転職・就職

転職への第一歩!退職の意思を上手に伝える方法

投稿日:

求人サイトをチェックするのが習慣になっていて大体の目星もつけているけれど、勤務中の施設に退職の意思を伝えられないために前へ進むことが出来ない、なんてことはありませんか。

時期や人員不足などを気にして躊躇していると、いつまでもズルズルと働き続けることにもなり兼ねません。

今回は、そのあとに続く転職を成功させるために、施設に退職の意思を上手に伝える方法をご紹介します。

退職理由を明確にする

退職するにあたって、一番ネックになるのが退職理由です。介護士としてある程度キャリアがあれば、これまで退職を申し出ながら引き留めにあい、何だかんだでうやむやにされた先輩の姿を見たことがあるかも知れません。

人員不足に悩む施設では、まず間違いなく引き留めにあいます。

給与のアップや夜勤の回数を減らすなど、耳に心地良い条件を提示されることもあるでしょう。

言質をとり待遇をよくするのも一つの手ではありますが、『辞めると言いながら条件を出したら引っ込めた』ということで足元を見られるおそれがあります。

では、介護士の先輩たちはどんな理由で退職できたのでしょうか。

『結婚』『出産』『育児』といった生活の変化、『心身の不調』『腰痛』『家族の看護や介護』などが多いようです。

生活の変化や家庭の事情による退職は、引き留めようとしても、他者の努力や働きかけでどうなるものでもないため、施設側も受け入れざるを得ません。

心身の不調や腰痛も同様に、介護士の退職理由としてはよくあることのため仕方ないと理解してもらえると思います。

ただ、家族の看護や介護を理由とした退職も他の業界でならば通用するかも知れませんが、介護業界に限っては慎重にいかなければなりません。

介護の現実を、長年の経験から施設側は熟知しています。介護にはお金がかかること、またストレスを溜めないよう適度に息抜きをした方がいいことなどから、退職せずに短時間勤務や隔日勤務などの新たな働き方を提案されるおそれがあります。

看護や介護を理由とした退職が真実ならばいいですが、単なる口実の場合引き留められた時にかわすのがより困難になってしまいます。

複数の施設を経営している法人の場合、利用者候補として確保しようとあの手この手で営業をかけられる可能性もありますので注意して下さい。

あとで苦しくならないように、無理のない理由を考えましょう。

伝えるタイミングはいつ?

介護士は他の仕事と異なり、一斉に始業時間と終業時間を迎えるわけではありません。

24時間稼働の施設の場合は特に、切れ目なく働いているため施設長や上司に伝えるタイミングに苦慮すると思います。

就業時間が始まってしまえば仕事に追われ話す機会がなく、休憩中も大勢人がいて話す雰囲気ではないなど、タイミングを見つけられずに『また今日も言えなかった』という事態になりがちです。

そういう時は、思い切って『お手すきの時で構いませんからお話があります』と一言伝えておきましょう。

そうすると、施設長や上司の方からお互いに忙しくないタイミングを見計らって機会を作ってくれます。

また、こうして一言伝えておくことで、『わざわざ話したいってことはもしかして辞めたいのかな』と何となくこちらの意図が伝わり、このあとの話がスムーズに運ぶかもしれません。

出勤時の挨拶のタイミングで伝えてもいいですし、もし直接言いづらく個人的に電話番号やメールアドレスを交換している場合、前もって話したいことがある旨を伝えてもいいかも知れません。

しかし、退職の意思まですべてを電話やメールで済ますのは辞めましょう。

それが社会人としての最低限のマナーです。

イベントの時期は避けよう

介護施設では、春は花見、夏は納涼祭、秋は紅葉狩り、冬はクリスマスという具合に、季節ごとにイベントを計画することが多くあります。

それ以外にも誕生日会や施設によっては毎月イベントを催していることもあるでしょう。

その場合は通常業務をこなしながら準備をしなければならないため、普段から忙しい施設がより忙しくなります。

この時期に退職の意思を伝えるのは、いくら退職の理由がやむを得ないものであっても反感を買いやすいです。

残りの1か月や2か月を快適に過ごすためにも、最後の出勤日がイベントの時期と重なるのは避けましょう。

ただし、準備を存分に手伝って片付けまできちんとこなしてから退職するのなら、そのイベントが最後の思い出作りにもなるためいいと思います。

思い残すことなく楽しめるといいですね。

退職のタイミングを逃さない!

退職したいと思っても言いそびれたままでいると、同僚に先を越されたり妊娠による退職や産休などで、より退職が困難になる可能性もあります。

言い出しづらかったり職場の状況に配慮する気持ちもわかりますが、退職は早い者勝ちです。待っていても状況が好転することはありません。

辞めたいと思った時が辞め時です。タイミングを逃して後悔しないようにして下さい。

-転職・就職

Copyright© 高齢者の介護とレクリエーション , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.