高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

転職・就職

【介護転職】退職理由と志望理由の注意点

投稿日:

介護業界への転職を検討されている人の中には、他職種から初めて介護業界へと転職を目指しておられる方も少なくないと思います。

また現在、介護サービス事業所において介護業務をされている方で、別の介護サービス事業所に転職をしたいと希望されている方も少なくないと思います。

介護業界は、人材不足と一般的に言われていますので、比較的採用されやすい業界であるように思われていると思います。

しかし介護のお仕事は、他者に対するお世話がお仕事になるという特殊な部分がありますので、採用に関してはその人の持つ人間性に重きを置いて雇用されています。そのためみなさんがイメージしているほど採用されやすくはないと言っても良いでしょう。

採用担当者が行うリスクマネジメントとは

その人の人間性について観察できるのは、履歴書と面接時しかありません。その時にしっかりと確認することができなければ、良い人材を獲得することが難しくなります。そのため特に面接においては、あの手この手で転職希望者の人柄を見ようとしてくるのです。

特に最近、介護業界において、職員が利用者に対して虐待するなどの問題も起きています。

それは事業所のケアの低さと評価することもできますが、突発的にそのような事を起こしてしまう職員が出てきてしまう事がないように、雇用段階から転職希望者の人柄などを十分見抜いておく必要性が高いのです。

一般的には、介護サービス事業所が職員を雇用する際には、入職された後のリスクを懸念しています。そのリスクとは、「また辞めないだろうか」「なにか問題を起こされる事はないだろうか」というリスクになります。これは初めて介護業界を目指される人に対しても、経験者を受け入れる場合においても共通して言える部分になります。先程も申しましたが、利用者に対して何かあってからは遅いので、採用担当者はリスクマネジメントとしても面接などに挑まないといけないのです。

採用担当者は、「この人が介護現場にいてくれたら、どんな働きをしてくれるだろう」と推察します。現場にいる職員の顔なども思い浮かべながら、実際に働いている状況をシュミレーションを行っています。

もしも履歴書において転職を繰り返しているという事が確認できる人であれば、「この介護サービス事業所に転職してもすぐに辞めてしまうのではないだろうか」、前職において不満を抱えて転職される人に対しては、「また同じ不満を抱える事になるのではないだろうか」と懸念することになります。そのために転職を希望される人の中には、「面接時には前職の不満を言ってしまうと採用されない」という事も考えている人もおられるのではないでしょうか。

採用担当者としても、転職をするということは多かれ少なかれ、前職に不満があって転職を希望されるのだろうということは理解しています。しかし、不満だけをもって転職されてくるような人に対しては、あまり積極的に雇用したいと思う採用担当者はいないのが現実です。ですので、面接時にはニコニコと笑顔の採用担当者であっても、中身は疑いの目を持って質問しているものです。そのため退職理由については、採用担当者が納得する事のできる回答を持ち合わせておく必要があります。

退職理由と志望動機の一貫性とは

特に大事な部分は、退職理由と志望の動機であって、退職理由が「前職に対する不満」で志望の動機が「興味がある」というような積極的な理由でない場合であれば、介護業界であれば採用されるだろうという安易な考えで転職を考えているのではないのかと思ってしまうことになり、採用できないという事に繋がる可能性もあるのです。

そういう意味においては、転職理由と志望の動機は一貫するものではないかと思います。その部分について、もう少し掘り下げて考えていく必要があるように思います。

面接時において、転職希望者のネガティブなキーワードはあまり受け入れることはできません。面接時において、前職の不満ばかりを述べる人を積極的に受け入れてみようと思えるでしょうか。しかし、実際の面接時においては、不満を述べる人が少なくないのが事実です。それはやはり採用担当者の面接技術ではないかと思うのですが、本音の部分を上手に聞き出しているのです。

前職の不満を完全否定する必要がない理由とは

とはいえ、前職に対する不満を完全否定していることではないという事です。採用担当者は、転職時には少なからず前職の不満を抱えているものであると理解はしています。ですので、円満退職を演出し、転職理由を嘘のストーリーで覆い隠すことは、逆にボロが出てしまうことにも成りかねませんから、止めた方が良いでしょう。

退職理由が志望動機である必要はないという事を理解しておきましょう。
例えば、前職の不満が退職するきっかけになったとしても、介護業界に転職するという明確な理由があるはずだと思うのです。そう考えれば、前職の不満というものは単なる退職のきっかけに過ぎず、それが志望の動機ではないのです。

自分自身を整理できていない間は、前職の不満が転職理由と考えてしまうこともあるかも知れません。しかし大事な事はこの理由をポジティブに変化させることが重要で、「介護がしたい」というこれからの新しい業務に向けての気持ちに変えてみるという事が一番大切になる部分になります。

前職の不満が例えば「職員の人間関係」にあったとしたら、「新しい介護サービス事業所において職員との連携を大事にしながら介護業務を行いたい」というポジティブな志望動機へと変えることができると思います。

転職時における不満からスタートしても良い?

転職のスタートが、不満であっても良いという事が言えるのではないでしょうか。みなさん悩まれて退職を決意されるものであると思います。その不満が本当に嫌で、その思いを持つ自分自身の気持ちまで嫌になられる方もおられるかもしれません。

しかし、ネガティブなスタートであっても良いのだと思い、気持ちを軽くしたうえでポジティブへと変化させるようにすれば、うまく転職を成功させることができるものであると思います。

退職、転職で悩まれているとしたら、もう一度自分自身に退職理由と志望動機について問いかけてみる作業をしてみましょう。そこから新しいスタートが始まるからです。

1

高齢者の靴のサイズは合っていますか? 普段から何気なく履いている靴ですが、高齢者の方が履いている靴をよく見るとサイズがあってなかったり、靴の一部分が破れておられる方がちらほら見受けられます。 普段、施 ...

-転職・就職
-