高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

転職・就職

施設での介護、訪問介護、自分にはどちらが向いているか悩んでいる人に

投稿日:

介護職員とはいえ、老人ホームなどでの介護職員と訪問介護での介護職員などでは、全く異なるものになります。

そのために、向き不向きということも当然ながら生じるものになると思います。

いま現在、老人ホームなど介護施設での介護職員をされている方、在宅への利用者への訪問介護業務をされている方がおられると思いますが、何かしら壁にぶつかったときには、「この業務は自分に向いていないのではないか」と思ってしまうことが多くあります。

在宅、施設、どちらも一長一短があり、どちらが良い仕事であるかと比べることはできません。

介護施設での介護職員、訪問介護でのヘルパーの業務内容について見ていきたいと思います。そしてその中でどのような悩みを抱えて介護業務をされているかについて、見ていきたいと思います。

 

老人ホームなど介護施設での介護職員の業務内容とその悩み

老人ホームなどの利用者は、基本的にその介護施設が住まいであって、介護職員はその住まいの中での必要な援助を行うことが役割であると言えます。

そのために、介護職員は周りの職員とも協力や連携を図りながら、24時間体制の援助を行っていくことにあります。

この24時間体制の援助という部分についてが、訪問介護によるヘルパー業務とは完全に違う部分になると思います。

24時間の支援体制ということが大変な部分ではありますが、ある程度その介護施設の方針に応じた生活というものをしていただく必要があるために、職員が主体となって生活を作り出していく部分も多くあるということです。

例えば、掃除や洗濯、調理など生活行為については、在宅に住んでおられる方と同じく支援する必要があるものの、在宅でおこなっているそれとは絶対的に違うものになると思います。

例えば掃除ひとつとっても、施設の掃除はフロアモップなどでさっとふき取ったり、もしくは専用の職員や業者が行う場合もあるでしょう。この点、在宅ではその利用者の所有している掃除用具を用いて、その自宅に応じた掃除方法で行わねばなりません。

調理についても、その介護施設の方針により違いはありますが、施設の厨房に別業者が入っている施設もあれば、外部業者が食事を届けてくれるところもあるでしょう。

職員が完全に調理をしているというグループホームなどもありますが、多くの施設はその介護施設のメニューに応じた対応をしていると思います。在宅での調理の支援は、その利用者が食べたいものを支援するということが基本になるのではないかと思います。

介護施設において、介護業務あたる際には、多くの介護施設では別の職員もいて、協力しながら介護業務を行うことができます。何かあった時に、ヘルプを出せることは、介護職員の安心にもつながります。自分自身だけが判断するのではなく、別の職員と連携、協力しながら業務を進めることができるのです。

しかしその反面、1人の職員が10人、20人の利用者に対して目配りしなければならないような場面も少なくありません。

老人ホームなどの介護施設は、在宅でのヘルパーなどが関わる利用者と比べ、要介護度が重度になる傾向にあります。ですので、基本的に行う介護業務は身体的な介護が多くなってきます。そのため、介護職員は身体的な負担も大きくなり、腰痛などに悩む職員も少なくありません。

また24時間での支援を別の介護職員と交代で業務に就くために、早出業務、日勤業務、遅出業務、夜勤業務など変則的な勤務をこなさなければなりません。その変則勤務については、介護職員の生活リズムを壊すきっかけにもなり、うまく疲れがとれなかったりすることも多くあります。

訪問介護でのヘルパーとしての業務内容とその悩み

ヘルパーとして介護業務は、在宅において生活されている高齢者のお宅に向かい、掃除や洗濯、調理、買い物といった生活援助と、入浴や排せつ、食事、外出などといった身体的な介助を行うお仕事です。

ヘルパーは訪問介護計画に記された支援内容を決められた時間において行います。例えば買い物であれば、高齢者のお宅に伺い、必要な買い物内容を聞き取り、近所のスーパーなどに買い物に行くというものになります。調理ということであれば、高齢者宅にある素材を用いて、希望に沿った調理を行います。

ヘルパーが行う介護業務が介護施設で行うものと絶対的に違う点は、在宅で生活されている高齢者の生活に沿った支援を行うというものです。買い物も調理も、基本的には利用者である高齢者と相談しながら決定していかねばなりません。そのために基本的な家事についてはある程度こなすことができなければ難しい業務でもあります。その中で、利用者の好きな味付けに調整したりするなどの微調整をすることも必要になります。

ヘルパーの仕事は、その利用者の家庭に入り込んでいかねばなりません。家庭だからこそ見れる、嫌な部分も多くあります。その家のしきたりに従わなくてはならないという側面も多くあります。
また基本的にはヘルパーが個人で行う業務になりますので、その利用者とヘルパーの信頼関係がなければ成り立たない仕事になります。そういった意味では、介護施設での介護業務に比べ、精神的なポジションが利用者に近いと言え、それが負担になるというヘルパーさんもおられます。

また同居されている家族に対しても、接する機会が多くあります。家族と利用者が仲が良いという保証はありませんので、ヘルパーが板挟みにあって困ってしまうということも少なくありません。家族に対する相談相手となることも多くあります。

ヘルパーの悩みのひとつに「家政婦のように仕事を求められる」というものがあります。介護保険のヘルパーにおいては、介護保険上で定められた業務しか行うことができません。基本的には、その利用者にかかる部分しか援助はできませんが、例えば家族の分まで食事を作ってほしいとか、家族が使う部屋の掃除もしてほしいなど求められ困ることがあります。

そんなときによくトラブルになるのが、「前の人はやってくれた」というものです。利用者によっては、気に入らない介護サービス事業所から変更を繰り返している利用者もおられます。

ヘルパーとしてもやってあげたいという気持ちも強くありながらも、介護保険の制度上できないということも多くありますので、そのような場面で断る際に、それまで築いた利用者との信頼関係を壊してしまいかねないと悩まれている方が多くおられます。

いかがでしたでしょうか。

介護施設での介護職員、訪問介護でのヘルパー、それぞれの専門性や業務内容からくる悩みというものが独自に存在するかと思います。

どちらにせよやりがいのある業務ですし、あとは自分自身の向き不向きなども考慮しながら選ばれることがいいのではないかと思います。

1

高齢者の靴のサイズは合っていますか? 普段から何気なく履いている靴ですが、高齢者の方が履いている靴をよく見るとサイズがあ ...

-転職・就職
-,