高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

転職・就職

家庭との両立ができない!介護職で働くママたちの悩みとストレス

投稿日:

女性が男性と肩を並べて仕事をするようになり、家事や育児ももはや女性だけの担当ではありません。

家事や育児を男性と分担して、家庭と仕事のバランスを取っている家庭も多たくさんあります。

しかし、どうしてもいざとなると女性の負担が大きくなってしまうもの。

子どもが体調を悪くしたときや学校行事、食事の支度は女性の方が向いていることが多いので、仕事を持つママは大忙し。

特に人の命を預かる介護職の仕事をしているママは、日勤と夜勤のシフト、緊急の呼び出しなどで生活リズムを崩したり、人間関係でストレスをためがちになってしまいます。

今回は、そんなママたちの悩みと解決方法をお伝えします。

家庭と仕事のバランスは、すべてのママたちの悩み

介護職で働くママに限らず、仕事と家庭の両立は、働くすべてのママの悩みです。

自分でコントロールして片付く問題ならまだしも、自分ではコントロールできないことへの対応に対して、人間はとても大きなストレスを感じるのです。

自分が休みを取るために、自分の仕事を誰かにお願いしなければならない申し訳なさや、迷惑そうにされたときのショックはとても辛いもの。

いくら時短制度やママたちに対する会社的な取り組みがあっても、人の気持ちが絡むことに関してはなかなか解決しません。

くたくたになって家に帰ったら、食事の支度や洗濯物の片付け、掃除が待っていることもあります。

体を休めることを優先するとやることが溜まり、山のような洗濯物や洗い物を前に「私ってママ失格かも」「家のことが何もできないダメな妻」と自分を責めてしまうことも。

家庭でストレスを抱えると、仕事にも影響します。仕事でミスやうまくいかないことが増えれば、家でも落ち込むことになります。

どちらか一方でストレスを抱えると、他方でもストレスを抱えることになり、一日中ストレスを抱えっぱなしになってしまいます。

バランスを取るために必要なのは「ひとりでなんでも完璧にしようとしない」こと

ストレスを抱えやすい人には、責任感が強く周りとの調和を大切にするという特徴があります。

どんな状況においても自分の仕事は自分がきちんとやらなくては、と強く思い込んでしまうのです。

そのため、それが果たせなかったときにはひどく落ち込み、自分はダメな人間だと思ってしまい、ストレスを溜めてしまいます。

このような人は責任感の強さから人に甘えることも苦手で、誰かに弱みを見せることも苦手な傾向がありますので、「お願いできますか?」の一言がなかなか言えません。

しかし、このような理由でストレスを抱えて体調を崩し、ひどい時にはうつ病になってしまうことも多い介護職のママたちには、ときには職場で甘えることや、「このくらいでいいか」と家庭のことを妥協するということも必要なのです。

家庭も仕事も、なんでも一人で完璧にこなしたい気持ちはわかりますが、結局自分が辛くなってしまいます。

ストレスが原因で働けなくなったり家のことができなくなる方が大変です。どちらもバランスを取って、無理のないようにしましょう。

最後に

介護職における離職率が高い原因に、ストレスで体調を崩してしまうことがあります。

人の命を預かる仕事は、責任やプレッシャーも大きいでしょう。

その中で体調を崩さないためには、自分の心のバランスを取ることが必須です。

家庭でも職場でも、周りと協力しながらバランスを取りましょう。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-転職・就職
-