高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

転職・就職

介護職員からスムーズにケアマネへ転職する方法

投稿日:

介護職員からケアマネジャー(介護支援専門員)を目指される人はたくさんおられます。これはケアマネジャー試験を受験される基礎資格を見ても、介護福祉士が一番多いことを考えると明白な事実であると思います。

しかし目標を持ってケアマネジャーへとステップアップしたのにも関わらず、ケアマネジャー業務がつらくて辞めてしまわれ、また介護業務へと戻られる方も少なくないのです。

ケアマネジャー業務は、基本的に日勤の仕事で、給料も介護職員よりも良い報酬を得られることから、介護職員からのステップアップとして、注目されているお仕事になります。
受験資格は、介護福祉士など国家資格取得者などで、5年以上の実務経験者となります。

実務経験が5年と、ある程度の期間がありますので、介護現場で経験を積みながら、ケアマネジャーの資格に挑戦されることになります。ケアマネジャーへのステップアップを目標とされて介護業務に励まれている方は本当にたくさんおられます。

ただ介護業務とケアマネジャー業務は全く違うものになりますでの、その違いについていくことができずに離職されてしまう方も少なくない現状です。

このようなことがないように、介護職員からケアマネジャーにステップアップするための心構えや方法についてお伝えしていきたいと思います。

介護職員とケアマネジャー業務は全く違うものであるとの意識が必要

介護職員がケアマネジャーの受験資格を備えて、ケアマネジャーの試験に合格することは、きちんと学習していれば、みなさん必ず取得できることだと思います。

しかし、ケアマネジャー試験に合格することと、ケアマネジャーとして業務がこなせるようになることは、全く別の視点が必要であることは、ケアマネジャーを目指される人は持っておいたほうが良いでしょう。

介護職員は、介護を必要な方に対して直接的に介護を提供する仕事であるのに対して、ケアマネジャーは、介護を必要な方に対して、どのような介護サービスがどれくらい必要になるか見極めて、介護サービスを提供する調整をする仕事になります。

もちろん介護職員が持っている視点で、ケアマネジャーに必要な視点もたくさんあります。

しかし介護職員をしていたからと言って、すべての介護職員がすべての介護サービスを把握されているかといえばそんなことはなく、どの介護サービスをどの程度必要になるかという判断は、なかなかできるものではないと言えるでしょう。

介護サービスを調整し、サービス担当者会議等で、どのようなポイントについて話をすればいいのか、まとめ上げていかねばならないかという点については、介護職員での経験ではあまりなかったことかもしれません。

またケアプランの作成についても、介護職員時代にはそれほど経験をされていない方もおらえるかもしれません。

さらに利用者だけでなく、その家族への支援も必要になりますので、介護職員時代とはまた違ったコミュニケーション能力も必要になります。時には、利用者の意見と家族の意見の相違から板挟みにあうなんてこともあります。

介護職からケアマネへの良いスタートを切るために

お伝えした通り、介護職員とケアマネジャーとは根本的な部分で業務内容が違うために、目標を持ってケアマネジャーを目指されてきた方にとっては、注意が必要です。

これからケアマネジャーを目指される方にとっては、介護職員時代にケアマネジャーに活かせる仕事をしておくことで、ケアマネジャーとしてのよいスタートが切れるのではないかと思います。どのような業務をしていけばよいのかお伝えしていきたいと思います。

まず、老人ホームなどの介護施設で働いておられる介護職員であれば、施設内においてサービス担当者会議などの利用者に対するケア方針を決定する話し合いがなされると思いますが、そこには積極的に参加するようにしましょう。

そこで注目すべきポイントは、話の中心に施設のケアマネジャーや相談員などがおられることが多いと思います。その人の話の展開、他の職員への話の振り方、職員の意見のまとめ方、次回への課題の抽出など、どのようにされているか注目するようにします。ケアマネジャーに求められる能力のひとつに話の中心者として、話をまとめるというファシリテーターとしての技術があります。これらを学ぶには、周りの相談援助職の人がどのような仕事をされているか注目すると良い学習ができます。

また在宅サービスである、訪問介護やディサービスなどで働いている方でしたら、自分自身がサービス提供責任者を目指すことがいいのではないかと思います。在宅サービスのサービス提供責任者は、居宅のケアマネジャーと直接やり取りをすることも多く、ケアマネジャーの仕事を学ぶ最適なお仕事であると言えるでしょう。

サービス提供責任者になれないのであれば、在宅で行うサービス担当者会議などに参加させてもらう機会を何とか設けてもらうこともひとつです。

そのほかにも介護職員としてこんな部分に注目して業務をしてみよう

ケアマネジャーの求められる能力のひとつに「アセスメント能力」というものがあります。ある意味、ケアマネジャーのサービス調整はこのアセスメント能力で決まるものではないかと思います。

この能力を介護職員時代でもつけていくには、その利用者に対する適切なアセスメントを行える能力をつけるということがいいと思います。

例えば、日々行っている利用者への介護に対しても、本当にそこまでの介護が必要なのかどうかという疑問を持ってみることも必要です。もっと別な方法で自立支援をすることができるかもしれないという別の視点も持ち合わせてみるのです。

例えば立ち上がりの介助についても、前から抱えて介助するだけではないと思います。手すりがあれば自分で立ち上がれるかもしれませんし、電動ベッドの高さを調整するだけで立ち上がれるかもしれません。ケアマネジャーが行うサービス調整は、その利用者に適しているサービスを調整する必要がありますので、さまざまな選択肢がないと、適切な介護サービスを調整することはできないのです。

そのために介護職員からできることのひとつが、適切なアセスメントではないかと思うのです。

いかがでしたでしょう。
介護職員をされている人でしたら、ぜひともケアマネジャーを目指して頂きたいと思います。述べてきたとおり、介護職員とは違う仕事にはなりますが、まったくできない仕事ではありませんし、介護職員での経験を活かせる仕事です。ステップアップして、相談援助のプロフェッショナルとして介護の仕事を深めて頂きたいと思います。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-転職・就職
-