高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

認知症・介護

介護職リーダーに必要な現場でのコミュニケーション

更新日:

介護職の現場を取りまとめるリーダーは、それらのトラブルを迅速に解決し、職員が働きやすい職場環境を作らなければなりません。それだけでなく、管理職ともなればクレーム対応や経営などにも責任を持つ立場になります。

介護職の現場では、人手不足の問題のほか、人間関係のトラブルや職員のメンタルヘルスなど、さまざまなトラブルが起こりやすいもの。

特に、職員とのコミュニケーションを円滑にし、さらに職場全体のコミュニケーションも調整することは、職員の働きやすさに直接つながるため、欠かせないものです。

介護職リーダーに求められるコミュニケーションスキルにはどんなものがあり、どのように身に着けていけばいいのでしょうか?

コミュニケーションのかたよりをなくす

職員全員とコミュニケーションをうまく取るためには、誰かをひいきしたり、逆に仲間外れを作ったりすることはよくありません。

仕事や勤務態度は人それぞれ。たくさんいる中で、ひときわ仕事ができてみんなの中心になるような職員がいたり、中にはあまり態度が良くなく、周りからいい話を聞かない人もいるでしょう。

だからと言って、リーダーが職員によってコミュニケーションを取ったり取らなかったりするかたよりがあっては、職場の人間関係はよくなりません。

コミュニケーションがうまく取れない職員がいるようなら、心配事や不安、何かしらのトラブルを抱えているかも知れません。話を聞き、問題解決の力になってあげることも大切です。

どんなに些細な話も最後まで聞く

介護現場は常に人手不足。忙しい中で他の職員よりも職務が重い仕事を担当するリーダーは、常に大忙しで休む暇もないくらいだと思います。

そんな中でも、相談や話を聞いてほしいという職員の希望は、必ずきいてあげましょう。

忙しいからと言って話を半端に終わらせたり、ないがしろにすることは、職員からの信頼を失うことになります。さらに職員が心配や不安を抱えたままでは、いい仕事はできません。人の命を預かる介護の現場では、ちょっとした気のゆるみが取り返しのつかないことになることもあります。

職員が安心して、しっかり仕事に身を入れられるよう、どんなに忙しくても職員の話はしっかり聞いてあげましょう。

コミュニケーションの第一歩、あいさつは自分からしよう

コミュニケーションを円滑にする基本は、あいさつです。
どんな人でも、あいさつをされて気分が悪くなる人はいません。それが明るくはっきりとしたあいさつであれば、なおさら。
あいさつがいい職場では、人間関係もとても円滑だという傾向があります。たかがあいさつでそんなに違うもの?と疑問に思うかも知れませんが、声を掛け合うことはとてもすばらしいコミュニケーションなのです。
あいさつが良くない現場においては、まずはリーダーが率先してあいさつや声掛けをしましょう。

最後に

介護職リーダーに必要とされるコミュニケーションは、誰にとっても身に着けておくべき基本的なコミュニケーション方法でもあります。

しかしこの基本的なコミュニケーションがなかなかきちんと取れていない現場も多くあるのです。

まずは基本に立ち返り、リーダー自らが率先してコミュニケーションを取るという姿勢を見せることで、現場の雰囲気がぐっと良くなります。

 介護現場でリーダーに求められる、スタッフのメンタルケアとは?

 部下の気持ちがわからない・・・介護職リーダーが部下と打ち解けるには?

-認知症・介護
-,