高齢者と介護にかかわる人へ

高齢者ねっと

福祉施設

有料老人ホームってどんな所?

更新日:

 

有料老人ホームについてお話しします。
[
有料老人ホームとは、民間企業の運営する老人ホームであり、国や地方自治体の運営する特別養護老人ホームや老人保健施設とは少し異なります。

例えるなら特養・老健が公営住宅、有料老人ホームはマンションというところでしょうか。

これまで国の福祉施策として運営されていた特養・老健だけでは爆発的に増える高齢者の受け皿としてとても追いつかなくなり、財政も破たん寸前。高齢者を自宅で家族だけでみていくという文化もなくなってきており、多様なサービスに対する需要もあるため、国は新しい制度を作って民間企業に老人ホームを作ることを認めました。

入居するときも特養は緊急性や介護度、経済状態などを加味して待機の順番が決まりますが、有料老人ホームは空いているところへ早い者順、ホームを選ぶときの選択肢も多様です。

つまり、有料老人ホームとは、民間企業の運営する老人ホームであり、国の補助が少ない分値段が高い代わりに独自のサービスやサービスの上乗せができて選択幅が広い施設と言えます。

逆に選択肢が広いということは当たりはずれも幅広いということで、ホーム探しには注意が必要です。

有料老人ホームには大きく分けて3つのタイプがあり、一つは介護付の有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)、もう一つは介護付でない有料老人ホーム(サービス付き高齢者住宅、住宅型有料老人ホーム等)、最後に介護が必要になったら退去が必要な健康型のホームです。

健康型についてのお話は、ここでは割愛させていただきますが、提携の外部型や介護付に移ることができるところもあるようです。

介護付有料老人ホームについてお話しします。

介護付有料老人ホームとは、入居金と月々払う費用の中に、介護に関する費用が含まれているものを言います。

つまり入居金が100万円、月々20万円のホームがあるとすれば、介護付の場合はその費用の中に含まれ、最低限必要なものはほぼ丸めでそろっているホームです。

決まった額を支払えば3食と、ホーム内で生活するのに必要な家事・身体介護の費用はその中に含まれています。

必要に応じて食事の介助、入浴の介助などをそのホームのスタッフがしてくれます。

今後の予算の見通しが立てやすいので、費用に余裕がない、今は介護度も低くて大抵の事は自分でできるけれど、将来介護度が重くなったときの費用の変動が心配。

という方は介護付が合っているかなと思います。

介護が丸めということなので、内容としては特養やグループホームに近い感覚です。
有料老人ホームというのは本当にピンキリなので介護付はこう!ということは言えないのが申し訳ないのですが、予算と相談して納得できるところを選んでください。

しかし、一つ言えることは 介護が丸めでついてくるということは、限りあるスタッフの手と目が介護度の重い入居者さんや要求の細かい入居者さんに行ってしまうということであり、同じ額を支払っているのに言ったもの勝ちという感覚があって不公平だなあと思うこともあります。

スタッフを法律で決まった基準の倍の人数も置いているようなホームでも、感心するほど細部までサービスが行き届いているということはあまりありません。

手をかけだしたらきりがないのが介護ですし、値段の高いホームはそれだけお客さんの要求も高くなるので結局どこのホームも人手不足。

私はこれまでスタッフが十分にいるホームというものを見たことがありません。

程度の差はあれ待てる人が待たされて後回し、という現実は残念なことに有料老人ホームでもあります。

人が良く、スタッフの忙しさを見てくれている方ほど、スタッフに気を使って声をかけづらくなってしまうのです。

でもやっぱり言ったもの勝ちはずるい、という思いも溜まってくるのでストレスになってしまうこともあります。

しかし、やはりある程度元気なうちから入居していればスタッフとの関係が作れるので、その意味では早めの入居もいいことだと思います。

ちょうどいいタイミングというのは難しいですが、ご本人がしっかり考えられる状態であればご本人と話し合って進めるのが一番いいと思います。

外部型の有料老人ホームについてお話しします。

今回はもう一つのタイプ、住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅などと呼ばれる、外部からのサービスを使って介護サービスを確保するタイプの有料老人ホームについてお話しします。(ここでは『外部型』と呼びます)

外部型のサービスと料金形態は少し複雑になっていて、入居金と月々払う金額に、介護費用が上乗せされる仕組みになっています。
これはどういうわけかというと、外部型の介護サービスは、ホームのスタッフではなく近くのヘルパーステーション等から介護保険を使って自宅にいる時と同じようにやってもらうのです。
ですから、前回お話しした介護付有料老人ホームと同じ入居金100万円、月々20万円のホームが外部型であれば、月々の20万円に上乗せして、介護度と利用頻度に応じた介護保険の1割(2割)負担が生じます。
利用サービスが各介護度の上限額を超えれば、10割全額自己負担、またはそのホームが提供していれば介護保険を使わない独自のサービスの利用となります。

つまり、食事の提供システムのあるバリアフリーのマンションの一室を借りて一人暮らしをし、そこに在宅介護と同じようにヘルパーさんに来てもらったりデイサービスに行ったりするシステムを取っているのです。
ホームのお部屋は自宅とみなされますから、在宅で使える介護保険のサービスは基本的には全て使えます。ホームによってはデイサービスやヘルパーステーションを併設していたり、すぐ近くに同じ会社の運営するデイサービスやヘルパーステーションを置いていたりすることも多いです。

まてまて、一人暮らしができないからホームを探しているのに、それじゃあ何も解決しないじゃないか。

そう思われる方もいるかと思います。私も、ある意味ではそう思います。
ただ、現状エレベーターのないアパートの2階で暮らしているとか、一人暮らしが不安だから定期的に誰かに安否確認をしてほしいとか、自分のことは大体自分でできるが炊事がしんどい等の場合であれば外部型のホームに入る意味はありますし、ホームについている独自のサービスが充実していて、自宅にいるより数段安心して暮らせるところも多いです。

あとは経済的な心配がなければ、より個別的に希望に沿った対応をしてもらえるのも外部型の方だと思います。
自宅と同じようにヘルパーさんに来てもらうことになるので、ケアプランに沿って行う介護は必ず1対1です。よくある施設のように大きなお風呂に数人入居者さんを入れ、一人または二人のスタッフがいっぺんに介助するということはありません。

反面、プランの時間でもなく呼んでもないのにスタッフがお部屋に来る、ということもあまりないので、介護度が低くプランが少ない人にはさびしいところもあるかもしれません。

介護付と外部型の有料老人ホームの概要をお話ししました。

 

突然ですが、有料老人ホームの中で安さを追求、つまり最安値で入れるのはどこかというと、それは介護付でない有料老人ホームです。

 

一応介護費用も入った上で(つまり各介護度の上限までのサービスしか使わないと仮定して)、生活保護でも入居できる住宅型有料老人ホームが都内にも数件あります。

生活保護でなければ月々16万円くらいから入れるところが私の知る限り最安値です(くどいですが各介護度の上限までのサービスしか使わないと仮定して)。

対して、介護付の場合、都内では入居金なしの月々25万円くらいが私の知る限り最安値になっています。

 

ただ、個人的な感覚で言うと、一人暮らしをして保険内で収まるサービス量で生活するのはちょっと厳しいです。

ある程度自分で動けて認知症がない場合か、逆に寝たきりで動けない場合は保険内で収まることもあると思いますが、認知症で目が離せなかったり、介助量が多かったりする場合は上限なんてすぐに超えてしまいます。

 

そのため、外部型に入居するときは介護付に入居するときよりも月々にかかる金額を高く見積もり、有料サービスを使うゆとりを加味しておかなければなりません。

外部型に入居するに当たり、「なんとか保険内で納めてください(切実)」というご家族は非常に多いですが(自費が出てもいいというご家族の方が稀かもしれません)、そのような無理をした場合にツケが回るのはご本人だということを頭の隅においてください。(施設側が諸事情でカバーすることもあったりしますが…)

 

ですから、本当に費用に余裕がない場合はできるだけ家で、どうしてもというのなら家族でなるべくホームに通い、掃除などは家族でするなどの工夫が必要です。

 

さてさて、今回からは具体的に有料老人ホームを選んでいこうと思いますが、一般的にはインターネットで検索したり、有料老人ホームの紹介会社を通したりすると思います。

 

どちらの探し方でもいいのですが、業者を通す場合業者に相談すればいいだけなので、ここでは自力で探す場合を考えてみたいと思います。

 

比較的安価な有料老人ホームの探し方

有料老人ホームの場合、初期投資や月々の予算によって探し方が異なってきます。ここでは、まず比較的低額のホームを探す場合の探し方を考えていきます。

具体的な探し方ですが、やっぱりインターネットで検索するのが便利です。今は色々な比較サイトもあるので、自分に合った条件を入力し、気になるところはそのホームの公式ホームページを調べます。入居してからの医療費や日用品、その他の費用のことも考え、家族会議で決めた月々の費用から5万円(外部型なら10万円)ほどを引いた額で検索するといいと思います。外部型のホームでは、家具一切を持ち込み(布団や、レンタルしない場合のベッド等)としているホームもあるので、確認が必要です。

 

比較サイトの情報はあいまいで意味がわからないものもあるので、ここでは選択肢の選定くらいに考えてください。

ここでサイトの運営会社などに電話をかけてしまうと営業電話に悩まされることになったりしますので電話には注意が必要です。

あとは通りすがりの気になるホームに突撃してパンフレットだけもらう、ケアマネージャーさんがいれば聞く、地域包括支援センターに相談してみる、広告に目を光らせる、ご近所の情報網をフル活用する。などの方法があります。

 

次はインターネットを使って、実際にホームを探してみたいと思います。

 

今回からは比較的安価な有料老人ホームを実際に探してみたいと思います。

 

ここで、2015.4.30時点で検索サイトHOMESにて、入居金50万円以内、月々20万円以内の世田谷区の老人ホームを検索してみたところ、6件のヒットがありました。

① グランダ花小金井

② フローレンスケア芦花公園

③ グランダ世田谷上町

④ 祖師谷ケアパークそよ風

⑤ グランダ上野毛

⑥ ドレミハウス世田谷

 

このうちの3つを占めるグランダは、通信教育などの会社であるベネッセの運営するホームです。まず、この条件でヒットすることに驚きました。グランダはかなり料金が高いランクのホームで、入力したような予算では到底入れません。

 

なぜヒットしたのかというと、グランダの料金プランが多様なため、入居金ゼロプランと入居金をしっかり払った場合の月々の費用が反応して出てきたと思われます。

 

②のフローレンスケアと④の祖師谷ケアパークそよ風も、公式ホームページを見る限り同じ理由と思われます。この判断は、入居金が『0~○○○○万円』となっていることから判断します。

 

よって、問い合わせるべきは世田谷区ではドレミハウス世田谷のみ、ということになりそうです。

 

そして、ホームページを見る限りドレミハウスは外部型と思われます。

 

「え?これ選択肢ないじゃん!」と思われたと思います。はっきり言って23区内だとこんなもんです。現実が見えてきました。

 

ただ、都内でも郊外だとか、駅から遠いとかであれば選択肢もあります。通える範囲を考えながら、地道に地道に検索しましょう。

 

老人ホームの検索は、先ほどのように絞り込んでも余計な情報も出てきてしまうのでかなり根気のいる作業です。焦らずじっくり探しましょう。

 

前回は、比較的低額のホームを探すためにインターネットで検索をして候補を絞り込んでいきました。今回はその続きをお話しします。

 

候補が多くなってきたら、外せない条件から順にさらに絞り込んでいきます。

 

選択肢が少なければすべての候補に見学に行っても良いでしょう。しかし、数が多い場合はそこからさらに絞り込んで見学の候補を決めなければなりません。

 

『老人ホームの種類を絞る』の回でもお話ししましたが、有料老人ホームの場合 個人的には資金に余裕がない場合や認知症で目が離せない(=人の手がたくさんかかる=介護保険内のサービスで収まらない)場合、介護付の有料老人ホームの方が安心だと思っています。

 

なぜかというと少し感覚的な話になってしまうのですが、費用の安い外部型のホームはあまり重度の要介護者の受け入れを想定しておらず、看護師がいるところも少なければ保険内で必要なサービス量を確保できなかった時の自費サービスの対応が良くない(そもそも保険外のサービス利用が想定されていない)ことが多いからです。夜間は介護士もいない、なんてところもあります。

 

そのため、施設によっては介護保険のサービスだけでは手に負えなくなったときに退去を求めるケースもあります。介護付なら絶対安心というわけではありませんが、比率の問題でそのようなケースが多いように思うのです。

 

ただ、元気なうちは同じ値段の介護付のホームより施設がきれいだったりしますので、一概に外部型が良くないというわけではありませんが、私はできるだけひとつの場所に長くいられることを好むタイプなのでこのようなお勧めとなっています。

 

他に判断基準としては、運営会社は大丈夫そうか(倒産のリスクが高そうではないか、怪しい会社ではないか)看護師がいるか(夜もいるのか)、必要な医療処置に対応してくれるか、往診は来てくれるか、認知症に対応しているか、寝たきりになってもいられるか、見取りはしているか、などを見ながら絞り込みます。

 

こうして絞り込んだホームが3~5つくらいになったら、施設に電話をかけて見学の申し込みをします。電話をかけて見学したいと言えば親切に対応してくれます。たくさん施設を持っている会社だと同じ会社の他の施設の売り込みをかけられたりすることもありますが、興味に応じて対応すれば大丈夫です。1日に2施設くらい見に行っても大丈夫ですが、後でどこがどうだったか分からなくならないように、メモや営業さんの名刺はしっかり管理するように気を付けます。

 

見学に行ったときには、ホームページで気になったことの確認や設備の確認、入居している入居者さんやスタッフの表情、雰囲気、臭いがしないか(介護施設なのでタイミングによっては臭いがすることもあるのですが、大事なのはいつ行っても特定の場所が臭う、施設全体が何となく独特の臭いに包まれている、などということがないかということです)、掃除の行き届き具合等を見ます。対応や料金などは後から電話でも聞けますので、見学のときは感覚を大事にしてください。

見学に行った感じ、更に絞り込み、グループホームなどの公的な施設も視野に入れつつ体験入居をするホームを決めます。

 

 

こだわりホームの探し方

 

さて、我ながら嫌なくくり方ですが、ここからはお金に糸目をつけずに限界まで我儘できそうなホームを探してみようと思います。

 

有料老人ホームもたくさんできている昨今、選択肢はたくさんあります。

 

家族会議ではご本人がどういう生活をしたいのか、どのような最後を迎えたいのか、ご家族はどうしたいのかをある程度明確に話し合っておきます。

 

例えば、朝は寝坊したいから朝食はいらない(あるいは食事は全て部屋に運んでほしい)。

 

食事だからと起こさないでほしい、お風呂はどうしても夕方以降というこだわりがある、今行っているデイサービスにホーム入居後も通いたい、今かかっている病院に入居後も通いたいが、その時に送迎と付添いをしてほしい、最期は可能な限りホームで迎えたい。

 

等々。これらは見学のときなどに直接確認できるように書き留めておくといいと思います。

 

探し方は基本的なホーム探しと同じですが、運営会社などにこだわりがある場合は「会社名+老人ホーム」などのキーワードで検索してみましょう。けっこう色々な会社が介護事業に参入しています。

 

ここでは以前と同じHOMESで2015.5.24現在、東京都足立区で入居時500万円~、月額20万円~で検索してみました。

 

結果、4件がヒットしました。

 

が、全て介護付でしたので練馬区で再検索。

 

27件ヒットしました。

 

立地にこだわりがあるのであればピンポイントで検索すればいいのですが、出やすい町や一定の範囲内であればあとは中身にこだわりたい。

 

というのであれば何度か検索をかけたり路線で検索することもできます。

 

 

さて、前回からこだわりホームを探しています。

 

たくさんの選択肢の中からどうやって絞り込むのかというと、うーん、難しいですね。

 

まず、ご本人に日常的に医療が必要という場合、24時間看護師常駐のホームがいいと思います。必要な処置によっては入居できないホームもありますので、問い合わせのときに確認が必要です。

 

介護福祉士が痰の吸引をしているホームもありますが、まだまだ全員とはいかないですし当然技術の違いがあります。

 

在宅酸素や人工肛門をご本人がいじってしまった時の対応や、急変時にかかりつけの医師と話をするときなどにも看護師さんは頼りになる存在です。

 

昼間看護師さんがいるホームは多いですが、24時間となると少し限られてくるかなと思います。

 

今は必要なくても将来絶対に他のところには移りたくない、ここで最期を迎えると固く決めている。という方もできれば看護師さんのずっといるホームが安心でしょう。

 

ただ、夜間看護師がいないホームでは看取りをしていないのかというとそうではありません。

 

ホームで生活することによって最期の時が早まることも含めて、ご本人とご家族がリスクもしっかりと納得した上で希望すれば、夜間看護師不在でも看取りをしているホームはたくさんあります。

 

最後についてはご本人とご家族の確固とした意思表示が非常に重要になってきます。

 

と、話が逸れてしまいました。

 

たくさんの中からどうやって絞り込むか、でしたね。

 

予算に上限がない場合、介護付か外部型かはそんなにこだわらなくてもいいと思いますが、確定している金額が同じ値段であれば外部型の方が高くつくことが多いのは以前お話ししました。

 

私が以前勤めていた外部型のホームでは、各介護度の限度額を超えてしまった場合や介護保険ではできないサービス(趣味の外出の付添いや病院での待ち時間の付添い)はだいたい30分1000~2000円(税別)で行っていました。

 

多い方ですと毎月40万円くらいの自費サービスが出ている方もおり、スケールの違いにびっくりでした。

 

介護付でも個人的な受診の付添いなどでは同じような値段でやっていましたが、介護付の場合個人的に付添いなどのサービスを使うことが少ないので、急な要望にホーム側も人が用意できない、ということが生じます。

 

あまりに急だと外部型でも同じですが、ハードルの低さで言うと外部型の方がフットワーク軽く対応してくれるような気がします。

 

あとはやはり運営会社の信頼性でしょうか。

 

好きな会社があれば候補に入れるといいでしょう。

 

医療法人であれば医療的なパイプが強かったりします。

 

社会福祉法人は歴史があり安定した母体であることが多いですし、一般企業であればその企業の理念なんかに共感できるところがいいかもしれません。

 

そんなこんなで5つくらいに絞り込めたらあとは見学です。

 

やはり施設に電話をかけて見学の申し込みをします。(あえて予告なしに行ってみるというのも一つの手ではあります。)電話をかけて見学したいと言えば親切に対応してくれます。

 

たくさん施設を持っている会社だと、他の施設の売り込みをかけられたりすることもありますが、興味に応じて対応すれば大丈夫です。

 

1日に2施設くらい見に行っても大丈夫ですが、後でどこがどうだったか分からなくならないように、メモや営業さんの名刺はしっかり管理するように気を付けます。

 

見学に行ったときには、ホームページで気になったことの確認や設備の確認、入居している入居者さんやスタッフの表情、雰囲気、臭いがしないか(介護施設なのでタイミングによっては臭いがすることもあるのですが、大事なのはいつ行っても特定の場所が臭う、施設全体が何となく独特の臭いに包まれている、などということがないかということです)、掃除の行き届き具合等を見ます。

 

対応や料金などは後から電話でも聞けますので、見学のときは感覚を大事にしてください。

 

見学に行った感じで、更に絞り込み、体験入居をするホームを決めます。

 

以上で有料老人ホームについてを終わります。次回からは、体験入居について書きたいと思います。

おすすめ記事

老人ホーム 1

あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか? 優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよ ...

-福祉施設
-