高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

転職・就職

介護職員のサービス残業でのトラブル解決法!

投稿日:

現在、介護職員として働いておられて、あまりの忙しさに終了時間になってもなかなか業務がキリよく終われなかったり、周りの状況から自分だけ業務から上がりづらかったりすることがあるようです。

先日、ご相談を受けた人の悩みにこのようなものがありました。

その方はディサービスで就業されている女性の方で、お子様が小さいことからパートとして勤めておられます。朝、お子様を保育園まで預けにいき、そこからディサービス施設へと向かわれるようです。

就業時間は朝9時半から15時までの予定となっているのですが、毎日15時きっかりに介護業務を上がる事ができず、15時半くらいになってしまうようです。それでも、保育園に向かわねばならない17時までには間に合っていたので、サービス残業ということに抵抗感を持ちながらもディサービスでの介護業務を続けておられました。

このような状態でディサービスでのお仕事を続けていく中で、周りの職員の自分自身に対する様子が変化していったようです。15時までである仕事にも関わらず、自分自身が教えられた仕事がなかなか15時までに終わらせることができず、いつも焦って15時半近くまで介護業務をしていたようです。

周りの職員からはディサービスの営業時間内でバタバタしている中で、できるのなら残って仕事をしてほしいという空気が毎日あるようです。「帰っていい」と言われるようですが、大変帰りにく状況があるのです。

その方は、そもそもサービス残業はできる限りしたくないと思っておられるのですが、周りの状況はサービス残業をしてほしいという雰囲気なのです。そのような状況でも当たり前にサービス残業を行うような状況になりたくないと思っておられます。

周りの職員に対する不信感にもつながっているようで、また周りの職員も自分に対して不信感を持っているのではないかとも思っておられます。そのため、周りの職員の自分に対する接し方を冷たく感じてしまい、疎外感を感じておられます。

その方は、「介護職員はサービス残業が当たり前なのでしょうか」と悩んでおられます。この介護職員のサービス残業について、お伝えしたいと思います。

今回のケースにおいてのポイントについて

上記の相談者が就業されているディサービスでは、管理者やリーダーなどがどのように職員の管理をされているかわかりませんが、基本的にはパートであっても正職員であっても、雇用される時点の雇用契約に沿って、就業は行わねばなりません。

今回のケースでは、朝の9時半から15時までの雇用契約になっているという事ですから、15時になれば雇用契約通りに働いているわけですから、何の気兼ねもなく業務を上がってもいいはずなのです。

もちろん15時までに終わらせて欲しいという業務は、終わらせるようにしなければなりませんが。

確かにその時間において、ほかの職員は働いているわけですから多少は上がりにくいのかもしれませんが、そこは管理者やリーダーが配慮し、現場が理解できるようにしておけなばならないのだと思います。

現場からすれば15時ではなく、もっと長い時間働いてもらいたいという気持ちがあってもおかしくはないとは思います。そのために今回のケースでは、明らかに管理者やリーダーなどの配慮不足であると考えられます。時間になれば気兼ねなく介護業務から上がれるように、現場職員などに申し合わせておいて、現場からも理解を得ておかねばならないのです。

恐らくは職員不足で何とかパートで短時間でも確保できたと管理者は思っているのかもしれませんが、介護現場からしたら中途半端な時間に上がってしまう職員としか考えていないのかもしれません。

このケースを円満に解決していくには、管理者やリーダーから再度、介護現場にパート勤務を理解してもらうように配慮しなければならないと思います。このパート勤務の方の努力で何とかすることは、もはや不可能であるように思います。

雇用契約の段階で自分の状況を伝えておく

このようなトラブルがないようにするためには、パート勤務であっても、その時間で介護業務が終了できるように、あらかじめ自身の希望をしっかりと伝えておくことが必要であると思います。

面接の時点で自分の条件と労働条件が合致するか確認し、雇用が決まった時点でパート勤務であっても雇用契約を結ぶことになると思いますが、その雇用契約書に署名捺印をする前にもしっかりと確認することが大切だと思います。

「パート勤務でそこまでしなければならないの」とおっしゃる方もおられるとは思いますが、労働上の問題というものは何も介護業界だけで起こっている問題ではありません。きちんと確認をしてもらった上で介護業務に就けるようにしておかないと安心して働くことができません。

そのためには多少面倒であっても、自分自身の条件というものははっきりと申し出ておくようにしましょう。

それでも同様のトラブルが起こった場合

もしも先ほどのディサービスでの事例のようなトラブルが起こってしまった場合はどのようにすれば良いのかお伝えしたいと思います。

雇用契約時点ではっきりと話をしていたのにも関わらず、そのようなトラブルへと発展してしまった場合には、再度、管理者と時間を設けて話をする必要があると思います。

その時点で、今まで通り働き続けていくということであれば、改善して頂くように管理者に配慮をしてもらわねばなりません。自分自身が無理にその時間に上がろうとすればするほどトラブルが大きくなるだけですから、管理者に中に入って対処してもらわねば絶対に解決できる問題ではないという事です。

もしも雇用契約時に自分自身の条件について話をしていないという事でしたら、やはり改めて管理者と話し合いの機会を持たねばならないでしょう。雇用契約通りに働けないのであれば、困ってしまう状況にあるという事をしっかりと認識してもらう必要があります。その状況を納得して頂いた上で、やはり現場職員に対しても配慮してもらえるようにしてもらう必要があります。

管理者と介護現場の間において、何の配慮もしてもらえないような状況であるならば、それはなかなか働き続けていくことが困難ではないかと思います。雇用契約通りに働いていて、何かしらトラブルに巻き込まれてしまうわけですから。転職という事を検討する材料にもなるのではないかと思います。

もしもそのような状況でもその職場で働き続けたいということであれば、労働基準監督署などに相談することが必要であると思います。

このようなトラブルに巻き込まれないために、その介護サービス事業所において過去にそのようなトラブルで退職をされた人がいないか、確認する方法があります。

介護求人サイトの中には、担当コンサルタントと面談しながら適切な介護求人を探していくという介護求人サイトがありますが、このようなところでは近隣の介護サービス事業所の就業状況についても情報を把握しておられるところが多くあります。

この介護求人サイトはパート勤務であっても活用することができますし、そのような情報も提供してもらいながら、勤務先の介護サービスを決めていくことがいいのではないでしょうか。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-転職・就職
-