高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

介護職員のメンタルケア

部下の気持ちがわからない・・・介護職リーダーが部下と打ち解けるには?

投稿日:

どの職場においても、上司と部下のコミュニケーションに関する問題はつきものです。

上司には上司の立場での考え、部下には部下の立場での考えがあり、さらに個人差もありなかなかうまくいかないこともあるのが普通です。

それぞれが会社のためによかれと思って一生懸命していることですので、それはいいことでもあります。

しかし、お互いの仕事に支障が出るくらいの意見の差やコミュニケーションに関する問題は困りもの。早めに解決しておきたいですよね。

部下の気持ちがわからず、どう接していいかわからない上司が、近年増えています。ちょっときつく言えば「モラハラだ」と言われ、コミュニケーションを取ろうと飲みに誘えば嫌がられ、悩んでいるのです。

今回は、そんな上司のために、部下と上手にコミュニケーションを取る方法をお伝えします。

まずは部下ひとりひとりと信頼関係を築こう

部下とコミュニケーションがうまく取れないのは、信頼関係ができていないことが原因のひとつにあります。

どんな人なのかもわからない、仕事の指示だけを一方的に言ってくる人は信用できませんよね。まずは上司の方から心を開きましょう。
もしかしたら意外な共通点が見つかり、大いに盛り上がるかもしれません。

仕事においても、「まだこいつには早いかな」と仕事を任せることを躊躇すると「自分は信用されていない」と思われ、心が離れてしまいます。
ささいなことでも「これ、頼んでもいいかな」「この前お願いした仕事、ありがたかったよ」と仕事を任せたりそれに対する一言があると、全く違います。

部下の話を「傾聴」しよう

介護の現場は人手不足で忙しいのはわかりますが、部下からの相談や世間話を「ハイハイ、わかったから」という態度で聞いていると「この人に話をしても無駄だ」と思われ、ささいな話だけでなく仕事に関する報告や連絡もしてもらえなくなります。

自分の話を聞いてくれない人には、話をするのが嫌になるのは当然のこと。聞いたふりをして聞き流していることも、部下にはバレています。

話は「聞く」よりも「傾聴」するくせをつけましょう。傾聴とは、相手の話をただ聞いているだけではなく、相手の言いたいことを理解しながら話を聞くことです。ただ黙って聞くのではなく、相づちを打ち「あなたの話を聞いています」という態度を相手に示しながら聞くことも大切です。

自分に合わせようとするのではなく、相手に合わせよう

自分の方が立場が上だからと言って、仕事の進め方や、覚え方を自分のペースの合わせようとするのはよくありません。

最近の若い人には、「見て覚えろ」という指導法は受け入れられません。むしろそれを、仕事を教えてくれないと叩かれかねませんので、「仕事は見て覚えてね」と自分の姿を見せて覚えさせる指導もなかなかできなくなっています。

現代っ子がすいすいと使いこなすスマートフォンやタブレットについていけないことで、SNSを批判したり「これだから若い奴は」と若い子たちを否定するのもよくありません。
スマートフォンやタブレットはビジネスにおいてもとても便利なものです。わからないところは教えてもらいながら、相手を理解するためにも新しいことに挑戦していることも大切です。

最後に

部下が言うことを聞いてくれない、何を考えているのかわからないという人は、まず自分の態度を振り返ってみてください。
どこかで部下の年代のことを否定している自分がいませんか?相手の価値観を受け入れようとしていますか?
理解しようと努力している、と相手に伝わるだけでも、「この人は自分に寄り添ってくれる人だ」と思ってもらえれば、距離がぐっと縮まるはずです。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-介護職員のメンタルケア
-