認知症・介護

介護職リーダーに必要な現場でのコミュニケーション

更新日:

介護職の現場を取りまとめるリーダーは、それらのトラブルを迅速に解決し、職員が働きやすい職場環境を作らなければなりません。それだけでなく、管理職ともなればクレーム対応や経営などにも責任を持つ立場になります。

介護職の現場では、人手不足の問題のほか、人間関係のトラブルや職員のメンタルヘルスなど、さまざまなトラブルが起こりやすいもの。

特に、職員とのコミュニケーションを円滑にし、さらに職場全体のコミュニケーションも調整することは、職員の働きやすさに直接つながるため、欠かせないものです。

介護職リーダーに求められるコミュニケーションスキルにはどんなものがあり、どのように身に着けていけばいいのでしょうか?

コミュニケーションのかたよりをなくす

職員全員とコミュニケーションをうまく取るためには、誰かをひいきしたり、逆に仲間外れを作ったりすることはよくありません。

仕事や勤務態度は人それぞれ。たくさんいる中で、ひときわ仕事ができてみんなの中心になるような職員がいたり、中にはあまり態度が良くなく、周りからいい話を聞かない人もいるでしょう。

だからと言って、リーダーが職員によってコミュニケーションを取ったり取らなかったりするかたよりがあっては、職場の人間関係はよくなりません。

コミュニケーションがうまく取れない職員がいるようなら、心配事や不安、何かしらのトラブルを抱えているかも知れません。話を聞き、問題解決の力になってあげることも大切です。

どんなに些細な話も最後まで聞く

介護現場は常に人手不足。忙しい中で他の職員よりも職務が重い仕事を担当するリーダーは、常に大忙しで休む暇もないくらいだと思います。

そんな中でも、相談や話を聞いてほしいという職員の希望は、必ずきいてあげましょう。

忙しいからと言って話を半端に終わらせたり、ないがしろにすることは、職員からの信頼を失うことになります。さらに職員が心配や不安を抱えたままでは、いい仕事はできません。人の命を預かる介護の現場では、ちょっとした気のゆるみが取り返しのつかないことになることもあります。

職員が安心して、しっかり仕事に身を入れられるよう、どんなに忙しくても職員の話はしっかり聞いてあげましょう。

コミュニケーションの第一歩、あいさつは自分からしよう

コミュニケーションを円滑にする基本は、あいさつです。
どんな人でも、あいさつをされて気分が悪くなる人はいません。それが明るくはっきりとしたあいさつであれば、なおさら。
あいさつがいい職場では、人間関係もとても円滑だという傾向があります。たかがあいさつでそんなに違うもの?と疑問に思うかも知れませんが、声を掛け合うことはとてもすばらしいコミュニケーションなのです。
あいさつが良くない現場においては、まずはリーダーが率先してあいさつや声掛けをしましょう。

最後に

介護職リーダーに必要とされるコミュニケーションは、誰にとっても身に着けておくべき基本的なコミュニケーション方法でもあります。

しかしこの基本的なコミュニケーションがなかなかきちんと取れていない現場も多くあるのです。

まずは基本に立ち返り、リーダー自らが率先してコミュニケーションを取るという姿勢を見せることで、現場の雰囲気がぐっと良くなります。

 

介護現場でリーダーに求められる、スタッフのメンタルケアとは?

 

人手不足に悩む現代、増えていく高齢者を介護する介護職のスタッフの人手不足は、かなり深刻な問題です。

介護現場は、人の命を預かる仕事。24時間緊張の連続で、休みたくてもなかなか休みが取れない、緊急の呼び出しや利用者の急変など、心が休まる暇はありません。
そんな状況ではストレスから体調を崩したり、人間関係にも影響したりすることにもなりかねません。現場をまとめるリーダーは、利用者だけでなく、スタッフのメンタルケアも行う必要があります。

では、介護職のリーダーは、スタッフに対してどんなメンタルケアをしているのでしょうか?

介護現場のストレス原因1位は、人間関係

どの職場でもそうですが、仕事上受けるストレス原因で最も多いのが「人間関係」です。

特に緊張が続きストレスを受けやすい介護の職場では、そのストレスや疲れからついイライラしたり集中力が切れたりして、ミスや連絡不足を引き起こす原因になってしまいます。
スタッフが十分に心も体も休める時間を確保するのは、人手不足が続く介護現場では難しいこともあるかも知れません。そんな状況の中、リーダーはスタッフの様子に細かく注意する必要があります。

スタッフのメンタルケアには、どんなに忙しくてもスタッフひとりひとりとコミュニケーションを取ることや、「何か話したいことがあるのかな」「顔色がさえないけど、体調が悪いのかな」「このスタッフは休みがきちんと取れているのだろうか」と言った細かいスタッフの状況を常に把握することが求められるのです。
「おはようございます」「お疲れ様です」の何気ない一言からでも、相手の様子を伺うことはできます。自分のことをちゃんと見てくれていることを知ると、スタッフは安心して働くことができ、ストレスも軽減します。

リーダーがスタッフとの信頼関係を築くために必要なこととは?

スタッフのメンタルケアに、お互いの信頼関係を築くことは必須です。

相談をしたい、話を聞いてほしいと思っても、信頼していないリーダーには相談したくありませんよね。相談したいことや言いたいことが言えずにストレスを自分の中に溜めてしまうと、人間関係はうまくいかなくなります。

ささいな話もおざなりにしない、相談には誠意をもって回答する、常識的なことですが、自分が忙しい時には心も視野も狭くなり、忘れがちになることも。そんな中でもスタッフの状況を配慮することが、リーダーには求められます。
また、一緒にランチに行ったり、プライベートな話をすることも、信頼関係を築くためには大切です。

そしてスタッフのメンタルケアをする前に、自分のメンタルケアをすることも忘れずに。自分の心に余裕がないと、相手を受け入れることはできません。時には部下を頼って「これ、お願いできる?」と仕事を頼むことも、スタッフからすれば「信頼してもらっている」と嬉しいこともあるのです。

最後に

どんな仕事においても、責任者やリーダーは大変な仕事です。仕事の重責のほか、スタッフをまとめる人間関係調整能力も磨かなくてはいけません。書類仕事も増え、心が折れそうになることもたくさんあるでしょう。
だからこそ、自分のケアも忘れずに行うことが重要なのです。スタッフのメンタルケアのために、自分のことも大切にしてあげましょう。

 

部下の気持ちがわからない・・・介護職リーダーが部下と打ち解けるには?

どの職場においても、上司と部下のコミュニケーションに関する問題はつきものです。

上司には上司の立場での考え、部下には部下の立場での考えがあり、さらに個人差もありなかなかうまくいかないこともあるのが普通です。

それぞれが会社のためによかれと思って一生懸命していることですので、それはいいことでもあります。

しかし、お互いの仕事に支障が出るくらいの意見の差やコミュニケーションに関する問題は困りもの。早めに解決しておきたいですよね。

部下の気持ちがわからず、どう接していいかわからない上司が、近年増えています。ちょっときつく言えば「モラハラだ」と言われ、コミュニケーションを取ろうと飲みに誘えば嫌がられ、悩んでいるのです。

今回は、そんな上司のために、部下と上手にコミュニケーションを取る方法をお伝えします。

まずは部下ひとりひとりと信頼関係を築こう

部下とコミュニケーションがうまく取れないのは、信頼関係ができていないことが原因のひとつにあります。

どんな人なのかもわからない、仕事の指示だけを一方的に言ってくる人は信用できませんよね。まずは上司の方から心を開きましょう。
もしかしたら意外な共通点が見つかり、大いに盛り上がるかもしれません。

仕事においても、「まだこいつには早いかな」と仕事を任せることを躊躇すると「自分は信用されていない」と思われ、心が離れてしまいます。
ささいなことでも「これ、頼んでもいいかな」「この前お願いした仕事、ありがたかったよ」と仕事を任せたりそれに対する一言があると、全く違います。

部下の話を「傾聴」しよう

介護の現場は人手不足で忙しいのはわかりますが、部下からの相談や世間話を「ハイハイ、わかったから」という態度で聞いていると「この人に話をしても無駄だ」と思われ、ささいな話だけでなく仕事に関する報告や連絡もしてもらえなくなります。

自分の話を聞いてくれない人には、話をするのが嫌になるのは当然のこと。聞いたふりをして聞き流していることも、部下にはバレています。

話は「聞く」よりも「傾聴」するくせをつけましょう。傾聴とは、相手の話をただ聞いているだけではなく、相手の言いたいことを理解しながら話を聞くことです。ただ黙って聞くのではなく、相づちを打ち「あなたの話を聞いています」という態度を相手に示しながら聞くことも大切です。

自分に合わせようとするのではなく、相手に合わせよう

自分の方が立場が上だからと言って、仕事の進め方や、覚え方を自分のペースの合わせようとするのはよくありません。

最近の若い人には、「見て覚えろ」という指導法は受け入れられません。むしろそれを、仕事を教えてくれないと叩かれかねませんので、「仕事は見て覚えてね」と自分の姿を見せて覚えさせる指導もなかなかできなくなっています。

現代っ子がすいすいと使いこなすスマートフォンやタブレットについていけないことで、SNSを批判したり「これだから若い奴は」と若い子たちを否定するのもよくありません。
スマートフォンやタブレットはビジネスにおいてもとても便利なものです。わからないところは教えてもらいながら、相手を理解するためにも新しいことに挑戦していることも大切です。

最後に

部下が言うことを聞いてくれない、何を考えているのかわからないという人は、まず自分の態度を振り返ってみてください。
どこかで部下の年代のことを否定している自分がいませんか?相手の価値観を受け入れようとしていますか?
理解しようと努力している、と相手に伝わるだけでも、「この人は自分に寄り添ってくれる人だ」と思ってもらえれば、距離がぐっと縮まるはずです。

RECOMMEND

好きな歌 1

高齢者施設で一番人気のレクリエーションといえばきっと「カラオケ」だと思います。 マイクを渡してしまったら満足するまで離さ ...

-認知症・介護
-,