高齢者の介護や認知症・食事・健康・病気等を掲載しています。

高齢者の介護とレクリエーション

転職・就職

無資格の人が介護関連の資格を取得した方が良い最大の理由とは

投稿日:

介護のお仕事というものは、無資格未経験であっても就業することができるお仕事です。

そのために介護業界に初めて転職を使用とする人でも、その敷居は低く設定されていると言っても良いでしょう。

そのために興味があれば、飛び込んでもらいたいと正直に思います。

しかし介護業界に長く勤めておられる方でも、介護関連の資格を取得しようとなさらない方が多くおられます。その人達にお話を伺うと・・・

「資格を取っても、それほど給料は上がらないから」
「無資格でも出来る仕事だから」
「いまさら資格を取っても何も変わらない」
「私は経験があるから学ぶことはない」
「自宅で介護経験があるから資格など取らなくてもわかる」

と、このように仰る方が多くおられます。

果たして介護業務は本当に資格は必要ないのでしょうか。

実は介護関連資格を取らない事によるリスクというものは数知れず存在します。

無資格のまま介護業界にいるリスクについてお伝えしていきたいと思います。

1、介護に対する奥深さがないリスク

介護というものは学んでみて初めて分かるものですが、実は奥の深い学問なのです。例えば大学生が4年間の間に福祉を専攻して、深く学んで国家資格を取得するという事は普通に行われている事です。もしも資格が必要ないということであれば、学校に行く意味がまったくないという事になってしまいます。

介護というものは、例えばオムツ交換であるとか、食事の介助であるとか、一般的にイメージされている介護だけではなく、福祉の考え方や制度の事、医療の知識など複雑な事をたくさん学ばなければならないものです。

オムツ交換ひとつとって見たとしても、利用者それぞれにオムツ交換の仕方は異なります。またオムツを付ける事自体、適切なのか不適切なのかという事はその人の排せつの状況だけで判断されるべきものではなく、その人の気持ちなどにも寄り添いながら決定していくべき事でもあります。

病気や障害の程度によっても変わるかもしれません。介護の方法が間違っていた事によって、病気の進行を早めてしまう可能性もあるのです。また利用者を怪我させてしまうこともあります。

要するに経験によって多少の技術があったとしても、その奥深くについて考えなければならない部分にまで自分の考えが及ばないということが最大のリスクになります。やはりこれは資格取得者と比べると歴然であると言わざるをえません。

自分の経験がすべてノーマルであったり、標準だと思いこむことは大変恐ろしい事です。経験は知識の上に成り立たないと、大変なことになってしまうリスクが高いという事を自覚してほしいと思います。

2、自分自身が怪我などをするリスク

利用者を怪我させてしまうといったリスクについては、先ほど述べたとおりですが、自分自身を傷つけてしまう可能性もあるという認識が必要です。

そもそも自分が身に付けた経験による介護技術というものが、自分にとってはやりやすい方法であったのかもしれませんが、それが本当に正しい方法なのかというのは自分自身で判断付かない事だと思います。

介護技術についてはボディメカニクスを用いるという事が近年まで主流でした。
まずボディメカニクスはどういうものかと言いますと、出来るだけ自分自身に負担をかけないように利用者に対する介護を行うというカラダの使い方の事を言います。

無資格の人が身につけている介護技術においても、誰か先輩職員が行っていたボディメカニクスであるとは思いますが、実はこのボディメカニクス自体、5年前のものと比べるだけでも随分違うのです。

介護技術というものは日進月歩で進化してきています。
ですので仮に国家資格を持っている介護福祉士であったとしても介護技術の研さんは行い続けなければなりません。それほどまでに進歩してきているからです。

無資格者が陥るワナは、自分は知っているからと、それ以上勉強しないところにあります。それが一番怖いのです。ですから以前教えてもらった事を行っていた事で、自分自身に負担が蓄積し、ある日腰痛を起こすなど自分自身に何かしら怪我などを起こしてしまう事に繋がるのです。

また近年はロボット技術が開発されていて、利用者に対しても介護職員に対してもボディメカニクスよりもはるかに負担のかからない技術が開発されています。ロボットと言っても、ロボットがすべて行うというイメージではなく、介護職員が操作するものや、介護職員そのものに装着して負担を軽減するようなものもあります。

そのような介護に対する技術もどんどん進化していますので、介護関連資格の講師であっても、その技術革新についていくことが大変だと話をするぐらいです。自分の身を守るためにしっかりと学習する機会を設けるという考え方はとても大事です。

3、資格取得がないと学習の機会がない

自分自身を高めていくためには、その場に飛び込んでいくという勇気が必要になります。しかし学ぶ事を放棄した人は、自分自身は知っているからとすべてを放棄する方がおられるのです。

先ほどからお伝えしている通り、介護というものは自宅で介護をした経験があるというくらいで務まる仕事ではありません。仕事を始めるきっかけとして、自宅でも介護経験があるというのはもちろん認められる事ではありますが、介護の仕事をし続けるために必要な経験としては不十分であると言わざるをえません。

資格をきちんと取得していきた人は、介護に対する知識を深めていく重要さをしっかりと意識されています。ですので資格を取得してもそのままではなく、別の研修を受講されたり、上級の資格を目指されたりします。そこで新しい事を学んだり、最新の情報を掴んだりする中で、その知識を自分のものとします。

資格を取得しようとしない人は、そもそもその意識がまったくありませんから、すこからステップアップすることもありませんし、むしろ自身のレベルを下げている事に繋げてしまっているという事に自覚する事もありません。

いかがでしたでしょうか。
介護関連の資格は、介護の経験がなくても取得できる基礎的なものもありますので、これから介護業界に進んでみたいという人や介護に興味があるという人でも取得してみると良いと思います。

介護の資格で基礎的な資格と言えば「介護職員初任者研修」になります。以前はヘルパー2級という名称でしたが、カリキュラムなどが改正し、現在の名称となっています。

基礎的な知識や技術について、しっかりと学習でき、また施設の見学や実習も行う事ができますので、本格的な学習ができ、できる介護業務の幅も広がります。まずはこの基礎的な資格からでもスタートしてみると良いかと思います。

また現在無資格で介護業務をしている人は、働いている法人には資格取得制度があるかもしれません。資格取得費用を法人が出してくれたり、勤務扱いとして資格スクールに通えたりすることが可能になります。法人によってその取り組みが違いますので、担当者に問い合わせてみるとよいでしょう。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-転職・就職
-