高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

転職・就職

キャリアがある人の転職【転職】45歳以降の転職は「人脈」で決まる!会社は45歳以上だからこそ欲しい!

投稿日:

45歳以降の転職を成功させている人は、転職活動に工夫をしています。

転職は年齢や回数が多ければ不利になると考えらていますが、45歳以上になると年齢も回数も自分の武器に変えることができるのです。

今回は、45歳以上でキャリアを持っている人の転職についてお話しします。

45歳以上の転職は人脈がポイント

転職面接を受けに来る人たちの中で、最も人数が多い年齢層は30代前後でしょう。

30代前後の転職者は、ほとんどが転職サイトやハローワークから応募してくる人たちです。

求人票の中から、応募条件に合う求人を探してくるため、会社側との接触は初めての人ばかりです。

そのため、転職面接では評価すべき基準は「その人のスキルや経験、人柄」になります。

しかし、ときには45歳以上の人も転職面接に訪れることもあるのです。

45歳以上の転職者は「キャリアアップ」や「スキルアップ」など、個人的な理由による転職でないことも多くあります。

例えば、会社の業績が悪くなり人員削減の影響を受けたため、やむを得ず転職せざるを得なくなった人も多いのです。

45歳以上で転職活動をしている人の中には、会社都合によって転職活動に突入している人がいます。

そういった人たちは、転職サイトやハローワークを通さず、人脈によって面接を受けにくることもあるのです。

45歳以上になると、前の会社では課長や部長といった中間管理職以上の肩書を持っていた経験があり、面接以前から社内の人間とつながりを持っていることがあります。

前の会社に在職中から、転職先の目星をつけて「転職するかもしれない」と話しをしておくだけでも、転職活動の「種まき」としては十分なのです。

45歳以上のキャリアを持っている人ならば、即戦力になるだけでなく、同業他社ならば新しいノウハウを持ってきてくれる貴重な存在になるかもしれません。

そのため、採用担当者としては「素性がはっきりとしている即戦力存在」として、喉から手が出るほど欲しい人材になる可能性もあります。

キャリアと実績を持っている人ならば、「転職するかもしれない」と話をするだけでも、向こうから「わが社に来てもらえませんか」と声がかかることも多いのです。

実際に、大手の会社が会社都合で人員を大幅に削減しなくてはならなくなったとき、同業他社は「高度なスキルを持っている人を確保できるチャンス」とばかりに、一気に複数の人を中途採用しました。

いわゆる「できる人たち」が、社内に突然入ったことで、会社の空気は一変しました。

「30代前後の転職者を採用する意味」と「45歳以上の転職者を採用する意味」は、受け入れる会社にとっては、大きな違いがあります。

45歳以上の転職を成功させるためには、30代の転職のように広い土俵で戦うのではなく、自分を採用するメリットを理解できる土俵を選ぶことが大切なのです。

そして、その土俵に上がるためにはそれまでに築いた「人脈」がポイントになります。

採用担当者は「過去の栄光」を面接で語る人を避ける

45歳以上の転職面接では、総務部の人事担当者が面接担当者にならず、最初から役員クラスが面接に入ることも多いのです。

とくに人脈で面接することが決まった場合には、最初から役員と社長が面接に入り、1回の面接で合否が決まることもあります。

その場合は、面接では給与や待遇面の話がメインになり、どちらかというと「この条件で入社を承諾してもらえますか」という話し合いになることが多いようです。

ただ、中には面接後に採用されないこともあります。

それは、面接で「過去の栄光」ばかりを語った人です。

転職面接のときに、過去の自分の仕事をポートフォリオにまとめてプレゼンテーションを行った人がいました。

たしかに、内容は濃く「たくさんの実績を持っている人」であることはわかりました。

しかし、採用後は「後進の指導者」として活躍してもらおうと思っていた人であったため、本人の求める「経験をいかして、まだまだ第一線で活躍したい」という希望とは、大きなギャップがありました。

残念ですが、本人の希望と会社側のニーズに食い違いがあったため、採用は見送られました。

45歳以上の転職者を採用するときには、会社側にも採用する目的があるはずです。

面接で「過去の栄光」について熱く語られてしまうと、採用する側は「この人を受け入れられるポジションは用意できない」と思ってしまうのです。

30歳前後の転職者ならば「意気込みはないよりもあるほうがいい」のですが、45歳以上の転職者の場合は「どれだけ受け入れられる器をもっているか」が採用基準になるのかもしれません。

キャリアを積んでいれば転職回数も年齢も武器に変わる

45歳以上の転職者の中には、これまでに何度も転職経験を持っている人もいます。

転職回数は、多くなると不利になるといわれていますが、それは30代前後の若い転職者の話かもしれません。

45歳以上で転職回数は多くても、ブランク期間がほとんどない場合には「回数が多い」ことが武器になる可能性があります。

つまり、転職を何度も成功させるだけの「魅力を持っている人」と考えることができるからです。

年齢を重ねながらも転職できるということは、どこの会社の採用担当者からも「採用したい」と思われた人ということではないでしょうか。

45歳以上で転職する人は、定年退職までに残された年数が限られています。

そのため「最後の転職」として活動をする人がほとんどなのです。

長い会社員生活の定年を「求められて入社した会社」で迎えることができたら最高ではないでしょうか。

1

高齢者の靴のサイズは合っていますか? 普段から何気なく履いている靴ですが、高齢者の方が履いている靴をよく見るとサイズがあってなかったり、靴の一部分が破れておられる方がちらほら見受けられます。 普段、施 ...

-転職・就職
-