高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

転職・就職

在宅から施設、施設から在宅!同じ介護職でも気を付けるべき注意点とは

投稿日:

高齢者がおられる在宅にて、訪問介護のヘルパーとして働いているが、老人ホームなどの介護施設への転職をしようかと検討されている方、あるいは現在老人ホームなど介護施設において介護職員をしているが、訪問介護でのヘルパーへの転職を検討している方、少なくないと思います。

在宅介護をしていると介護施設での介護業務に憧れる方は多いですし、また介護施設において介護業務を行うなかで在宅介護において自分独りで行う介護業務に憧れたりします。

どちらがよい仕事であるか、どちらの仕事が優れているかということは基本的に比較することはできません。どちらの介護業務においてもメリットはたくさんありますし、逆にデメリットもたくさん存在します。

どちらにせよ介護業務を行っていくなかで、そのような思いを持つことは自然であると思いますし、おのおのの業種へ転職することも間違いではないと思います。

ただし憧れだけで転職をしてしまい、失敗したという思いを持っておられる方も少なくありませんので、やはりきちんと考えて、情報収集をした上で転職活動をしなければならないと思います。

では、在宅から施設、施設から在宅への介護業務への転職において、気を付けるべきポイントについてお伝えしていきたいと思います。

在宅ヘルパーから施設介護職員への転職について

高齢者の在宅においてヘルパーをされていた人が、老人ホームなどへの介護施設に転職される方はとても多くおられます。
在宅介護をされているヘルパーが介護施設での介護職員を希望される理由はたくさんありますが、介護施設において身体的な介護を経験したい、大規模の法人で安定した給料をもらいたい、介護施設の中で安定して仕事がしたい、高齢者への継続的な支援をしたい、などの理由が多く見られます。

在宅でのヘルパー業務は、介護業務とは言えども、その業務内容は生活援助である家事の支援を行うことがとても多く、高齢者の在宅を訪問して、掃除や洗濯、買い物や調理といった援助がメインとなります。

ヘルパーの中には、身体的な介護業務をメインに行いたい人もおられますが、ヘルパーをしていてはどうしても身体的介助の機会は少なくなるのが現状です。そのためにさらに自分自身の介護技術を磨き、ステップアップするために介護施設での介護業務を希望される方がおられるのです。

また介護施設を運営している法人の中には大規模な介護施設もあり、正職員として働くのであれば、大規模な法人で安定した給料を得たいという人も少なくありません。

大規模の法人の方が安定した給料を得れるとは断言できるものではありませんが、訪問介護事業所の中には個人での運営をされている事業所も少なくなく、そのような個人事業所であれば雇用をパートやアルバイトのみで賄っているところも多くあるため、パート勤務においてヘルパーとして介護経験を積んだ後は、介護施設への転職を計画されている人が多くおられます。

在宅から在宅への移動などを行うのが嫌で、介護施設への転職を検討されている人もおられますし、30分や1時間といった短時間での介護による支援ではなく、24時間での支援を行いたいという人もおられます。

いずれにしても間違った選択肢であることではありません。その想いが強くあるということならば、介護施設への転職活動を行うと良いと思います。

ただし介護施設への転職は、在宅介護が嫌だというネガティブな理由による転職であれば失敗する可能性があるということを認識しておく必要があります。それは介護施設へのポジティブな思いから転職を行うものの、やはり介護施設での介護業務においても働く上でのデメリットは存在するからです。

特に訪問介護での介護業務は、30分とか1時間という短時間での援助ですので、その間、その高齢者に対してどんなことがあっても良い介護サービスを行うことができるモチベーションを維持することができます。

仮に自分とは合わない性格の高齢者であっても、短時間だけだという思いがあればその時間は頑張って介護業務を行うことができます。またその高齢者の支援が終了すると、一旦リセットすることができ、また新たな気持ちで高齢者への介護業務に向かうことができます。

しかし介護施設においては、そのようなリセットは難しくなります。自分自身にとって性格の合う高齢者ばかりではなく、常にその高齢者はおられますので、その方への介護ではストレスになってくるかもしれません。

また、介護業務は身体介護がメインとなりますので、自然と身体介助の技術は身に付きますし、先輩職員からも教えてもらえます。しかし身体介助がメインであるために、腰痛などのリスクは当然高くなってきますし、肉体的な疲労は相当なものであると覚悟することは必要です。

またヘルパー時代にはなかった早出業務や遅出業務、夜勤業務も存在します。そのような交替による変則勤務は、慣れていない間はどうしても疲れが蓄積していきます。夜勤業務の次の日には早出業務ということもあるかもしれません。

そのようなリスクやデメリットも当然あるものだと認識した上で、転職活動を行うようにしましょう。

施設介護職員から在宅ヘルパーへの転職について

施設介護職員から在宅ヘルパーへの転職を検討される方も少なくありません。

施設での介護職員をされている方が、在宅ヘルパーへの転職を検討される理由はたくさんありますが、介護施設での介護業務に息が詰まってきた、介護職員などとの人間関係に疲れた、利用者一人一人に向き合って介護をしたい、変則勤務に体がついてこなくなった、などの理由が多く見られます。結婚や出産を期にヘルパーを目指されるという人もおられます。

介護施設で介護を行っていくなかで、介護施設の中での介護業務に息が詰まってくるということは誰にでもあることです。どうしても広くない空間で、同じ高齢者に対しての介護業務になりますので、長く勤めれば勤めるほど、そのモチベーションを維持していくことが難しくなるのは当然です。

そんな中で毎日変化のあるヘルパー業務に憧れる方がおられます。その考え自体は間違いではありません。しかしヘルパー業務というものは、施設介護職員時代のように身体介護が多くなく、援助内容のメインは家事中心の生活援助になります。それでも自分自身のモチベーションを持ち続けて介護業務を行うことができるのかどうか、自問自答しておくことが必要だと思います。

介護施設での人間関係に疲れたという理由で、ヘルパーに転職される方がおられます。もちろん向き不向きというものがありますので、これ自体は間違った選択ではありませんが、ヘルパーだから人間関係がないわけではなく、むしろ一人で高齢者の自宅で介護業務を行う分、他のヘルパーやサービス提供責任者などとの関係を密にしなければならないこともあります。人間関係での離職や転職というものは、自分自身の気の置き方を工夫することで改善されることもありますので、しっかりと考えて転職を決意しなければならないと思います。

介護施設では、どうしてもたくさんの高齢者に対して、少ない職員で対応しなければならず、一人の高齢者に向き合って介護をしたい、という理由で転職をされる方もおられます。考え方としては立派であって、真面目に介護業務をされてきた人にはそのような考えを持たれている人も少なくありません。

このような考え方を持たれる方には、ヘルパーでは一人の高齢者に向き合って、しっかりと介護業務を行うことができると言えます、しかし、どんな状況であっても逃げ場も少なくなるという責任感も大きくなることは覚悟しておきましょう。

嫌な高齢者もおられるかもしれませんし、ヘルパーとしての援助中に急変されるようなこともあるかもしれません。そのような時にでも冷静に対処できなければ、在宅でのヘルパーは向いていないと言えるでしょう。

もちろんヘルパーへの転職でのメリットはたくさんあります。
夜間ヘルパーなどを除けば、基本的に日勤での業務ですので、自分自身の心身の状態を整えやすくなりますし、パートやアルバイトなどであれば、自分の都合に合わせて働くことも可能な仕事です。

在宅での高齢者の様子を学ぶこともできますし、そこから介護業務を深めていくこともできます。

在宅・施設ともにメリット・デメリットはたくさんあります。
その部分をしっかりと認識した上で、転職活動を行うようにしましょう。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-転職・就職