介護業務でステップアップ!サービス提供責任者の業務について

サービス提供責任者へ転職

介護のお仕事において、ステップアップを考えている方は多いのではないでしょうか。介護業務では、経験や知識などを積んでいくことで、ステップアップすることが可能です。

例えば訪問介護(ヘルパー)でのお仕事であれば、サービス提供責任者になることが可能です。訪問介護におけるサービス提供責任者とは、訪問介護サービス事業所に必ず1人は配置が必要となる役職になります。

では、サービス提供責任者の仕事は、一般のヘルパーとはどのように違うのか、どうすればなれるのか、なれる見込みはあるのかについてお伝えしていきたいと思います。

サービス提供責任者のお仕事について

訪問介護(ヘルパー)におけるサービス提供責任者は、その配置基準が法令で定められており、利用者40名に対して1名以上の配置を義務付けられています。

サービス提供責任者は、その所属する介護サービス事業所の責任者として、利用されているお年寄りに対する訪問介護サービス計画を立て、サービスを実際に提供するヘルパーに対する業務の指示や人員配置を行います。利用されているお年寄りやその家族にお話を伺う中で、日頃のサービスの状況であったり、満足度の調査を行います。また一般のヘルパーに対して、研修を行うなど職員教育による人材育成を図ります。職員の採用に携わる事もありますし、経営状態を把握し、経営状態の維持向上を図るといった事もあります。
とても広範囲な業務であり、ある意味、経営者的な感覚が必要なポジションであると言えるでしょう。

訪問介護サービス計画書の作成

お年寄りへの訪問介護業務は、担当のケアマネジャーから依頼されることが多く、担当のケアマネジャーのたてた居宅介護計画書(ケアプラン)を基に、訪問介護サービス計画書を作成します。訪問介護サービス計画書には、その利用者に対してどのようなサービスをどのように行っていくかという事について具体的に定める必要があります。その訪問介護サービス計画書を基に利用者から同意をもらい、ヘルパーによるサービスがスタートします。

ヘルパーへの業務指示

実際にたてた訪問介護サービス計画書に従って、ヘルパーによるサービスが開始されます。利用者のニーズに則した日時などに併せて援助に伺うヘルパーを配置します。サービス前やサービス初回などにはヘルパーと同行して訪問し、実際のヘルパー業務を具体的に指示や指導を行います。ヘルパーが単独で訪問するようになってからも、随時介護サービスの状況はどうか確認し、必要であれば業務の改善を指示するなど業務での情報交換を行います。またそのようなやり取りの中から、ヘルパーの悩みを聞き対応するなどのストレスマネジメントにも取り組みます。

ケアマネジャーなどとの連携

サービス提供責任者は、各ヘルパーが行う業務を把握するようにしており、その中での業務に対する進捗状況や問題点などを分析します。その内容については、利用者の処遇向上のために、担当のケアマネジャーが中心で行うサービス担当者会議などにおいて、報告や連絡を行います。
また必要に応じて、他の介護サービス事業所関係者とのやり取りや医療、行政の担当者とのやり取りも必要になります。

事務作業

介護サービスには、必要な書類の整備を義務付けられています。
先ほどの訪問介護サービス計画書もそうですが、フェイスシートやアセスメント、日々のヘルパーの記録、モニタリングなどさまざまな書類が必要となります。またケアマネジャーからのケアプランを受け取ることも必要になりますし、報酬の請求のための書類作成や請求業務も行う必要があります。介護報酬の請求にかかる事務は特に月末から月初が忙しくなります。

事務作業も大変幅広く行う必要があるのですが、これらはすべて介護保険法の基準に則して行う必要のあるものですので、介護保険法の関係法令を把握しておく必要もあります。

サービス提供責任者になるには

どうやってサービス提供責任者になるの

サービス提供責任者になるには、必要な基準を満たさねばなりません。
訪問介護(ヘルパー)においてサービス提供責任者になるには、次の条件を満たしておく必要があります。

  • 介護福祉士、看護師、准看護師、保健師のいずれかの資格取得者
  • 実務者研修の修了者
  • ヘルパー1級の取得者(2013年3月31日までに)
  • 介護職員基礎研修修了者(2013年3月31日までに)
  • 介護職員初任者研修修了者で、実務経験3年以上を満たす者(ただしこの場合、報酬10%減算されます)

上記のいずれかを満たすものでなければなりません。
いままだ資格要件を満たしていないという方については、将来を見越して資格を取得しておく事をおススメします。今すぐ必要がないという方でもいつ何時必要になるかもしれませんし、また自身の知識や技術を深める意味でも取得しておく方が良いでしょう。

ステップアップを考えるならサービス提供責任者がおススメ

サービス提供責任者は、当然、利用者だけでなく家族や近隣の介護サービス事業所、医療関係者や行政などともやり取りが必要になりますので、名刺をその事業所に作成してもらわねばなりません。当然「サービス提供責任者」と記載されており、その介護サービス事業所の責任者として看板を背負う事になります。

それだけ大変な業務ではあるのですが、ぜひ目指して頂きたい業務です。

なぜならサービス提供責任者は、介護に対する知識はもちろんの事、関係者間での積極的なコミュニケーションも必要となることから高いコミュニケーション能力が必要になりますし、どの利用者にどのヘルパーを配置させるのかといった調整も必要になります。またヘルパーの出勤の調整も行いながらヘルパーのまとめ役も行う必要があるために、その人の人柄も大事になってきます。ヘルパーの相談役にもなる必要がありますので、カウンセリングマインドも必要となります。ヘルパー組織の中でのリーダーシップも必要です。

このように多種多様な業務ではありますが、このような経験を積むことでケアマネジャーなど更なるステップアップも望めます。

もしも今現在、訪問介護サービスにおいてヘルパーをされているという方でしたら、所属している介護サービス事業所のサービス提供責任者の業務についても意識してみると良いのではないでしょうか。大変な業務ではありますが、大変やりがいのある業務であるのは間違いありません。報酬をアップさせる事も可能ですし、自分自身もモチベーションも上がる事だと思います。