高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

認知症・介護

介護職員に多い悩みとは!その悩みから脱出するには!

投稿日:

介護職員を行っている人は、多くの悩みの中で働いている方が多いのではないかと思います。

もちろんどんな職業においても悩みなく働くことが出来るかと言えばそんなことはありませんので、介護職員だけ例外という事ではありません。

しかし、介護職員の業務は、人と人との関係の中にあるお仕事ですので、やはり悩みそのものが深いところにあるという事も少なくありません。

人と人との悩みというのは、もちろん介護が必要な高齢者との関係の中に存在します。様々な利用者がおられますので、かなり気を使う場面も多くあります。また利用者との関係だけではなく、上司や同僚の介護職員との関係性もあります。良いところもありますが、嫌な部分を見てしまうという事もあるでしょう。

また介護そのものは肉体的に大変なお仕事でもあります。そのために自分自身の健康状態の維持も必要なお仕事です。また身体だけではなく、心のバランスにおいてもコントロールしていかねば、よい介護が行えるとはいえません。

このような状況の中、介護職員のみなさんはどのような事に悩みを抱えて、日々介護業務に就いておられるのでしょうか。そしてその悩みから脱出するためにはどのような事に気を付けて業務に就く必要があるのでしょうか。

ここでは、介護職員に多い悩みやその解決方法についてお伝えしていきたいと思います。

介護職員に多い悩みとは!その解決方法とは

人間関係が良くない、職場内のイジメなど

どんな仕事においても人間関係の問題はつきものです。

介護職員に対するどんなアンケートなどを見ても1位もしくは2位に入っている内容が、人間関係によるものになります。介護職員の離職の理由を見ても多い理由が、この人間関係によるものです。

人間関係の悪い職場というのは、仮に給料が良いとしても続けていくことは困難です。なぜなら毎日の仕事に対するモチベーションを上げることがまったくできないからです。人間関係の悪い介護現場であるならば、離職率も多いでしょうし、そうなると介護サービス事業所自体の人員も足りていないことが多くあります。人員が足りていないとさらにストレスが溜まりますし、悪循環でさらに人間関係が悪くなります。この状態が続くと、職員間でイジメも発生します。

離職率が多く、人間関係が悪い介護サービス事業所の介護現場であるとしたら、正直あまりそこに居続けることはお勧めできません。あまり良い介護を学ぶことができないからです。

自分自身のモチベーションの低さを利用者にぶつけるわけにはいきません。実際、ここまで状態が悪化した介護現場において、虐待が発生した事例も多くあります。そのような中に染まっていく前に、モチベーションを高く維持できる介護サービス事業所に転職することをお勧めします。

続けていくという選択肢であれば、介護現場を自分が変えて見せるというくらいの気持ちが必要であると思います。もしくはそのような志のある人としっかりと連携を結んだり、相談をするべきです。そういった自分が心許せる人がいるのならば、自分の気持ちをすべてその人に吐き出して、精神的なストレスから開放する事ができるようにコントロールをすることが大事です。

人員が足りていない、サービス残業が多い、夜勤が大変など

介護現場というところは、慢性的に人員が足りていないところも少なくありません。人員が足りないとどうなるかというと、各職員にしわ寄せが行きます。介護職員のみなさんへの負担がどんどん大きくなっていくのです。

負担が大きくなってくると介護職員全員の精神的な余裕がなくなってきて、介護現場がぎすぎすし始めてきます。そこから人間関係の悪化へとつながってくる訳です。

それをわかっている管理者でしたら、人間関係が悪化しない前に人員配置を何とかしたいと必死になるわけです。その必死さが現場にも伝わるのならば、介護職員も少しの間くらいなら頑張れるでしょう。しかし、長く続くようならば、問題がある介護サービス事業所であると認識したほうが良いでしょう。

また人員が少ない間は、どうしても勤務している介護職員への負担が増えますが、その負担が増えた分は残業代としてしっかりと支給してもらえるのなら、まだ少しの間は我慢して働くこともできるでしょう。

それこそサービス残業ということになれば、介護サービス事業所に対する不信感にもつながりますので、サービス残業が慢性的になっているようでしたら、見切りをつけることも必要かもしれません。

もしもサービス残業が自分自身の業務をこなす効率の悪さが問題であれば、そこは努力して改善するようにしましょう。そのような効率の悪い業務をしている職員を見かけることもあります。

人員が足りずに、夜勤回数が増えてくるということでしたら、生活リズムを整え、体調管理を行うことが難しくなります。夜勤の回数が著しく多くなるようなことが慢性化するということであれば、早く人員を増やしてもらうようにしなければ自分自身の身体を壊してしまうことにも繋がりかねません。

通常の人員であるにも関わらず、夜勤が辛いということであれば、できる限り生活リズムをうまく構築できるようにし、それでも辛いということであれば、可能であれば夜勤の回数を減らしてもらうようにしましょう。生活リズムがどうしてもうまく整わないということであれば、一旦夜勤を外してしまう事も必要かもしれません。そうなる前に管理者やリーダーと相談するようにしましょう。

介護業務、認知症介護によるストレスなど

介護業務は人に対する介護を行うことがお仕事です。高齢者のすべてが自分と合う人ばかりではありません。

利用者の中には、まったく自分に合わない人もおられるでしょう。嫌な事をおっしゃられたり、陰口を叩かれたりすることもあるかもしれません。

しかしこんな人に対しても、プロの介護職員としては、満足して頂く介護サービスを行わねばなりません。

そもそも介護サービスというものは、利用者に対して踏み込みすぎることは良くないと言われています(バイスティックの7原則 統制された情緒的関与)。

どんな利用者であっても一線引いたところで冷静に関わることがプロの介護職員です。自分と利用者との距離関係についても見直す努力はしていきましょう。

認知症介護については、専門的な知識が必要です。
認知症を患っている人は、自分の言動や行動は病気によりさせられているものになります。そこを理解して始まるのが認知症介護であると思います。

認知症の原因疾患には、さまざまなものがありますが、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症といった代表的な認知症に関しては、その病気がどのようなものか、その認知症の方への介護の方法などしっかりと学んでおく必要があります。

それでも認知症の人から暴言や暴力、セクハラなど受ける可能性もあります。もちろんみなさんが我慢をする必要もありません。このような場合は、介護現場のリーダーに相談して対処法について検討してもらいましょう。また必要に応じて介護職員全員で対応方法について検討することも必要であると思います。

何にしても自分自身が介護においてストレスを溜めすぎないようにすることがとても大事になります。心から信頼できる上司や先輩などに相談できるようにしておく必要があります。

体調の維持ができない、精神不安、腰痛が良くならない

特に老人ホームでの勤務をされている人の中には、体調を維持することができずに退職されていく人がおられます。

老人ホームは業務量が大変多く、また早出・日勤・遅出・夜勤などの変則的な勤務を行わねばなりません。夜勤をしたと思ったら次の日は早出ということも珍しくありません。

そのような変則勤務により、生活のリズムをうまく構築することができずに、疲れを身体に溜めたままにしてしまうのです。

そのような状態が続くと精神的にも不安になります。
仕事と休息のバランスは、長く仕事をし続けることにおいて、とても大事なものになります。休息がうまく取れて、疲れから開放され、また仕事が頑張れるものです。

疲れがうまく抜けないことで、うつ状態になられる人もいます。仕事と休日のオンとオフをうまく使い分けができるように工夫しましょう。

変則勤務が続き、睡眠がうまく取れないということであれば、最初は内科で良いので、軽い睡眠剤などを処方してもらうのもひとつです。睡眠導入剤と言われるものですが、最初は軽いものしか処方されませんので、睡眠導入剤がないと眠れないというような依存性を心配する必要もありません。用法と容量を守れば大丈夫です。

介護は利用者を抱きかかえたり、起こしたり、立たせたりといった肉体的な労働も少なくありません。おむつ交換においては、腰に負担をかけてしまうこともあるかもしれません。

腰が痛くなれば、もちろん治療が必要になりますが、そうなる前に適切な介護方法を学ぶようにしましょう。

現在は介護技術であるボディメカニクスも発達してきていますし、適切な介護方法により介護者にかかる身体的な負担はかなり軽減されるはずです。

また福祉用具などを用いることでも負担を軽減することができますから、自分にあった介護方法についてはしっかりと学ばねばなりません。

給料が安い、給料が上がらない

介護のお仕事は一般的に給料が安いと言われています。
勤め始めた段階から良い報酬を出してくれる介護サービス事業所というものは皆無です。ですので、給料が安いという部分については、自分がどの程度欲しいかというバランスにもよるものかとも思います。

介護業界において給料を上げるいうことは、不可能ではありません。
介護職員のままであっても、資格を取得したり、役職が上がったりすることで報酬はアップすることが多いです。

そのままサービス提供責任者や現場の主任、介護部長などステップアップし続けることで、他の業界よりも報酬を上げている人もおられます。

また介護職員だけでなく、生活相談員、介護支援専門員(ケアマネジャー)といった他の業務にスキルアップさせることもできますので、そういう意味では将来的な可能性を秘めている業種であるともいえるのではないでしょうか。

そのためには給料をアップさせるために自分自身ができることに何があるのかを自覚し、実行することがとても大事です。給料が上がらない、と言ってしまえばもうそれ以上の向上を見込めることはできません。

仕事と家庭やプライベートが両立できない

仕事と休息の関係のところでもお伝えしましたが、仕事と家庭、プライベートの両立というものはとても大事です。

そもそも家庭というものは自分自身の基盤になるものですし、プライベートを充実させることで、また仕事が頑張れるというものではないでしょうか。

例えば、家庭に小さいお子様がおられるような主婦の方である場合、お子様の保育園の事や体調の事など心配することも多くあるかと思います。

もしも家庭にそのような自分自身が不安定になるような事があれば、介護サービス事業所の管理者など上司や、主任・リーダーなどにも相談しておくことが良いでしょう。

何にせよ自分自身で抱えすぎないことが大事です。ストレスを抱えすぎて仕事が継続できなくなるほうが良くありませんので、自分自身の限界のラインについて、自分自身で把握しておくことが仕事と家庭の両立においてもっとも大事なことになるでしょう。

そのバランスを保つことが、今自分自身にできる事ですし、それを職場の人たちにも理解しておいて頂かないといけないのです。

いかがでしたでしょう。
介護職員の悩みはさまざまなものがあると思います。大事なのは、その悩みを抱えたままどうにかするのではなく、介護サービス事業所の管理者や上司、職場の先輩や同僚などに信頼して相談のできる相手を見つけておくことが大事なのです。その相談の中から今後の方向性を決めていくことが、悩みの解決においては一番良い方法ではないかと思います。

逆に良い相談相手がいない、信頼できる人がいないという介護サービス事業所であれば退職の検討をすることも、自分を守る手段になるようにも思います。

いずれにしても自分自身を壊さないようにストレスを回避してもらいたいと思います。

1

高齢者の靴のサイズは合っていますか? 普段から何気なく履いている靴ですが、高齢者の方が履いている靴をよく見るとサイズがあってなかったり、靴の一部分が破れておられる方がちらほら見受けられます。 普段、施 ...

-認知症・介護
-