採用担当者が語る、介護転職の面接時に採用したくない人のパターンとは

介護の転職を希望している人のために、面接をスムーズに採用に結びつけることができるよう情報をお伝えしたいと思います。

特に介護のお仕事の経験がなく、これから初めて介護業界に転職しようとしている人については、「面接で何を聞かれるのだろう」とか「経験がなければ採用してもらえないのでは」などと不安に思われる方も少なくありません。

しかし介護業界は経験者をもちろん優遇することは間違いありませんが、経験のない方を一律に不採用にしたりすることはまったくありません。むしろ良い人がいたら経験がまったくなく、無資格であったとしても採用したいと思うものです。

では面接時に「絶対採用したくない」と採用担当者に思わせてしまうような行動とはどのようなものでしょうか。

1、服装

介護業界はジャージやユニフォームなどフラットな服装で働くことが多いですが、面接時も同じようにフラットな服装で良いはずはありません。必ずリクルートスーツでなければならないものではありませんが、例えばビジネスや商談の場などにふさわしい服装ってあると思います。就職の面接ももちろんビジネスになりますので、採用担当者が見て、好感を持てる服装であるべきです。ですので必ずスーツかと言えばそうではなくて、ジャケットを着用するのも問題ないと言えるでしょう。

また清潔感をしっかりと出していきましょう。シャツやスーツにシワが入っていたりするのは厳禁です。靴下がヨレヨレのものや、靴が傷だらけや汚れていたりというものについては、新品を用意するべきです。

また新品であっても、自分に合っているものをきちんと用意してきてください。ブカブカのようなサイズが合っていないものは不適切です。

あとは止めるボタンはしっかりと止めておく、シャツはしっかりと入れておく、などだらしなく見えないようにしておく事も大事です。

2、態度

座った際に姿勢が悪いのは良くありません。面接は採用担当者の話をしっかりと聞き、質問に対して自分の考えを述べなければなりません。しかしそのような重要な話し合いの中で、姿勢が悪いとなると、それが本音で言っているようには聞こえない場合もあります。背筋を張って、面接に臨むようにしてください。

また貧乏ゆすりをするようなことは最悪です。
確かに極度に緊張しますし、落ち着かない場面です。それは採用担当者も分かっている事です。ですが、貧乏ゆすりをしてしまうことは、自分をコントロールできない人だと思ってしまいますので、印象はとても悪くなります。

目線は必ず話をされている採用担当者の目を見ます。目を見てしまうと極度に緊張してしまうといった方は、相手の目の付近である鼻や眉毛などでも良いと思います。目線を伏せてしまうなど、完全に外してしまう事は良くありません。介護のお仕事はコミュニケーションもそのひとつです。コミュニケーションの基本は、相手の目を見て話をすることです。

3、言葉

緊張しているせいか、ぼそぼそと話をされる方がおられます。もともとぼそぼそと話をする癖のある方は、意識して面接時にははっきりと話ができるようにしましょう。これもとても印象が悪くなります。

面接時の言葉のやり取りはとても難しいです。なぜなら緊張しているからです。そんな時には自分の悪い癖が出てしまうことが良くあるので、自分の悪い癖にはどのようなものがあるか、日頃から自分を客観的に見ておく必要があります。

緊張の中でもしっかりと自分自身をアピールしなければなりません。
例えば採用担当者から質問された際には、積極的に返答しなければなりません。どのような質問が来るかはわかりませんが、何も介護のお仕事の内容ばかりではないかもしれません。今しているお仕事の内容かもしれませんし、趣味に関する質問かも知れません。どんな質問であっても、必ず意味のある質問ですので、積極的に答えるようにしてください。

またその質問に対して的を得た返答を行わねばなりません。緊張からか的を得た話ができない方も中にはおられます。あまり極度に緊張されているようでは、やはり介護の現場において、しっかりと業務に就くことができないのではないだろうか、との判断をされてしまう事になります。特に緊張をしてしまう人については、その採用担当者の質問の意図をしっかりと掴めるようにしておきましょう。

4、介護業界についてまったく何もしらない

もちろん介護業界が初めてという方もおられると思いますので、何も詳しく業界の事を知っておく必要はないかと思います。しかしまったく何もしらないということであれば、何に興味を持って介護業界に飛び込もうとされているか、採用担当者としても不安に思ってしまいます。

介護業界について知っている事が少ないとしても、何かしら介護に興味を持っての転職だと思います。ですので、自分がどのようなことがきっかけで介護に興味を持ったか、興味を持ってからどのような行動を起こしたのか、など介護業界に転職したいと思ったきっかけなど自分で整理しておくと良いでしょう。

そこから介護業界の知識が必要になるならば、少しぐらいは自分で調べておきましょう。そういう少しの努力であっても、採用担当者からは印象がずいぶん違うものになります。

5、以前の職場の悪口を言う

これは絶対に辞めた方が良い内容です。
たとえ転職する理由に前の職場とのトラブルや思いなどがあったとしても、悪く言う必要はないと思います。さまざまな思いがあったとしても、そこは大人の対応をするべきです。採用担当者もやり取りの中でそのトラブルに気がつくかもしれませんが、それはまた大人の対応をしたあなたの評価が良くなるものだと思います。

いかがでしたでしょう。
面接は緊張する場面ですから、なかなか自分自身をコントロールすることが難しくなります。しかし日頃から意識しておくことでさまざまなリスクを避けることができます。気を付けて面接に臨むようにしましょう。