学歴も職歴も関係ない!30代フリーターから介護職で正社員を目指そう!

30代介護職を目指す

自分の趣味や遊びを優先させるためには正社員よりもアルバイトとして働く方が自由度が高く、融通も利くため都合がいいですよね。いつかは正社員になりたいけど、まだいいかと後回しにしているうちに、気付けば30代。

未経験の業種に正社員として就職する場合、若手の育成を目的に30歳を一つの目安とする企業が大半です。30歳になって慌てて動き出したのでは、有利な条件での就職は極めて厳しいと言わざるを得ません。

ですが、人材不足に悩む介護業界なら、未経験から正社員になることが出来ます。今回は30代のフリーターが介護職で正社員を希望した場合を例にとって、考慮するべきポイントをまとめました。

介護に抵抗を感じても大丈夫

介護はトイレ誘導やおむつ交換などの排せつ介助や、同性でも異性でも区別なく入浴の介助をしなければならない仕事です。そのため、抵抗を感じて介護職そのものを敬遠する人も少なくありません。

しかし、介護サービスを受ける高齢者の状態はみんな同じではなく、介護度の低い高齢者は介護度の高い高齢者と比べ、日常生活のほとんどを自分の力で行うことが出来ます。そのため、安全に配慮しながら声をかけて促せば、それほど介護の手を必要としません。

家族との同居や一人暮らしの自宅から、介護サービスを受けるために高齢者が通ってくるデイサービスなら、それほど介護の要素が強くないため、介護士の入門として適しているといえます。介護の適性があるかどうか不安なら、デイサービスから始めてみるといいでしょう。

未経験だから不安

介護士として就職するのに、経験の有無は必ずしも必要ではありません。常に求人が豊富にあり、幅広い世代に門戸を開いている介護業界には、実に様々な業種からの転職者が集まってきています。

これまでに筆者が介護士として勤務した施設には、保育士や美容師などの資格職や、飲食業や販売など介護とはおおよそ無縁と思える職業の人、中には元々下請けの清掃会社で雇用され、施設で働いているうちに介護に興味を持ち転職してきた人もいました。

実は、筆者の夫も元は建設現場の基礎工事を行う仕事からの転職組です。仕事柄、重たいものを持ち上げることが多く鍛えられていたため、何かと力仕事の多い介護現場では重宝されていました。

介護は何から何までマニュアルで決められた仕事ではないため、対応の仕方などに介護士自身の人生経験や社会人として培ってきたスキルが求められる場面が多くあります。
ですから、まったくの未経験だからといって引け目を感じることも、すべてをゼロから積み上げる必要もありません。

介護は正社員でも収入が低い?

いくら正社員の地位を手に入れることが出来たとしても、アルバイトをしていた頃よりも収入が下がっては本末転倒です。

介護職は仕事の割に給与が低いことは、半ば常識のように語られています。確かに、男性介護士の中には家族を養うことが出来ないからと結婚を機に寿退職をする人もいます。
しかし、介護事業者の意識も徐々に変化してきているのです。

質のいい介護サービスを提供するためには、介護士にある程度の給与を保証しなければモチベーション維持に影響を及ぼします。他業種で見られるような、キャリアアップを目的としない退職や同業者間での転職が繰り返されているのは、介護職自体に嫌気がさしたのではなく、多くの場合待遇に不満があるからです。

退職により人員が不足すれば残された人たちは常に業務で手いっぱいで、心に余裕がなくなれば人間関係も険悪になります。その結果提供される介護サービスの質は下がり、利用者数の減少に繋がります。歯止めをかけるためには、ある程度の給与を担保しなければなりませんが、すべての施設にそれを期待するのは無理があります。

社会福祉法人や医療法人など、運営母体の大きいところはそれだけ資力も安定しています。基本給が安くても夜勤や精勤手当などが加わって、手取りとして受け取る金額は悪くありません。住宅補助や食事補助もついていることもあり、その分生活にかかる負担を減らすことが出来ます。

また、そういった施設は資格取得のための費用を負担してくれるだけでなく、資格取得のための専門学校の運営をしているなど、教育や育成に熱心な傾向にあるので、無資格から徐々にキャリアアップを図ることも出来ます。

求人広告や介護専門の転職サイトからも探すことが出来ますが、おすすめなのは施設のホームページを見ることです。
求人広告の限られたスペースでは得られない情報や、経営理念などを見ることが出来ます。

その際にぜひ探していただきたいのが、『ボランティア募集』の文字です。

施設見学を兼ねボランティアとして参加する

大きい施設になると、入浴介助や排せつ介助が重なり職員の手が回らない時間帯などに、手持無沙汰になりがちな利用者の話し相手になったり、折り紙や塗り絵など簡単なリハビリを兼ねたレクレーションを行ってくれるボランティアを募集していることがあります。

介護に興味がある旨を伝え参加してみましょう。一度だけなら職員も利用者家族に見せるようなよそ行きの態度で接してくるかもしれませんから、週に一度でも隔週でも構わないので、打ち解けられるように何度か通ってみるといいでしょう。

そうして通う中で、職員の利用者に対する接し方や、利用者の身だしなみなどをチェックして下さい。言葉遣いが乱暴だったり、利用者の爪が伸び放題で大きな目やにが固まったままだったりすると、その施設は残念ながら良い施設とは呼べません。

しっかりとした介護技術を身に着け、長く勤務するためには、きちんとした介護施設で学ぶことが不可欠です。だめな施設は目に見えてわかります。働きたいと思える施設や先輩たちかどうか、その目で判断して下さい。

介護職でフリーターから卒業しよう!

正社員として働くことは、先々のことを考えると早めに決断する必要があります。

介護職なら30代でも、初めての正社員でも大丈夫です。

ぜひ一度検討してみて下さいね。

介護求人(転職)サイト厳選4つ!職場探しを失敗しないために

2017.09.01