高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

介護職員のメンタルケア

男性介護職員が悩む職場の人間関係とトラブル解消法

投稿日:

男性介護職の人間関係

今まではほぼ女性の職場だった介護の職場で、男性が活躍することが多くなってきました。

男性と女性が同じ職場で働くという点では、他の企業と何ら変わりはありませんが、介護職のようなただでさえストレスが多く人間関係にトラブルが生じやすい職場では、少数の男性が辛い思いをすることが多くあります。

どうしても女性が多くなってしまう職場ですので、いろいろ気を遣うことは覚悟の上だったとしても、想像以上に人間関係がツライ!という意見も聞かれます。

どんなところで人間関係の悩みが生じているのでしょうか?

女性上司からの嫌がらせ

年上の女性上司からプライベートなことを根掘り葉掘り聞かれたり、からかうようなことを言われて嫌な思いをした、と言う意見が多くありました。

「彼女とはどうなの?」「最近の若い子は遊んでばかりで・・・」など、女性職員からしたら、自分なりの可愛がり方をしているかも知れませんが、母親と同じくらいの年齢の女性にからかわれるのは、男性としてプライドが傷付くだけでなく、不快な思いの方が強いものです。

女性が男性にセクハラをする「逆セクハラ」を訴える男性職員もいるようです。プライベートなことに深く首を突っ込んだり、見た目や、おせっかいを妬きすぎたり、からかったりするのはやめましょう。

陰口や悪口に巻き込まれる

女性の中には、人の陰口や悪口が大好き、という人がいます。

いくつになっても、おしゃべり好きの女性は、自分のことでも相手のことでも、キャーキャー騒ぐのが好きなもの。

それが楽しくて盛り上がる話なら大歓迎なのですが、中には人の陰口や悪口、失敗談で盛り上がる人もいるのです。そこに巻き込まれ、「〇〇さんてこういうところが嫌よね、あなたもそう思わない?」などと同意を求められるのが辛いという意見がありました。

悪口の仲間に入らないと仲間として認められず、仲間外れにされることも。

だからと言って一緒になって悪口を言ってしまうと、そのあとずっと誰かの悪口を言わされることになるので、絶対にそのような話に乗らないようにしましょう。

最後に

女性も男性も、仕事に真摯に向き合っているからこそ、悩みやストレスが生まれるのです。

どうでもいいと思っていることに悩んでまで向き合おうとは思いませんもんね。

男性職員は女性職員の中ではいろいろ大変なことも多いですが、男性女性をあまり意識せずに、誰にでもフラットに接することが、人間関係を円滑にするポイントです。

1

高齢者の靴のサイズは合っていますか? 普段から何気なく履いている靴ですが、高齢者の方が履いている靴をよく見るとサイズがあ ...

-介護職員のメンタルケア
-