認知症・介護

簡単な事から始められる、高齢者介護における臭い対策!

投稿日:

高齢者介護の中のトラブルの1つとして、臭いトラブルというものがあります。

排泄物の臭い、体の臭い…。原因は様々です。

しかしそれに対して、「私、臭いかしら?」とも「あなた臭いですよ」とも簡単には言えないですよね。

臭いトラブルというのは介護する側、される側の両方にストレスを与えます。

このデリケートな問題、出来ればお互いがストレスを感じる前に対策しておきたいですよね。

今回は簡単な事から始められる臭い対策について一緒に考えていきましょう!

大切な家族であっても臭いは大きなストレスとなる

まず、最初に気になるのは排泄物の臭いですよね。

オムツを捨てたゴミ箱や部屋に設置された簡易トイレ(ポータブルトイレ)から臭ってくる独特な臭い…。

そんな場合にできる対策としては、

  • 密閉式のゴミ箱を使用する。
  • ゴミ箱に消臭シートを貼る。
  • 使用済みオムツは新聞紙に包んで捨てる。
  • 消臭スプレーを使用する。
  • 簡易トイレは使用されたらこまめに掃除する。

などが上げられます。

消臭スプレーはとても便利なグッズですが、利用者様の目の前で使用すると心を傷つけてしまう可能性があります。

使用するときは利用者様が見ていないところで使うようにしましょうね。

次に気になるのは毎日お風呂に入れない利用者様の体臭。

お風呂に入れないのだから仕方ない、と諦めるのではなく、蒸しタオルで体を拭いてあげるだけでも臭いは改善されます。

また、当然のことではありますが利用者様が着ている衣服も毎日取り替えてあげましょう。

毎日入浴できなくても、体を拭いてもらうことや、着ている服が毎日変わることで利用者様の気分もリフレッシュされ、より気持ち良く毎日を過ごすことができます。

日中寝て過ごされることの多い利用者様の場合には、汗などが寝具に染み付いてしまい臭いを発することも考えられますので、布団やベッドのシートも2日に1回は交換出来ると理想ですね!

なお、部屋に臭いがこもってしまっている場合もあるため、利用者様の部屋は毎日換気することも大切です。

排泄物の臭い。体臭。どちらの対策にも言えることは清潔を心がけるということです。

ですが、清潔を意識することで得られるメリットは臭いを減らしてくれるということだけではありません。

トイレをこまめに掃除することや部屋の空気の入れ替えによって、臭い対策だけでなく感染症や風邪などの病気の予防にも繋がるのです!

そういう意味でも清潔を保つというのはとても大切なことなのです。

簡単に始められることから一つずつ取り入れていこう

介護施設だけでなく、自宅での介護においても臭いトラブルは発生します。

「介護されるようになってしまったから、少々清潔が保てなくても仕方ない…。」

「この人は自分で出来ないんだから、臭いが気になっても我慢しないと」

利用者様やご家族様がそんな風に感じてしまってはとても寂しいですよね。

無理なく簡単にできる臭い対策を一緒に考え、在宅介護の現場をサポートしてあげることも私達介護士の仕事です。

臭いというデリケートな問題ではありますが、上手に対策することによってストレスを減少させ、利用者様の健康状態を守ることができます。

まずは簡単な対策から始めていき、生活環境と共に利用者様達の心の負担も改善できるような介護士を目指してくださいね!

-認知症・介護
-

Copyright© 高齢者の介護とレクリエーション , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.