高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

プレゼント

高齢者の方へのプレゼントを何にするか迷っている人のために

更新日:

高齢者へのプレゼント

高齢者の方へのプレゼント選びに悩んでいる方へ

プレゼントを渡そうと思った時は、まずプレゼントを渡す相手の喜ぶ顔を想像するのではないでしょうか。

せっかく厳選して決めたプレゼントなので、喜んで貰いたいに決まっていますよね。

ですが、実際は「何を渡したらいいんだろう…」「喜んで貰える物ってどんなプレゼントだろう…」と、決まるまでは悩みの種になってしまう事も多いはずです。

今回はそれぞれのシーンに合わせたプレゼントの例を挙げていこうと思っていますので、プレゼント選びに困っている方は是非参考にして下さいね。

ここで私からそのプレゼントに1つプラスして貰いたい事があります。それは「感謝の言葉を添える」です。

面と向かっては恥ずかしくてなかなか言えない事や、いつも思っているけど伝える機会がない事など、一言でもいいのでメッセージを添えるだけでグッと気持ちが伝わる事間違いなしです♪

母の日

母の日は、日頃の感謝の気持ちが込もったプレゼントを選ぶかと思います。自分の母親に渡すのはもちろん、旦那様のお母さまへプレゼントを考えるという方も多いはずです。

事前に欲しい物などについて調査できる環境だとプレゼントに悩まずに済みますが、そうではない場合はどうしたらいいのでしょうか。日頃の疲れも吹っ飛びそうな、渡すと喜んでくれる事間違いなしのプレゼントを集めてみました!

母の日に贈るプレゼントを迷っている方へ

父の日

母の日同様、父の日も日頃の感謝の気持ちを込めたプレゼントを渡したいですよね。母の日の場合は、プレゼントに困った時には「カーネーション」という手がありますが、父の日はどうしたらいいんだ…と悩む方が結構多いはずです。

父親の欲しい物がわからない場合も、参考になるプレゼントを厳選してみました!

父の日のプレゼントはどんなもがあるのか聞いてみました。

敬老の日

敬老の日は「いつまでも健康で元気で」「長生きしてね」などの気持ちを込めたプレゼントを選ぶかと思います。でも実際、高齢者の方に話を聞くと「会いに来てくれるだけで嬉しい」「一緒に食事をするだけでいい」など、直接顔を見て話をしたいと思っている方が大半なようでした。

直接会いに行く事ができない場合は電話でもいいですし、高齢者の方が笑顔になれるようなサプライズを考えてもいいですね。形に残るプレゼントの例も挙げておきますので参考にしてみて下さい^^

敬老の日に贈るおすすめのプレゼント

クリスマス

クリスマスは子供だけのイベントではないんです。もちろんカップルのためでもありません。出来る事ならみんなでクリスマスを楽しみたいですよね♪

クリスマスは冬の寒い時期なので高齢者の方へ渡すプレゼントは、体調を気遣い寒さを和らげるグッズを選ぶ方が多いようですね。

寒さを和らげるグッズも含め、高齢者の方へのクリスマスプレゼントとして最適な物は他にないのかなどをまとめてみました♪

おばあちゃんやおじいちゃんへクリスマスプレゼント何を贈りますか?

還暦祝い

伝統的な還暦祝いは「赤いちゃんちゃんこ」を思い浮かべるかと思いますが、その理由は【暦が一巡した事で、もう1度産まれた時に戻る】という意味が含まれています。そのため、赤いちゃんちゃんこを着るのは、日本古来から赤ちゃんの産着に赤色が使われていたところからきているんですよね。赤色は縁起がいいとか、魔よけの意味も含んでいます。

還暦祝いだからと言って特に決まったスタイルはありませんが、家族や親戚などが集まって「赤」にまつわるプレゼントを送ったりするのが一般的となっているようです。

還暦と言っても今の時代はまだまだ元気な方が多く、お祝いされる事に対して「高齢者扱いされているようで嫌だ」と思っている方もいれば、「もう還暦祝いされる年になってしまった」と自分の年齢を改めて実感するという方もいますよね。

では、還暦祝いにふさわしいプレゼントを紹介していきますので、参考にして貰えると嬉しいです。

長寿祝い

還暦祝いの次は、数え年で

  • 70歳の【古希(こき)】
  • 77歳の【喜寿(きじゅ)】
  • 80歳の【傘寿(さんじゅ)】
  • 88歳の【米寿(べいじゅ)】
  • 90歳の【卒寿(そつじゅ)】
  • 99歳の【白寿(はくじゅ)】
  • 100歳の【百寿(ひゃくじゅ、ももじゅ)】

などがあります。

還暦は「赤」という印象が強いかと思いますが、長寿祝いにもそれぞれ色があるのをご存知でしたか?ちなみに簡単に説明すると、古希・喜寿・傘寿は「紫」、米寿は「黄」、卒寿はまた「紫」となっています。

長寿祝いに合わせて家族が集まると言った話も良く聞きますが、そんな時に渡すプレゼントはどんな物がふさわしいのか悩みますよね。色も参考にしながらプレゼントを選ぶのもいいかも知れません。

おばあちゃん、おじいちゃんへの誕生日プレゼント

おじいちゃん

「そろそろおじいちゃんの誕生日だけど、何をあげたら喜んでくれるかな…」って思いますよね。いざおじいちゃんの事を考えてプレゼントを選ぼうとしてもなかなか「これだ!」というプレゼントが見つからない事ってあると思います。

直接聞いてみても何もいらないと言われるでしょうし、むしろ欲しい物をストレートに言って貰えた方が楽な時もありますよね。

今回は少しでもプレゼント選びの助けになればと思い、いくつか紹介してみたいと思います。

おばあちゃん

おばあちゃんの誕生日が近づいてきたら「今年は何をプレゼントしよう…」とか「毎年プレゼントを渡してきたけど、今年はもうネタ切れだ!」なんて状況になる事も少なくないかと思います。でも、どんなプレゼントを渡すにしても背景には「おばあちゃんいつもありがとう」という気持ちが込められているはずです。

どんなプレゼントでも喜んでくれるかと思いますが、せっかく渡すからには心から喜んで貰えるようなプレゼントを贈りたいですよね。プレゼントに困った時に参考になるようなプレゼントを集めてみました。

おばあちゃん、おじいちゃんへの誕生日プレゼントは何を贈りますか

高齢者の方へどんなものをプレゼントしたか聞いてみました。

プレゼントを贈るとき、何が喜ばれるのか悩みますよね。
それが自分と年齢が違うほど中々好みの物を選ぶのは難しくなるのかもしれません。

家族であっても、同じものを好きとは限らないです。
年を重ねるごとに好みも価値観も変わってきます。

私も昔、祖母にお茶碗と箸をプレゼントしたことがあります。
小学生でしたが、祖母の好みに合いそうなものを考えて贈りました。
落ち着いた色合いの物であれば良いかなと。

結果はというと・・・・焼き物でしたので、重かったそうです。
笑って「あまりご飯を食べさせない気?」と言われました。

良いかな?と思ったのですが、そこは考えていませんでした。
確かに片手持ちますし、さらにご飯が入ると重かったです。
でもその後もずっと使い続けてくれましたけども。

みなさんは物を贈るとき、何を基準にしますか?

例えば趣味がある方なら、趣味の物でしょうか。

好きな食べ物を知っていたら、それを買っても良いのかもしれません。

でも、お父さんもお母さんも昔とは違う部分もあります。

贈る前に少し考えてみるのも大切なのかもしれません。

例えば食事制限があるなど。
血糖値、血圧、コレステロール・・・・。
気にしているのであれば、注意して選んで見た方が良いかもしれません。

お花なら喜んでくれるだろう。花束やアレンジ色々あります。
そういって贈る前に、もし贈ったらどこに飾るかな?と考えてみてください。

寝室や、もし入院など部屋に他の方がいる環境なら、香りの強いものは避けた方が良いです。
それから、ユリ、バラなど香りの強いものが苦手な方もいます。

また花瓶があるか、ないならアレンジメントにしてみるのも良いですね。
身体が不自由なら水を取り替えたりができるのかも考えてみてください。

趣味のある方なら、それ関係の物でもいいかもしれません。
注意するのは同じもの持っていないか?
後は何が欲しいかなどがわかれば一番喜ばれるかもしれません。

いろんな視点から考えれば結構候補は出てくると思います。

ただ、このリサーチが難しい場合もあります。

離れて暮らして長い方はもちろん、一緒にいても知らない方もいらっしゃるでしょう。
身近な存在でも好みがわからないことも多いです。

例えばホームに入っていたり、ヘルパーさん、グループホーム、など親しい方に聞いてみるのも良いです。

もしくは聞けるならご本人に聞く、というのも一つの方法です。

例えば「もうすぐ母の日だね。プレゼントなにがよい?」

そんな相談をすること、そのコミュニケーションもプレゼントのおまけの一つになるかもしれませんよ。

話に耳を傾けてくれる、関心を持ってくれる。

自分に何かを贈りたいと思うという気持ちを向けられることを求めているのかもしれません。

プレゼントというと「物」だけにとらわれがちですが、電話をしてくれる、会いに来てくれると言う事。
そういった「気持ち」もプレゼントなんです。

何にもいらないよ、と言われることもあるでしょうし、なんでもいいよ、と言われるかもしれないです。

そうしたら一緒に選べるなら選びに行ったり、無理ならこういうのはどう?と提案をしてみたり。

いらないと言われても、「たまには良いじゃない?」「贈りたいんだ」と伝えられるのもうれしいものだと思います。

決まった型はないんだと思った方が、選びやすいのではないでしょうか?

どんな人か考える、わからないなら知ってみる。

そこから始めてみるのも楽しいかもしれません。

選ぶなら、楽しんでみてはどうですか?

88歳の誕生日をむかえた祖母に、長野でうまれた「ねこはんてん」をプレゼントしました‼︎
冬場、背中が寒い寒いと言う祖母に何か良いものはないかとネットでみつけたねこはんてん。着膨れせず肩、背中、腰があったかく、袖がないので趣味の編み物や裁縫の時邪魔にならず、しかも軽いので肩も凝らずに良いととっても喜んでもらえました‼︎
健康グッズをプレゼントした時に喜ばれました。足指パッドなどです。健康をテーマにしたテレビ番組や主婦層をターゲットにした情報番組の中で高齢者のウォーキング時にもおすすめだと取り上げられていたものの、実際にドラッグストアやスーパーで見かけたことがなく購入に至っていなかったのとことでした。こういった「なければない」で済んでしまうグッズをプレゼントされるのは嬉しいと言われました。
先月祖母の誕生日に血圧計を楽天で購入しました。その血圧計をプレゼントしたらとても喜ばれました。液晶画面の表示がとても大きくて見やすく、また使い方も難しくなかったのがよかったようです。また購入側もお値段もお得だったのがとても魅力的でした。しっかりした血圧計は値段が高いものが多かったので本当に助かりました。
シロカの電気圧力鍋です。お世話になっている料理好きな高齢者の方にプレゼントしたのですが、電気圧力鍋はつきっきりで火加減を見ていなくても料理ができるので、料理をするのがとても楽になったと喜ばれました。最近は、電気圧力鍋を使った料理のレパートリーを増やすのが楽しいそうです。電気圧力鍋を活用して料理を楽しんでくださっているようで、プレゼントしてよかったなと思います。
楽天にて靴下を購入しました。
毎年恒例になっている敬老の日のプレゼントとして買いました。はきやすいということと滑りどめがついていることで選びました。歳をとると脱ぎはきが楽なものがいいと思い、滑ってころんでも大変なので、そして、あげたところ、着脱が楽だと喜んでくれました。色も好みそうな色合いが結構あったので喜んでもらえました。
70代後半の義父に、父の日の贈り物として日本酒を購入したことがあります。義父の好みは勿論、私自身も日本酒が好きなので多少の知識があったため、酒類や蔵元の場所などにこだわって探しました。数多く揃っている商品の中からこれだと思った日本酒を購入し、義父のもとへ送りました。好きなものが贈られることはいいねと大変喜んでくれました。
一人暮らしの祖母に、有田焼プレゼントしました。こんなグッズがあることにまず驚かれ、グリルを洗うのが面倒だったのが魚が美味しく焼けて洗うのも楽になったと喜ばれました。皿に溝があるので余分な脂が垂れるし、電子レンジでも使えるので便利だそうです。サイズも一人用には丁度良く、かなり使ってくれているみたいです。
今年74歳になる祖父はテレビゲームが大好きで、時間がある分私の子供より長時間遊んでいると思います。
携帯機やスマホは見づらいとのことで、テレビに繋いで遊ぶ昔ながらの据え置き機が好きとのことです。
先日、プレイステーション3のコントローラーが反応しなくなったというので、新しいものをひとつプレゼントしました。あまり長時間遊びすぎないように言っているのですが、
よく子供を預かってもらっているのでキツくは言えません。
遠くに住んでいる祖母がいます。高齢で、寝たきりで、ボケも始まっていて、私のことも認識出来ないときもあります。
でも、少しでも生きる気力をつけ、少しでも生きている時間を有意義に過ごせないものかと思い、千羽鶴を私の子供達と一緒に作りました。
それにより、少しでも元気を出してくれたらいいな、と思います。
寝たきりだと何も楽しみもないようなので、千羽鶴と子供達の写真も送ってみました。
高齢の両親には、未だに何でももらうばかりでこちらから贈り物をする事はほとんどない。二人とも元気に仕事にも行っており、趣味の畑で野菜の栽培もしているので野菜などはしょっちゅうもらっている。
感謝の気持ちを込めて本当に喜んでもらえる物を贈りたい。
両親はテレビを見るのが好きだ。実家のテレビは部屋に対して小さいように思う。
最近は高性能のテレビでもかなり買い求め安く購入出来るようだ。
お正月までに、部屋の大きさに合う操作の簡単なテレビを贈りたいと思っている。
昨年寝たきりになってしまった祖母に誕生日のプレゼントを贈ろうと考えた際、実用的で肌に身に着けられる物をと考えて肌着を数枚とパジャマをプレゼントしました。
肌触りが良くて着心地が良い物を祖母の介護をする母と選んでみたのですが、涙を流して喜んでくれました。
他の兄弟達は部屋に飾る置物やお花などを贈っていましたが、祖母からも私からのプレゼントが一番嬉しいと言っていました。
祖母はオシャレな人だったので、とても着る物などにはこだわりをもっていたので喜んでもらえて嬉しかったです。
65歳になる母に携帯をプレゼントしました。
スマートフォンは使いこなせないので電話とメールができる機能が付いている携帯です。
足腰が悪くなってきているので家の電話機まで取りに行くのが大変ですので、常に近くに持っていられる携帯だと安心ですし、連絡も取りやすいので良いですね。
メールは面倒なようで時間もかかるそうで、何かあると携帯から電話をかけて来ますが、短縮ボタンに家族の連絡先を入れているので、番号が分からなくても大丈夫なように設定しています。
私は、80歳を超える祖母に毎年送っているものがあります。
それは、綺麗な下着をプレゼントしています。
人に見えない部分ですが、だんだんと年をとるにつれて、楽で地味な下着を選びがちですが、いつまでたっても、女は女ですし、いきいきと生活して欲しく下着を送るようになりましたが、祖母も喜んでくれ、下着がきれいだからと服装にもまた気を使うようになり、出かけるのも楽しそうにしています。
いつまでたっても、きれいで、元気に年を重ねて欲しいと思います。
祖母に贈り物をしたい、と思った時とてもモノ選びに苦労しました。
無趣味というわけではないんだけど、着るものや食べるものに執着しない人なので、何を贈ったらいいか思いつきもしませんしでた。
ネットで見つけて「これは」と思ったのが野菜の栽培キット。
早速注文して贈ったらとても喜んでもらえました。
自分の手でなにかを作る、という所がとても気に入ってくれたみたいです。
そういえば自分が産まれた時のオクルミやおむつも祖母の手縫いでした。
既製品もいいけど、やはり手で作れるものっていいですね。
私の母親は年を重ねるにつれて風邪を引きやすい体質になっているようで、これからの寒い季節になると心配で仕方がありませんでした。
そこで私が高齢の母親に送りたいプレゼントは電気毛布です。週末になると電器店の広告が新聞の折り込みに入ってくるので毎週電気毛布の事が気になっていたのです。
これさえあれば寒い季節になっても電気毛布一枚を敷いたりするだけで常にポカポカ状態でいられるようになります。他に電気あんか等もおすすめかもしれないです。
私の出産などでなかなか会いにいくことができなかった私のおばあちゃんに先日久しぶりに会いに行きました。
しばらく会っていなかった間にすっかり小さくなったように感じました。
何もあげるものを用意していない、ごめんねーというおばあちゃんに胸がキュンとしました。
次に会いに行くときは私から何かプレゼントしようと思い、いろいろ模索していました。
それで、思いついたのが、ラジオです。
私も大好きでよく聞いているラジオ。テレビよりなんだかあったかくて一人を寂しく感じさせない、これを聞きながら大好きな編み物また始めてほしいなと思います。
敬老の日に、祖母に「肩当て」をプレゼントしました。
秋から冬になるといつも寒いと言っている祖母なので、いつでも温かく快適に過ごしてほしいと思ったのでプレゼントに選びました。
上質な羽毛でできており、ふんわりと柔らかいので肩が凝りませんし、首や肩、背中などを温めると風邪をひきにくいと書かれていたので、いつまでも健康で元気に生活してほしいという気持ちをこめて、これを贈りました。
部屋にいるときや就寝時に大活躍しているよと祖母に言われて、肩当てをプレゼントして良かったなと思っています。
祖父に敬老の日に私の子ども(祖父から見たら曾孫)の写真を送りました。
私は産まれてからずっと両親と、父方の祖父母と一緒に住んでいました。
祖母は私が高校生の時に他界し、祖父は私が結婚する数年前からケアホームに入所しておりました。
祖父は脳梗塞で右半身が不自由で、喉頭がんにより声帯も取っているので声が出なかったんです。
ケアホームに入所していても、ほぼ寝たきり状態でした。
たまに、顔を見に行ってたんですが私の顔を見るといつも、祖父は涙ぐむんです。
私にも子供が生まれ、100日の写真を撮ったので、祖父のベッドの枕元に写真たてに入れて、敬老の日に飾って上げました。
とても喜んで、また祖父は涙ぐんでいました。
私も嬉しくなり、祖父の手を握りしめ、一緒に泣いてしまいました。
実家の母は、80代です。
周りからは、80代には見えないと言われており元気ですが、やはり若い頃とは違います。なかなか昔の家電とは縁が切れないようで、重たい電気ポットを使っているのが気になっていたのです。
今年の母の日に、ティーファルの電気ケトルをプレゼントし、大変喜ばれています。
少しでも、部屋の雰囲気を明るめにしたいのもあり、ピンクのケトル0.8?にしたのです。とても軽量で、高齢者でも大丈夫です。
また、短時間でお湯が沸くので、とても便利だということです。
祖母にお灸セットを贈りたいです。お灸をして元気に長生きしてほしいからです。
お灸は火を使って危ない、やけどするというイメージがありますが、最近は火を使わないお灸が登場しています。火を使わなければ祖母でも安全に使用できます。
お灸セットにはどのツボが何によいなどの説明があります。初心者でもわかりやすく解説されています。
お灸は体の内側から整えるものです。薬は副作用の心配があるし、健康を増進するものではありません。お灸で体の中から元気になって欲しいです。
足腰が不自由で車いす生活の姑に、温泉旅行をプレゼントしました。
元々外に遊びに行くのが大好きだった姑ですが、車いすになってから「こんな姿で近所に出たくない」と外出をしなくなりました。
しかし温泉なら知り合いに会うこともないでしょう。
場所は県内にある、有名な温泉街で車で1時間ちょっとで行けます。
バリアフリーで車いすも宿泊可能か予め確認してから予約しました。
部屋に露店風呂もついているので、介助すれば姑も入れます。
親戚も含めて8名で宿泊しました。
美味しい料理を食べ、賑やかに過ごすことができて、姑も大変喜んでいました。
私は七十歳を超えた祖母に、ヒョウ柄のバッグをプレゼントしたことがあります。
なぜヒョウ柄の派手なものを選んだのかというと、祖母は昔からとにかく猫が好きでペットの猫も二匹飼っており、おまけに家には猫科の動物の写真やパネルがたくさん飾ってあったりとして、祖母といえば猫好きというイメージが私にはあったからです。
そしてもちろん猫柄やヒョウ柄の小物もたくさん持っていて、たまたまヒョウ柄のバッグを見つけ、祖母にぴったりだと思い、プレゼントをしたのでした。
もう数年前になりますが、おじいちゃんにプレゼントしてすごく喜んで頂いたものがあります。
おじいちゃんの仕事は定年がなく、というか家業なので、定年関係なく働いています。
体力勝負の仕事なのに今でも現場でがんばっていました。
そんなおじいちゃんが体を壊し、少し休むことになりました。
分では大丈夫だと思っているので、すっかり元気をなくしてしまったおじいちゃんにどうにか元気を取り戻してもらおうと考え、やっぱり体が動かしたいようだったので、ジャージの上下セットをプレゼントしました。
ウォーキングでも始めてみたらと渡すとすごく喜んでくれました。
それを着て早速ウォーキングを始め、今でも続けています。
私の母親は数年前から膝の痛みを抱えていて病院に行っても改善されることはないようです。サポーターを巻いたり整骨マッサージに通ったりと手は打ってきたようですが、どれも効果がないようでした。そこで私が高齢の母親にプレゼントしたい物は杖です。
高齢になっても一人で外を出歩く母親に必要な物は絶対に杖だと思いました。膝の痛みを抱えているのなら支えが必要になってくるので杖が痛い足の方を庇ってくれるはずです。杖にも様々な種類があるので数本購入してプレゼントしようと思います。
田舎の祖父母に健康茶を贈りたいです。以前遊びに行ったときにごぼう茶を飲んでいて、健康茶に興味を持っているようだったからです。
ごぼう茶はむくみ解消、血行促進など体によいお茶です。しかし、同じものばかり飲んでいては体のバランスが崩れる恐れがあります。同じものでは飽きてもきます。
体によいお茶には、よもぎ茶、黒豆茶、杜仲茶など数多くのものがあります。田舎のスーパーにはこういったお茶が売っていないようです。パソコンを使えないので通販も利用できません。そのため、健康茶を贈ってあげたいです。
高齢者というには少し若いかなと思いますが、私の高校時代の友人の知人で、仲良くさせて頂いている方がいます。
母よりも少し年上のその女性は、私たち30代とも年齢の壁を感じさせないおしゃべりで、とても楽しい方です。私たちが食事で集まる時に呼ぶととても喜んでくれます。その方に先日ランチをご馳走して頂きました。
いつも楽しませてくれてありがとう、とそのお礼にみんなで何かプレゼントしようと話し合い、最近少し元気がないので、夜ゆっくり快眠できるようにとオリジナルで作れる枕のチケットをプレゼントすることにしました。
本物志向の知人にぴったりの贈り物になりました。
テレビで認知症患者に若いころに聴いていた音楽を聴かせると、昔の記憶が蘇ったり良くしゃべったり活動的になったりと良い効果をもたらすというのを知りました。また、私が通っていた短大の音楽科の生徒が、音楽療法という音楽を用いて心身の障害を回復させるという方法を老人ホームで実施したところ、施設の職員が驚くほど入所者さんが生き生きとしていたというのを聴き、高齢者へのプレゼントはその方が若いころに聞いていた音楽が良いと思いました。
お年寄りになるとおしゃれに興味がなくなる人も多いと思うのですが逆にお年寄りだからこそおしゃれをしているとぐっと引き立つような気がします。若い人が好むような派手めのおしゃれではなく上品さや清潔感が漂うような洋服を選んで贈ってあげたいです。
誕生日プレゼントに贈ったのですが、とにかく甘いものが好きなので、お菓子を贈る事はすぐに決まり、その中でも抹茶のお菓子が大好きなので、いくつか候補を絞りました。最終的には和菓子がいいのかなというのと、少し安くなっていた事もあり、抹茶大福を購入して贈りました。
運動不足解消にウォーキングをはじめるきっかけにしてあげたいです。その為には、ちょっとやってみようかなと思わせるカラフルでおしゃれなシューズがないかな~と探しています。
祖母は最近自分の痴呆が進んできているのではないかと心配していたので、塗り絵と色鉛筆を贈りました。塗り絵でどこにどの色を配置するか考えることは脳を活性化するらしくて、痴呆予防になるそうです。塗り絵と言っても子ども向けのものではなく、最近は大人向けの綺麗な物、脳の為によいと書いてある物があり、そのような物を選びました。とても喜んでくれて、「塗り絵なんて何年ぶりかしら」と言いながらやってくれているようです。
女性なら誰でも花束でもフラワーアレンジメントでも、花を貰うのは大好きです。
おうちの中が明るく、綺麗になることによって、高齢者の方の気持ちも明るくなると思います。 また、フラワーアレンジメントなら、花瓶に活ける花と違い水も2.3日に一度上から注ぐだけでよいので手間も掛かりません。
祖母は花がとても好きなので、プレゼントにあげるならホームセンターなどで売っている珍しい花の苗を何個か購入して100均などで販売されている鉢などに詰め合わせて、可愛くラッピングしたりピッグなども手作りで作り、鉢に刺して世界に一つだけの植木鉢を作成してプレゼントしたいと思います。
父の誕生日が近づき何がほしいか電話をかけると「長嶋さんの本」との答え。病気療養中で出かけることもできず、レアな本は田舎の書店ではなかなか手に入らないからです。インターネットで探して、絶版になっているものも含めて三冊贈りました。青春時代のスターは年をとっても変わらないのだそうです。父が自分では探せないものを贈れて良かったです。
自分の父母に海外旅行をプレゼントしたいです。 理由は、海外旅行に行った事がない為、人生一度きりですし味あわせてあげたいです。
最近、私の子供が産まれもう少し大きくなり、一緒に行ったら尚喜んでくれると思います。
祖父母に贈りたいのは、温泉旅行です。祖父母は温泉が好きなのでたまには二人でのんびり温泉に入って美味しい物を食べてのんびりして欲しです。
アロマテラピーは高齢者の方でも楽しめると人気がありますし、香りを嗅ぐ事によって認知症の改善や予防にも繋がるので健康と言った意味でも喜ばれる贈りものだと思います。
洋服は、好みもあるので親しい方に限定されてしまいますが、特に女性の場合おしゃれすることを意識するだけで精神的に若々しくいられるのではないでしょうか。
祖母はとても温泉が好きです。いつも朝に入浴に通っているそうなので、行きつけの温泉施設の回数券をプレゼントしました。温泉でリラックスしてこれからも長生きしてもらいたいと思ったからです。とても喜んでもらえました。
お正月に、久しぶりに祖母の家に行きました。
足腰の悪い祖母は、ほとんどコタツの座椅子が定位置。
立ち上がったり、歩くのも辛そうな祖母は、喉が渇いたときなど、何度も立ち上がらなくていいように大きめのマグカップに、飲み物をいれて手の届くところに置いていました。食事中お茶を飲むほか食後に、大量の薬を飲むために飲み物が入った大きめのマグカップは、祖母が片手で持つのには重いらしく、見ていても危なっかしい感じでした。 軽量という名の食器が売っているのを知っていたので軽量マグカップを探してプレゼントしたら、とても喜んでくれました。
高齢者が家の中で体に負担を与えないように過ごすために、自宅で快適に過ごせるようにリラックスできる座椅子を贈りたいです。ゆったり過ごせて、電動で背もたれの部分を調整できる商品も送りたいですね。
小さい頃の育った場所の動画を撮ってきて、プレゼントとして見せて上がるととても喜んでくれます。 懐かしいというのもあるのですが、夢を見ていた子供の頃を思い出して今さらながら生きる勇気が出るとの事です。
高齢者になった母親に見せたら泣いて喜んでくれました。長生きして欲しい親族の方がいるならぜひお勧めです。
高齢になっても食事は自分で作ったりしていますが、たまにお惣菜も購入しているようです。頻繁に買い物に行く事も大変ですので、私がインターネットで注文し、冷凍物で食べたい時に、レンジや湯煎で解凍ができて、食べられる物を贈った事があります。
祖母の誕生日に観葉植物を贈ろうと思っています。祖母の趣味は、畑仕事だったのですが、体が悪くなり、もう畑仕事をすることができません。
何かを育てることが好きだそうなので、お手入れは簡単な観葉植物だったら体が悪くなった祖母でも育てられると思いました。
観葉植物でも、一人暮らしの祖母の話し相手にならないかなーとも期待しています。
私の70歳の伯母は、交通事故による手術で、両足の長さが違ってしまいました。外を歩くには靴で調節できるので大丈夫なのですが、家の中は大変なのです。ですから、畳の上でも歩きやすいように、滑り止めがついた靴下を贈りました。

-プレゼント
-