サービス付き高齢者向け住宅に転職する際の注意点とは

いま全国的に増えている「サービス付き高齢者向け住宅」に転職を希望されている方も少なくないと思います。

しかし・・・

サービス付き高齢者向け住宅とは、そもそもどのようなものなのか。

特別養護老人ホームや有料老人ホームとは違うのか。

サービス付き高齢者向け住宅の業務はどのようなものなのか。

サービス付き高齢者向け住宅に転職する際の注意点はどこにあるのか。

なかなか分かりづらいサービスであると思います。そのあたりのポイントについてお伝えしていきたいと思います。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅は、「サ高住(さこうじゅう)」と呼ばれることも多く、近年では、高齢者の住まいの悩みに応えるサービスとして、とても増えているバリアフリー住宅になります。

サービス付き高齢者向け住宅の入居対象は高齢者ですが、特別養護老人ホームで定められている原則要介護3以上といった厳格な入居条件はなく、60歳以上の人、あるいは60歳未満で要介護認定もしくは要支援認定を受けている人が対象となります。

建物はバリアフリーになっており、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室が専用部分に備えられています。

建物には職員が常駐しており、「安否確認」「生活相談サービス」等が提供されています。

安否確認と生活相談サービスは、サービス付き高齢者向き住宅の必須サービスで、施設によっては生活支援、身体介護、医療を提供しているところもあります。

サービス付き高齢者向け住宅の入居の実際

サービス付き高齢者向け住宅は、いま急速に増えている高齢者施設になります。

それは高齢者施設でもっとも人気の高い特別養護老人ホーム等、介護保険施設の入所がたいへん厳しい現状があるためです。

特別養護老人ホーム等に入所できるまでのつなぎとして利用されている方であったり、他に入所できるところがないために入所されている方が多いのが現状です。

とはいえ、要介護度の高い人よりは、軽度の人が入所されるイメージであるのがサービス付き高齢者住宅になります。

それは、特養等が入浴や排せつ・食事等の介護が必要な要介護度の高い方が多くおられるのに対して、「安否確認」「生活相談サービス」をメインのサービスとしている差があるためです。

これからサービス付き高齢者向け住宅に転職を希望されている人が理解しておいてほしいのは、施設によっては職員が「安否確認サービス」「生活相談サービス」しか提供されていないところも多くありますので、他の介護施設のように直接介護をイメージしていると全然業務内容が違うといった事があるからです。

ただしサービス付き高齢者向け住宅はサービスの自由度もあるために、各施設ごとに利用者に対するサービスには差があります。

要介護の高い方には直接介護を提供されている施設もありますので、事前に情報収集しておく必要があります。

有料老人ホームとは違うのか

サービス付き高齢者向け住宅とよく比べられるのが有料老人ホームになりますが、どの部分でサービスに違いがあるのか、これから転職を考えている人は理解しておきましょう。

有料老人ホームは、高齢者向けの施設で「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」に分ける事ができます。

主には介護付き・住宅型になります。

介護付き有料老人ホームでは、「入浴・排泄・食事の介護」「食事の提供」「洗濯・清掃等の家事」「健康管理」などのサービスを提供されています。

住宅型では、必要に応じて外部サービスである訪問介護などの在宅介護サービスを受けながら生活をすることができます。

住宅型は、サ高住と共通している部分もありますが、住宅型有料老人ホームが「介護施設」、サ高住は「賃貸住宅」であると理解すれば良いと思います。

サービス付き高齢者向け住宅での介護業務について

サービス付き高齢者向け住宅においての業務は先ほどから申している通り、「安否確認」「生活相談サービス」がメインの業務となります。

サービス付き高齢者向け住宅が特別養護老人ホームのような介護施設であると思って転職したものの、イメージしていたものと違ったという失敗をされる方がたくさんおられます。

先ほど有料老人ホームとの違いにおいても申しましたが、サービス付き高齢者向け住宅は高齢者専用の賃貸住宅であるとの認識が必要です。

「サービス付き」とありますので、直接的な介護があるものだと思って転職したら、まったく直接的な介護がなかったという事も少なくありません。

住宅型に特化しておられる場合においては、「安否確認」「生活相談サービス」のみが業務となりますので注意するようにしましょう。

ただしサービス付き高齢者向け住宅によっては、介護部分に力を入れておられるところも多くあります。

ですが、この場合外部の介護サービス(訪問介護など)を利用者自身が活用することが多いです。

在宅介護サービスも同時に展開されているサービス付き高齢者向け住宅もたくさんあります。

その場合、サービス付き高齢者向け住宅の職員と訪問介護の職員を兼務しているような場合もあります。

ですのでこの場合も訪問介護をするつもりがなかったとしても、事業所の方針で訪問介護をしなければならない場合もありますので、注意しましょう。

また「安否確認」「生活相談サービス」のみでのサービス付き高齢者向け住宅であれば、介護業務としての経験とはなりませんので注意が必要です。

例えば将来的に介護福祉士国家資格を取得希望があるなどの場合、介護経験が必要になります。

もしもそれを知らずにサービス付き高齢者向け住宅に転職した場合、介護経験とならない場合がありますので、その部分につきましては転職希望の事業所に確認しておく必要があります。

もう一度繰り返しますが、これから転職しようとされているサービス付き高齢者向け住宅がどのようなサービスを展開されている法人であるのかしっかりと確認するようにしましょう。

自身でサービス付き高齢者向け住宅の転職を進めていく場合は、求人情報だけを見ていくのではなく、その事業所のホームページなども参考にすれば良いと思います。

いかがでしたでしょうか。サービス付き高齢者向け住宅について見てきました。

冒頭でも申しましたが、特別養護老人ホームの待機者が多いところでは数百人おられる状況で、早く入所したい人であってもなかなか入所できないという事が社会的にも問題となっています。

そのような状況の中、サービス付き高齢者向け住宅の持っている役割というものはこれからもますます大きくなっていく事になると思います。

これからも増えていく事になるでしょう。そういう意味では、スキルを広げるために必要な経験となりうる可能性もあると思います。

ただサービス付き高齢者向け住宅は、民間の会社が行っている事が多くあり、介護の質を見ても、各事業所によって差がかなりあるように見受けられます。

ですので転職の際にはしっかりとした見極めが必要です。

自身でその見極めについて自信がなければ介護求人サイトを活用するなど、別の視点から観察できるようにしていく必要があると思います。