生活・終活

高齢になってもフサフサの髪の毛でいたい、抜け毛や白髪の予防方法

更新日:

見た目年齢を大きく作用するのが髪の毛

私は現在70歳の男性ですが、同じ年代でも髪の毛がふさふさしていて気持ちも体も若々しい人もいれば、大変老けて見える人もいます。

一体彼らは何が違うのかと観察していたら、髪の毛の量や質感が見た目年齢に大きく影響している事がわかりました。

自分ももう70歳ですが、出来る事なら1歳でも若く見られたいものです。

自分の生活習慣や体質を理解すると抜け毛の原因も掴めてくる

男性ホルモンの分泌量をコントロールして抜け毛予防に努めましょう

抜け毛の原因も人によって様々ですが、基本的に男性ホルモンの分泌が多いと禿げやすいといった傾向があるようです。

だから男性ホルモンの中のジヒドロテストステロンの分泌をセーブする事が出来れば抜け毛も改善されるのです。

人間の体は実は男性ホルモンと女性ホルモンは同時に存在しているのですが、その分泌バランスも男女差や個人差があるのです。

それで過剰に排出されているジヒドロテストステロンの働きをセーブするには、女性ホルモンの分泌を促進させる方法が比較的簡単なので、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をする大豆イソフラボンを日々の食生活の中で意識して摂取していくと良いでしょう。

例えば牛乳を飲む習慣のある人は豆乳に変えてみたり、納豆や味噌汁を使ったメニューを意識して食べる、大豆イソフラボンが配合されている健康食品を取り入れてみるといった事から始めてみてはどうでしょう。

普段の晩酌のおつまみにも、冷奴や大豆系加工スナックといったおつまみを選ぶと良いですね。

鉄分が不足すると抜け毛を招く

鉄には血液中のヘモグロビンを運搬する働きがあるのですが、鉄分が不足してしまう事によってヘモグロビンの量が低下してしまうので、血液の栄養値が低くなる事によって体の隅々にまで充分な栄養素が行きわたらなくなる事によって生えてきてもすぐに抜けたり、枝毛や細くて切れやすい髪の毛ばかりになってしまいます。

この栄養不足といった最悪の環境が長く続いてしまうと毛包自体が壊滅してしまい、もう二度と髪の毛が生えてこなくなるので、まだ毛母細胞が生き残っているうちに改善していく事が重要です。

その改善策としては、育毛剤や育毛シャンプーで頭皮に栄養分を補給していくといった以外でも、普段の食生活の中で鉄分配合量の多いひじきやレバー、煮干し、しじみといった食品を意識して摂取していくと良いです。

食生活の改善が難しい方は、鉄分飲料や鉄分サプリメントを上手に取り入れていきましょう。

抜け毛の原因はストレスによるものが大きい

年齢が進むにつれて、筋肉も次第に衰えてくるので運動不足に陥りがちです。

でも実は高齢者程普段から意識して運動して筋肉を鍛えていないと、幸せを感じるセロトニンという神経伝達物質の分泌が滞ってくる事によって気持ちが晴れずに鬱状態に陥ってしまったり、低体温症(冷え症)になって血液がスムーズに全身を周らなくなるので、頭皮への栄養分も届きにくくなってしまうのです。

ストレスによって血管が収縮されると栄養分が頭皮の毛母細胞までしっかり伝わらなくなってしまうので、これも毛包壊滅の大きな原因になってしまいます。

普段栄養の良い物を摂取する事と並行して、血流促進を意識して心がけていくと頭皮だけでなく全身の体質改善にも大いに役立ちます。

血行促進のために運動して足腰を鍛えると心身の健康だけでなく頭皮ケアも実現出来るのです。

運動不足で寝たきり老人にならないためにも、意識して毎日の生活の中に運動を取り入れていきましょう。

 

歳を取るにつれて起こっている髪のトラブル

私は62歳の主婦です。

40代に突入した辺りから白髪や抜け毛が次第に増えてきて、今では頭のトップがはっきりと目で見てわかるぐらいに髪の量が少ないです。

白髪染めで髪を染めても次の週にはまた前髪あたりに白髪がちらほら出没してくるので、頻繁に髪を染めないといけないといったお手入れの面倒さにも辟易しています。

髪の悩みを改善する何か良い方法がないでしょうか?

白髪が出来るメカニズムについて学んでいきましょう

加齢による血の巡りの悪化が抜け毛や白髪に大きく影響しています

年齢が進むと、サーチュイン遺伝子という細胞の老化をコントロールする遺伝子の働きが弱くなってきます。

若い時と毎日同じように運動し食事を摂っていても抜け毛や白髪が出来てしまうのは、このサーチュイン遺伝子の働きが衰えてきている事が大きな原因でしょう。

このサーチュイン遺伝子を活性化させるためには、軽い断食やレスベラトールというポリフェノール成分の摂取が大切です。

抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれる赤ワインやブルーベリーの摂取を心がける事が大切です。

それに加えて高齢になるにつれて新陳代謝能力も衰えてしまい、食べたり飲んだりした栄養分をエネルギーへと変換させる機能も衰えてきているので、若い時と同様に食べていると肥満や代謝低下、めぐり不足に陥る可能性があるので、年齢に合ったカロリー摂取を心がけて下さい。

白髪予防のコツを学習していきましょう

髪の毛は毛皮質というコルテックスから成っているのですが、この毛皮質のメラニン色素の量によってこれから伸びていく髪の毛の色が決まってくるのです。

日本人はユーメラニン(黒メラニン)が多いのでだいたい黒及び濃いめの茶色といった髪の人がほとんどですが、白人になるとフェオメラニン(黄色メラニン)が多いので、金髪の人が多いのです。

このメラニン色素はメラノサイトという色素生成細胞から成るのですが、チロシナーゼという酵素の働きが加齢により衰えてくるとユーメラニンの働きも低下してくるので、本来であれば黒髪として生えてくるはずの髪の毛も白髪として生えてしまうのです。

これも体内の血流が滞ったり血液中の活性酸素により毒素が溜まってしまう事によって、血液中の栄養素がしっかり頭皮の毛球にまで届かなくなるので、それで白髪になったり、生えてきても痩せた弱い毛なのですぐに抜けてしまうのです。

これをセーブするためには血液中の活性酸素を撃退したり、チロシナーゼを活性化させる栄養分を普段から意識して摂取していく事が大事です。

お勧めな食品としては、海藻、ヒジキ、昆布といったヨード類です。

イワシやチーズ、ブリ、バナナ、リンゴ、アーモンド、大豆と他にもいろいろありますが、どれもアンチエイジング要素の高い食品としてメジャーな物ばかりなので、普段から意識して摂取していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?白髪や抜け毛が起きやすくなる原因を理解できると、予防策もいろいろとピックアップしていける事でしょう。

もうこんな歳だからと諦めないで、日々しっかりヘアケアしていって下さい。

 

肌同様に髪の毛もお手入れ次第で充分変わる事が出来ます

髪への栄養補給には魚や植物性のタンパク質がベスト

最近では昔に比べて高齢者でも中には見た目が大変若々しい人が増えてきました。

特に女性は肌や髪、プロポーション、メイク、ファッションを整えていく努力をしていけばいくらでも若々しく輝いていく事が出来ます。

特に髪の毛やヘアスタイルで見た目年齢もグンと若く見られるようにする事だって出来るので、毎日のヘアケア法について常に気を付けながらケアしていきましょう。

髪の毛の約90%以上は、ケラチンというたんぱく質から成っています。

それで普段の食事でもタンパク質を意識して摂取する事が望ましいのですが、同じタンパク質でも肉類は男性ホルモンの分泌を促してしまうので、どちらかと言えば植物性のタンパク質や海のミネラルが豊富な魚からの摂取が理想的です。

頭皮環境は女性ホルモンが優位の方が良い

女性の場合は閉経してから特に抜け毛がひどくなったという方が多いようですが、これは閉経により女性ホルモンの分泌が衰えてしまって、男性ホルモンが優位になり頭頂部から前頭部の毛包で活性化される事によって新しい髪の毛の生成が上手くいかなくなるからです。

それは男性ホルモンが頭頂部に関しては、脱毛因子を活性化させる働きがあるからです。

このメカニズムが理解出来ていると、もしも育毛剤を活用する時でも成分チェックをしっかりしながら、男性用と女性用ときっちり使い分ける事が出来るでしょう。

ホルモン調節作用の成分が配合されていない髪の毛に栄養を届けるのが目的のケラチンやアミノ酸、生薬、植物性成分がメインの育毛剤の場合ですと、男女兼用で使用する事も可能です。

だからもしも育毛剤や育毛シャンプーで育毛ケアする場合には、ホルモンの働きや頭皮のメカニズム、髪の毛を構成している成分についての予備知識を蓄えてから選択するようにして下さい。

頭皮の血行促進で抜け毛予防にも期待大!

高齢者の場合には、とにかく全身を冷やさない事です。

年齢が進むにつれてあまり汗をかく機会もなくなってくるので、それが頭皮のデトックスが滞る一番の原因です。

心臓に負担がかからない程度にサウナを活用してみたり、お風呂に入る時には発汗作用のある入浴剤やバスソルトを活用しながら、頭皮からしっかり汗を出すように心がけて下さい。

シャンプー前に、頭皮をマッサージケアするのもお勧めです。

実際に美容室ではヘッドスパといったメニューがあって、頭皮の毛穴の詰まり改善や栄養補給に大変効果的な施術メニューとして人気を呼んでいます。

もしも血圧が高くてサウナや熱いお風呂が苦手だったら、ヘッドスパにコンスタンスに通う事もお勧めです。

頭皮にはツボがたくさん集中しているので、ツボを集中的に押さえながらヘッドスパマッサージするとより頭皮の血行促進効果が高まります。

頭皮マッサージを行う場合にはツボを1点集中して押すのではなく、全体をほぐしながら血行を促進する事を意識して行いましょう。

このように薄毛予防策も自宅で出来るセルフケアから、美容室で行うヘッドスパ、育毛剤や育毛シャンプー、食事での良質なたんぱく質の摂取といった風に様々な方法があるので、多角的なアプローチをしていく事によってきっと頭皮環境も改善されていく事でしょう。

 

髪の毛が生えてこないのは毛穴の詰まりも原因

頭皮も肌同様に新陳代謝のサイクルがあるのです

年齢が進むにつれて肌にくすみが出来るのはターンオーバーが滞る事が大きな原因だと云われていますが、実は頭皮も肌同様に毛穴の詰まりによって皮膚の表面に古い角質が溜まっていくのです。

それは加齢による新陳代謝力の衰えだったり、普段使用しているヘアケア製品が頭皮環境の健康を妨げていたり、日々の生活習慣によるものが大きな原因だと考えられます。

健康的な頭皮のヘアサイクルとは

健康的な日本人の一般的なヘアサイクルは、だいたい成長期が2~6年で退行期が2~3週間、休止期が3~4か月ぐらいです。

これは毛髪の約10~12万本の中で規則的に繰り返されているのですが、このヘアサイクルが狂ってくるに連れて、休止期の期間が長くなるので新しい髪の毛が生えてこなくなるのです。

その原因は、栄養不足の他にも頭皮の毛穴が過剰な皮脂の分泌によって塞がっている事が考えられます。

毎日使うシャンプーは出来ればノンシリコンタイプのアミノ酸が豊富な成分の物を選ぶこと、毛穴を塞ぐ原因となるヘアトリートメント剤等は、毛先だけに浸けて頭皮には直接浸けないようにする工夫が大事です。
他にもヘアセットの際に使用するヘアスタイリング剤は、石油系成分や油分の強い物だと毛穴を塞ぐ原因になるので出来れば天然成分の物を選びましょう。

帽子やヘルメットが頭皮環境に良くない理由

頭皮環境を悪化させる原因として、帽子やヘルメットを長時間被っている事も考えられます。

頭皮には毛穴が約10~12万と密集しているのですが、常におよそ20種類以上のバクテリアが常勤しています。

その中でも良いバクテリアと悪いバクテリアが上手くバランスを保ちながら生息しているのです。

それが帽子やヘルメットで頭皮を密封してしまうと、悪いバクテリアが増えてしまってせっかくの髪の毛が生えてくるための毛根の栄養分を悪いバクテリアが食べていってしまうので、毛根の栄養分が奪われてしまう事によって新しい髪の毛が生えてこなくなるのです。

このように健康的な髪の毛が生えてくるためには、いろいろな条件が上手く重なる事によってスムーズに行われるので、新しい髪の毛の生成のためにも普段から頭皮環境を清潔に保ったり、髪の毛に優しい成分のヘアケア製品を選ぶといった努力をしていきましょう。

RECOMMEND

好きな歌 1

高齢者施設で一番人気のレクリエーションといえばきっと「カラオケ」だと思います。 マイクを渡してしまったら満足するまで離さ ...

-生活・終活
-, ,