでる事を職場の誰かに相談出来ますか?

疑問に感じる事を上司に進言出来ますか?

なかなか難しい話ですよね。
私も疑問点や悩みは言いづらいです。

私の施設では、休憩時間に雑談しながら
利用者さんの情報交換をしています。
もちろん、職員の個人的な話まで…
でも、そんな中でも話の輪に入らずに
ひたすら携帯に向き合ってる子も居ますね。

職員同士が情報を共有出来る事が
良いチームワークになると考えています。

色んな方々からお悩みを聞かせて頂いてます。
もしかしたら、みなさんの職場と同じお悩みを
お持ちの方がいらっしゃるかも。
読み進めて行く内に解決方法が見えてくるかも知れませんね。

私は現在ケアハウスで働いています。職員数も10名程度と少ないため人間関係は酷く悪いという事はありません。
ただ男性の私にはあまり居心地の良い環境ではありません。
まわりは女性ばかりで私は介護員として一番下の立場になります。
女性上司の顔色を伺いながら仕事をしているような毎日です。
4月になり人事異動があった事でこれから人間関係にも変化が出てくると思われます。
下の者達が積極的に意見を言えるような環境になってもらいたいものです。
私は高齢者施設で食事を作る仕事をしていました。
基本的にみんな仲良いです。
休みの日に一緒に遊びに行くってほどではないですが休憩時間は井戸端会議みたいな感じでワイワイ盛り上がっていました。施設の方とオセロや囲碁なんかを楽しんだりもしていました。
中には付き合いづらい人もいましたが、それはどこの世界でも同じではないでしょうか?あと、施設によっても違いはあると思います。
規則が厳しいところや上司が本当にダメな人間で大変だという施設もあるみたいです。
高齢者施設では、色々な職種の人が働いています。
そのため、その職種の中で、やっぱり人間関係が気まずくなることがありました。
例えば、ケアマネジャーの人に対しては、上から目線で話されていると思うスタッフもいて、苦手であると思っていたようです。
そのように思っていた人は、最初のうちに蟠りを作ってしまうと、なかなか立ち直ることができずに、悪い印象をもってしまうことがあるので、最初の人間関係の構築が大切であると思いました。
30代の時に、特別養護老人ホームで派遣社員として働いていました。
派遣社員で馴染めなかったという事もありますが、最初の1年は皆冷たく、分からない事も教えてもらえずにとても辛い勤務でした。
でも逃げたくなかったので、契約が終わるまで2年通い、常に明るく振舞いました。
その頑張りが認められたのか、やがて常勤の方の中にも話しかけてくれる人がいました。
特養は24時間夜勤を含めて、厳しい状況で皆さん働いているので有能な社員が勢揃いしていました。
私の経験上から、介護施設での人間関係は和気藹々という感じは欠片もない所ですが、命を預かる場所という責任感が一人一人に刻み込まれていると痛感しました。
私が以前デイサービスの方でボランティアをしていた者です。
今回、職員同士の人間関係ということですが私は今住んでいる地方のデイサービスに派遣されました。
そこでの人間関係は非常に良かったと思っています。
やはり対人ということで皆非常に思いやりが強くそこの職員さんも分からない事があればいろいろと優しく教えてくださり、中でもそこの主任の介護福祉士さんがとっても優しく対応してくれました。
ボランティアですが職場の人間関係は比較的良かったのではないかと今になって改めて思います。
私は介護施設に勤めていました。
女性が多い職場なので噂話が一人歩きするようなことがありました。男性は逆に少ないので、女性受けのいい若い社員は可愛がられるけど、中年の男性だと立場が辛そうな印象を持っています。
私自身は新卒で働いていたので、腰を低くしていれば、それなりにうまくやっていけていたとは思います。
看護師と介護士の格差はありました。
職場ではいじめのようなことはありませんでした。
高齢者施設の人間関係は複雑です。
特に男女の仲が意外に複雑です。恋仲になる場合も多くあります。
ライバル関係があるとさらに複雑になります。
一人の男性を挟んでもめるケースはよくありました。
まずは食事の席の奪い合いから始まり仲のいい人同士で恋のライバルの悪口を言い合います。
見ていてばからしく思いますが本人たちにとってはとっても真剣に争っているので余計難しいので解決するまでかかる時間は1年以上でした。
他にも多くの難しい人間関係のトラブルがあります。
私が勤めている高齢者施設の部署はデイサービスでした。
デイサービス内での職場の人間関係はとても良い関係でした。
適材適所に人材を配置する上司でしたので、誰もイライラする事が無く快適に仕事をする事が出来ました。
私が未経験で配属された時にも、的確な指示を貰う事が出来る上司でしたので、快適に仕事をする事が出来ました。
職員間では、嫌いな人などはいない状態で、仲良く楽しく仕事をする事が出来る環境を作り出す事が出来る人間関係を築く事が出来ました。
基本的に上辺だけは仲がいいようには見えますが、実際はどこにでもあるような陰口が多いです。
陰口を言われるのは明らかに、常識外れな人です。
休みを取るのが多すぎたり、毎週同じ曜日のみで休みを入れたり、仕事が雑すぎたりと目につくことが多いと言われてしまいます。
そして、看護師と介護士の間にも格差のようなものがあるように思えます。
利用者さんやそのご家族の方には職員の雰囲気は大切なので、悪い部分は見せないようにしています。
私は長年介護施設に勤めています。
今は男性の職員も増えて来ましたが、20年前は男性は希少でした。
女性が多い職場ですので、色んな女性を見て来ましたし女性同士のいざこざやいじめなども目にしてきました。
男同士ならそこで終わりという口げんかでも、女性なので後を引くのです。
同じ勤務になると一切口を聞かないなんていうのはざらでした。
また、派閥なんかもあり間に挟まれている男には酷でした。
本人のいないところでの愚痴なんてしょっちゅうでした。
そういうのは昔と変わらず今も存在します。
高齢者施設での人間関係で苦労したことがあります。
苦労することのほとんどが給料の事です。
私は介護福祉士の資格を持っています。
この資格を持っていることで、他の人と同じ介護内容の仕事をこなしても給料が違います。
基本給上乗せや、資格手当などという風に給料が高くなります。
介護の仕事はきつく、重労働の割には給料が安いので、「資格をもっているだけで特別なことは何もしていないのに」という妬みからいじめられる事もあります。
他人に無関心なスタッフが多かったです。
仕事中は笑顔でコミュニケーションを積極的に図ろうと全員が取り組んでいますが、休み時間や業務時間外の通勤途中などでは軽い挨拶程度でした。
誰も自分の日常をさらけ出そうとはせず、ただただ仕事の話以外はしないように徹底していたのです。
ただ、いろいろな業務で疲労がたまる職場なので、人間関係が希薄なのは余計な気遣いをする必要がないとも言えます。
ですから、私にとっては居心地が良かったです。
高齢者施設に勤める職員は、女性の割合の方が多かったです。
もちろん、男性もいますが女性に比べるとかなり少なかったです。
職員の年齢層もバラバラなのですが、同僚として働いていた女性の先輩職員は更年期で気分の浮き沈みが非常に激しい方でした。
同じ職場で働く人たちは、みんな彼女の気分に左右されながら仕事をしている状態です。
仕事はできるのですが、一人で違う行動を取ってみたり、仕事中でも職員に対し厳しい言葉をよく投げつけます。
上司でも注意できない状態でした。常に全員が彼女の顔色を伺いながら仕事をして、なるべく彼女を立てるように気をつけたりと、非常にギスギスした感じでした。
今まで経験した中でも一番仕事しにくい職場だと思います。
数年前に介護施設で働いていましたが、介護施設は働く人を選ぶ職場だと痛感しました。
まず、介護現場は専門学校を卒業し、介護福祉士を取得した若年層がユニットリーダー等になることが多く、介護施設内しか社会を知らないことも多く、その経験不足がゴタゴタを引き起こすことがあります。
一般企業なら人材育成の研修を受けるのでしょうが、現場はどこも人手不足なうえストレスも溜まることが多く、いつもはにこやかに話をしている年配のAさんが休みの時、若いリーダーが率先して悪口を言うという、取りとめのないループにうんざりしましたし、自分のシフト内の仕事を押し付けてくるなどの陰湿ないじめやセクハラに耐えきれず辞めてしまいました。
理想と現実のギャップに辞めてしまう方も多い仕事なのでは?と思います。
訪問介護の仕事はどちらかというと対高齢者でマンツーマンの仕事なのですが、高齢者施設では、対高齢者というよりも職員同士の人間関係で悩むことになります。
チームの雰囲気によって、または施設の待遇によっても違いますが、この雰囲気というのはとても大事で、全体の雰囲気が悪いと、たとえばシフトを組む時に協力的か否かとか、事務の仕事と違って、成果を求められるというよりはほとんどが人間関係の良しあしで長く勤められるかが決まってくるのではないでしょうか。
もともとにおいて肉体的にも精神的にもきつい仕事なので、人間関係が悪いと居心地が悪くて最悪ですね。
介護施設というのは密室性が高く、いつも同じメンバーで仕事をし、大きな枠で見れば毎日同じことの繰り返しです。
新しい人が入ってくれば、この人はいつまで続くのかなど陰口を叩かれていましたし、親切にしてくれる職員もいましたが、連絡網にメルアドを書いておいてと言われ、アドレスを書いていたところ、信頼していた男性職員がやたらとメールをしてきたり、機械浴(寝たまま入浴できるお風呂)の片付けをしている時、セクハラもどきの接触を受けるなど、職場に慣れていない私の場合に付け込まれ裏切られました。
このような施設ばかりではないかと思いますが、ストレスが溜まるとどこかで発散したくなるのが人間ですので、職場以内の人間関係を改善するには、人員の補充や精神的なストレス発散が必要なのだと感じています。
高齢者施設で働いていたときの人間関係について説明します。
基本的にスタッフの人数はぎりぎりのため、仕事が忙しく身体的にも精神的にもぎりぎりの中で仕事をしています。
そのため、ストレスも多くいらいらとした雰囲気になることは非常に多いです。
また、職員の中には一般的な常識がない人もおり、考え方が根本的に違うため、言動や言葉などに腹が立つことも多いです。職員同士が協力しなければ仕事が出来ない現場なため、嫌いな人とも上手に付き合うことが必要な職場で、精神的な逃げ場がなく非常に大変でした。

RECOMMEND

好きな歌 1

高齢者施設で一番人気のレクリエーションといえばきっと「カラオケ」だと思います。 マイクを渡してしまったら満足するまで離さ ...

-介護職員のメンタルケア
-, ,