健康・病気

エアロバイクは高齢者の運動に最適

年を取っても元気で自分の足で歩きたいものですね。

しかし、高齢になるにつれて人間の肉体は衰えていきます。

足腰が弱り、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)で悩む人も多くいます。

足腰を鍛えるためにはウォーキングが有効とされているのですが、高齢者は脚の筋力が弱く膝を痛めやすくなります。

膝関節痛や腰痛を抱えている人にとっても、歩くことは結構つらい運動なのです。

そうなると、動くことが難しくなってしまい家にこもりがちになってしまいます。

エアロバイクによる運動なら膝関節や、腰に負担が掛かりにくい有酸素運動を自分のペースで行うことが出来ますよ。

高齢者のためのエアロバイクの選び方と使う効果

エアロバイクとは、エクササイズバイクと呼ばれる自転車型のフィットネスマシンです。

エアロバイクと一言でいっても比較的低価格で手軽な家庭用に導入できるものからトレーニングジムで設置されているもの、アスリート向けの本格的なトレーニング用のものまで様々な種類があります。

エアロバイクにはいくつか種類がありますが、その中でも「リカンベント」という機種が高齢者の運動やリハビリに適しています。

このリカンベントは背もたれがあるため、お尻や上半身への負担が少ないエアロバイクで、体力がない方でも長時間運動をおこなうこともできます。

その他にも「ミニバイク」とう機種は椅子やソファに座ってできるので、よりリラックスして安全に運動をすることが出来ます。

また「電磁式エアロバイク」は、主にスポーツジムなどのエアロバイクとして採用されていますが、高齢者の方で、比較的軽度のリハビリを行われる方にはおすすめできます。

この電磁式はホイールに電磁石の力を利用して負荷がかかるようになっています。

静音性に優れ、強い負荷を設定することができ、幅広い負荷調整が可能となっています。

高齢者の方が施設等でエアロバイクを使用される場合には、ちょっとしたお声かけや、自転車を眺めながらテレビの映像を眺める環境があれば楽しくトレーニングできます。

ただ延々とこぎ続けるだけのトレーニングなりがちなので「○○さん順調ですか?」などと話しかけてあげるとモチベーションも上がります。

またエアロバイクの場所から少し離れた場所にテレビやモニターの映像が流れていると遠くを見つめて漕ぐので、背筋が伸び、正しい姿勢を保って漕ぎ続けることができます。

よく総合病院の受付などで流れている自然や動物、海外の美しい景色や景観などが流れているのをイメージしてください。

エアロバイクの種類

エアロバイクには主に6種類に分けられます。

  • アップライト
  • スピンバイク
  • Xバイク(折りたたみタイプ)
  • リカンベント
  • クロストレーナー
  • ミニサイクル

エアロバイクの負荷方式について

マグネット負荷方式

マグネット負荷方式は、フライホイールに磁石を遠ざけたり近づけたりすることで、負荷をかける方式です。アップライトタイプのエアロバイクによく使用され、非接触型なので音がしないのがメリットといえるでしょう。

ベルト負荷方式

ベルト負荷方式は、テンションベルトというものを使いフライホイールを抑えてつけて負荷をかけます。調整幅が少なく負荷も弱いので、エアロバイク初心者の方におすすめの負荷方式となっています。

電磁負荷方式

高額なエアロバイクに採用されている方式です。広い負荷調整ができるほか、連続使用時間が100分近いので、長時間トレーニングを行うことができます。

摩擦負荷方式

フライホイールにフエルトを使用した接触型ブレーキを用いた方式です。スピンバイクに採用されることがほとんどで、競技者向けの方式となります。

高齢者の方がエアロバイクを使用される際の注意点

エアロバイクは地面から少し高さがあるので、高齢者の方で足腰に不安を抱えている方は、乗るのを怖がる方もいらっしゃいます。

怖いと感じられた方は無理してトレーニングする必要はありませんが、できるならば、足掛け台などを置いて椅子を低めにして、行うなど工夫をしましょう。

また姿勢がゆがんでいる方やバランスが取りづらい方は、スタッフが付きながらおこなうなど、安全面を確保しましょう。

あと膝が悪い方は、座席(シート)を高めに調節し、足を乗せて漕ぐ時の脚の位置が一番低くなる瞬間に膝が伸びる状態に座席の高さを合わせると膝への負担を減らすことができます。

エアロバイクを継続されることで、気持ちが積極的に前向きになられた方もいらっしゃいます。

介護・リハビリスタッフの方も利用者の方と積極的に関わり、楽しいトレーニング時間にしましょう。

RECOMMEND

好きな歌 1

高齢者施設で一番人気のレクリエーションといえばきっと「カラオケ」だと思います。 マイクを渡してしまったら満足するまで離さ ...

-健康・病気
-,