高齢者の夏バテは寝たきりを誘発するって本当!?

年々夏の気温は高くなっており、7~9月に渡り真夏日や猛暑日という言葉をテレビで連日のように耳にします。

四季の変化は世界に誇るべき日本の魅力ですが、だからといって暑さのあまりバテてしまい、それをきっかけに寝たきり生活になってしまうのでは敵いません。

なぜ夏バテが起きるのか、そしてなぜ寝たきりへと繋がるのかを正しく理解し、今年の夏も元気いっぱい乗り切りましょう!

夏バテは寝たきりの始まり!?

夏バテとは正式な病名ではなく、夏に起きる体調不良の総称であり、その症状には食欲不振や倦怠感(気だるさ)、疲労感など様々なものがあります。

その原因の多くは大きな気温変化にショックを受けた体の防御反応や水分不足であるため、基本的な対応策として体感温度の変化を極力減らし、意識的に水分を取ることが重要となります。

この際、冷房やクーラーに頼りきりになってしまうのは危険です。

なぜなら、このような冷房機器を日常的に使用しすぎると自律神経による体温調整機能が弱ってしまい、結果として夏バテになりやすい体質を作ってしまうことになるからです。

あくまでも冷房機器は補佐的な使用にとどめ、服や寝巻き、寝具などの加減によって体感温度を調整することが好ましいでしょう。

夏バテの主な原因が温度変化と水分不足であることは分かりました。

では、なぜ夏バテが寝たきりを誘発してしまうのでしょうか?

高齢者が寝たきりになる原因の第一位は脳血管疾患ですが、それに続く原因に高齢による衰弱や骨折となっています。

この全てに共通する寝たきり要因として筋力低下があげられますが、夏バテによる食欲不振は栄養失調、倦怠感や疲労感は運動量の低下という形で筋肉量の低下や筋力の低下を起こしてしまうのです。

直接的な原因となるわけではないものの、結果として夏バテから寝たきり生活が始まってしまうことは十分にありえることを理解した上で、私たち介護士は夏の暑さに負けないサポートをしていかなければいけないのです。

適度な運動と水分摂取が暑さに負けない体を作る!

夏場は熱中症や日射病などの危険性から屋内での生活が中心となりがちですが、自律神経の働きを活性化させるためにも適度に体を動かす必要があるため、朝方や午後など比較的涼しい時間帯を利用して積極的に散歩などの運動を取り入れると良いでしょう。

しっかりと体を動かし、水分を意識的に取ることによって夏の暑さに負けない元気な体を作ることができます。

暑い夏を笑顔で乗り切るために、しっかりと的確なサポートを行っていきましょう!