認知症・介護

簡単にオムツに頼らないで!一人一人にあった排泄ケアを

投稿日:

排泄は人間にとって欠かすことのできない生理的行為です。

年齢を重ねるにつれ、尿漏れや尿失禁など様々な問題が出てきてしまうということもあります。

しかし、そういった場合であってもオムツに簡単に頼らないことが大切なのです。

高齢の要介護者一人一人にあった排泄ケアの大切さについて一緒に考えていきましょう。

安易なオムツ使用がもたらす多くの悪影響

 

要介護者と一言でいっても、ご自分の足でシャキシャキと歩かれる方から車椅子利用ではあるけれど自走することが出来る方、車椅子介助を必要とする方、ベッド上で寝て過ごされている方と身体状況は実に様々です。

身体状況だけではなくトイレ事情も様々で、通常の下着を履いている方もいれば、リハビリパンツやオムツを使用されている人もいます。

 

排泄に関する失敗が繰り返し発生するようになった場合、最初に検討されるのはリハビリパンツです。

リハビリパンツはこれまで使用してきた通常の下着とほとんど変わらない形状をしているため、立位が保持できる方であれば着脱も容易ですし、利用者様の受ける抵抗感もオムツと比較して少なくて済むというメリットがあります。

 

しかし、普段リハビリパンツを使用している利用者様にも関わらず、熱や怪我などでベッド上での安静が必要となった際に、介護者側の独断によってオムツを使用してしまうケースがよく見受けられます。

足の骨折の直後や重度の体調不良など医者からの指示がある場合には当然従うべきですが、ただ単純に「部屋から出て病気を移してもらっては困るから」や「トイレと部屋の往復をする間に転倒するかもしれない」、「毎回見守りや介助しなければいけないというのは負担だから」などの理由でオムツを導入するべきではないのです。

病気の種類や人員不足など様々な事情があるかと思いますが、そのような場合においても室内にポータブルトイレを設置することにより、自分自身でトイレに移動して排泄するという行為が行えるようにしてあげましょう。

 

トイレで用を足すという行為は、誰もが若い頃から当然のように行ってきたものです。

だからこそ非常にデリケートに扱うべき問題であり、安易な気持ちでその機会を奪ってはいけないのです。

軽い気持ちで導入したオムツ使用により、利用者様のプライドを傷つけて意欲の低下や、下肢筋力や排泄機能などの残存能力を失ってしまうこともあります。

 

やむを得ない事情によりオムツを使用する場合には、その理由をしっかりと利用者様にお伝えし、理解を得た上で実施するようにしましょう。

トイレに行くことが出来る方に対するオムツ使用を全否定している訳ではないのです。

在宅介護であれば家族様の介護負担の軽減のために使用することだってありますし、施設介護においても夜間にしっかり休んで頂くことを目的として夜間限定で導入することがあるでしょう。

介護者側の一方的な都合によってオムツ使用を決定することが問題なのです。

いつでも利用者様の心と体を第一に考えた排泄ケアを心掛けるようにしましょう!

当たり前を継続していけるようなサポートを

 

排泄の問題やオムツの使用というのは、心身ともに大きな負担を感じてしまうものです。

だからこそ、一人一人にあった排泄ケアをきちんと行うことが大切なのです。

 

トイレに行くという行為1つに変化が起きるだけでも、利用者様のQOLに大きな影響を与えます。

介護者側の都合で今まで過ごしてきた当たり前の日常を奪ってしまうのではなく、少しでも継続していけるようにサポートしてあげることで、利用者様の人生はより明るいものとなるでしょう。

どのような状況においても、利用者様の心と体に寄り添った介護ができる介護士を目指してくださいね!

-認知症・介護
-,

Copyright© 高齢者の介護とレクリエーション , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.