高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

転職・就職

「うつ病」しっかり休んで自分を大事に

更新日:

うつ病の症状と対処法について

介護職に多くみられる「うつ病」。職場の人間関係や人手不足からくる重労働、自分ではどうしようもないことにさらされ続けると、体調を崩し心も穏やかではいられなくなってしまいます。

ところが忙しさや「これくらいなら大丈夫」という過信が、うつ病の初期のサインを見逃してしまい、症状を重くしてしまうことがあります。

今回は、こんな症状が出たら注して欲しいうつ病の症状と対処法についてお伝えします。

眠れない、体がだるいなどの体の症状

うつ病の初期症状として現れるのは、睡眠障害と慢性倦怠感です。

寝つきが悪い、または寝付いても何度も目が覚めてしまうという症状や、しっかり休んでも疲れが取れずいつも体と頭がだるいという症状が出ます。

さらに、動悸、肩こり、頭痛、食欲不振もよく現れる症状です。

介護職は常に人手不足、緊急の呼び出しや不慮の事故などが起こり、満足に休憩や休みが取れているという人は少ないようです。

しかし、だからこそ、しっかり休んで心も体も健康に保たないと、集中力や判断力が低下して、取り返しのつかないことが起こることにもなりかねません。

なにより、いつもと違う体調の異変を感じたら、無理をしないことです。早めに専門科を受診して初期症状のうちに治療しましょう。

気分がふさぐ、怒りっぽくなるなど心の症状

うつ病で心に現れる症状は、些細なことで落ち込みやすく、一日中不安や悲しみを感じる、気分がだるくてやる気が起きない、今まで夢中になっていた趣味にまったく興味がなくなった、などがあります。

気分がだるくてやる気がないことを「自分は怠け者だ」「どうせ自分なんかなにもできない」と自分のせいにして落ち込んだり、周りから「甘えているだけ」「なまけている」と勘違いされることもあり、これらの心の症状は見逃されることが多くあります。

放っておけば、感情のコントロールができなくなったり、気分がふさいで外出もできなくなることも。

自分を甘やかしているわけではなく、今は十分な休養が必要な時期なんだと割り切って、しっかり休みを取りましょう。

最後に

早めに治療することで、うつ病は完治することもできます。逆に放っておいて無理をすれば、あとあとまで重篤な状態が続きます。

ストレスに対する耐性はひとそれぞれ。誰かにとっては大したことではなくても、他の誰かにとっては死にたくなるほど辛いということもあるのです。

周りのサポートの必要になりますので、職場で協力しあい、働きやすい職場になるように心がけましょう。

 介護の仕事を辞めたいと思った人、辞めた人の体験談

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-転職・就職
-