転職・就職

実年収を知って本当に稼げる介護士を目指そう!

投稿日:

ハローワークや求人雑誌で毎日多くの介護求人が出ているのを目にしますが、皆さんはどのような点に重視していますか?

パートであれば時給、正職員であれば月給でしょうか。

しかし、意外と見落としがちなのが実際の年収。

今回はこの実年収について説明していきたいと思います!

ボーナスの基準となる基本給に注目せよ!

介護求人で本当に見るべきポイント。

それは『ボーナスを含めた実際の年収』です!!

『ボーナスを含めた実際の年収』とは、どのようにして確認すればよいのでしょう?

介護求人では『月収○○円~』という表記をよく目にするのですが、実際にはよほどの経験年数や資格を所持していない限り最低ラインの金額が設定されると思ってほぼ間違いありません。

そして、その月収は『基本給』と『各種手当』の合計で成り立っています。

この『各種手当』というものがかなりの曲者なのです!

『住居手当』『精勤手当』『残業手当』といった一般的なものに

『資格手当』『夜勤手当』などの専門職らしい手当て。

さらには『変則勤務手当』『処遇改善手当』などのものまで様々な名称の手当てを用意している施設が多くみられます。

手当てが多いのは働く側にとって嬉しいことじゃないの!?

当然ですが、もらえる金額は少ないよりも多い方が嬉しいですよね。

しかし、この部分にあまり執着してしまうともっと大切な事を見落としてしまうのです。

見落としてはいけないもの、それはボーナス。

『給料○ヶ月分』と書いてあるのだからすぐに分かるじゃないか。

そう思う方もきっと多いでしょう。

しかし、ほとんどの企業において『給料』が『基本給だけ』の事を示しているという事を知っている方は意外と少ないのです。

Aさんは『基本給5万円』『各種手当20万円』で月収25万円。
この場合、ボーナスが5か月分と書いてあっても25万円。

Bさんは『基本給20万円』『各種手当3万円』で月収23万円。
そうなると、ボーナスが3か月分であったとしても60万円。

AさんとBさん、月収だけで見た時には月に2万円もの差があり
Aさんの方が年間で24万円も稼いでるように見えますが、ボーナスの部分ではBさんは35万円も多くもらっているため年収として考えた時にはBさんの方が11万円稼いでいるのです!

収入は就職や転職の満足度に直結する

このように表面上の数字だけを追ってしまっては長い目で見た時に損をしてしまう事があります。

昇給の際にも基本給をベースとして計算される事が多いですし、何より今もらっている手当てがいつまでもあるとも限りませんからね。

介護求人を見る際には、絶対に年収ベースで考える。

そして、各手当てが本当に自分にも適用されるのかを見極める。

このポイントを抑えることできっと満足できる就職や転職が行えるのではないかと思います。

今回の記事を読んで興味を持ったあなた。

ぜひ早速介護求人をチェックして見てくださいね。

きっとこれまで以上に面白い現場の裏側が見えてきますよ!

-転職・就職
-,

Copyright© 高齢者の介護とレクリエーション , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.