MENU

3月にちなんだ高齢者のレクリエーション

3月のおすすめレクリエーション
今日は5月16日
目次

3月のレクリエーション

3月のレクリエーションでは「ひな祭り」がメインですが、菜の花や桃の花の塗り絵、その他季節の折り紙をして楽しんではいかがでしょうか。

3月は年度末ということもあり、レクリエーションの準備をするのが忙しいかもしれませんが、3月にちなんだ歌なども取り入れていきましょう。

3月のイベント・行事

  • ひなまつり 桃の節句(3月3日)
  • 十三参り(じゅうさんまいり)(3月13日~5月13日)
  • ホワイトデー(3月14日)
  • 社日(しゃにち)(3月中旬~下旬)
  • 春のお彼岸(3月下旬)
  • 春の甲子園(3月下旬)
  • 春分の日(3月20日ごろ)祝日 2022年は21日
  • お花見(梅や桃、桜など)(3月下旬から5月上旬)
  • 春一番(立春から春分まで)
  • 卒業式(3月中)

3月に歌いたいカラオケレク

3月にぴったりの曲を紹介します!

  • うれしいひなまつり
  • 春よ来い
  • どこかで春が
  • 朧月夜
  • 365歩のマーチ
  • 春の小川
  • あゝ人生に涙あり
  • 手紙
  • 旅立ちの日に
  • 蛍の光
  • 仰げば尊し
  • おもいでのアルバム
  • 手のひらを太陽に
  • 遠山の金さん

3月のおやつ

  • 雛あられ 
  • 桜餅 
  • イチゴ大福 
  • 桃カステラ 
  • 引千切(ひちぎり) 
  • いがまんじゅう 
  • おこしもん 
  • 金華糖(きんかとう)
  • よもぎ餅(草餅)

ひな祭り

施設によってはお雛様が飾り付けてあるところもあるようです。高齢者レクリエーションとしてひな祭りをする場合は、テーブルに座って、お茶やあられを出して食べたり、ひな人形を折り紙などで作ったりすると楽しいです。

また回想法で、自分のお子さんやお孫さんの思い出を語って聞いてみるのもいいでしょう。

紙コップでひな人形をつくる方法ですが、用意するものは「画用紙やおりがみ」「紙コップ2つ×2体分の4つ」「モール2本」「マジックや色鉛筆など書く道具」です。

まず、コップの底から3分の1ぐらいを残して切ります。3cmぐらいに切ったものにマジックなどで顔や髪の毛などを描き、折り紙などで冠や烏帽子などをつけます。次にモールをサインペンなど細いものに巻きつけてバネ上にします。それを先ほど顔を描いていないほうの紙コップにセロハンテープなどで貼り付けます。モールのバネを貼り付けたほうに、折り紙を切って着物の柄を貼り付けます。また扇子やしゃくなども折り紙で切って貼り付けます。最後にバネの上に頭をのせると完成です。横から頭を指でつつくと「ゆらゆら」と揺れてかわいいお雛様の出来上がりです。

3月の季節にちなんだ歌

「ひな祭り」の時期にはひな祭りの歌をみんなで歌ってもいいでしょう。その他3月にふさわしい歌としては「はるがきた」(はーるがきーた、 はーるがきーた どーこにーきた)

などいろいろあります。「はるがきた」をもちいて口の体操をすることもできます。

この歌を使ったお口のリハビリ体操としてはいくつかあるようですが、その中に、この曲のメロディを「あいうえお」や「さしすせそ」などで歌ってみるというのがあります。この曲の特徴は歌詞がすべて5文字で区切られていることから「あーいうえーお」「あーいうえーおー」とメロディにのせて発音すると最後まで「あいうえお」できっちりと歌いきることができるのです。50音の中から「さしすせそ」など発音が難しいものを選んで口をできるだけ大きく開けて歌いましょう。

以上、3月のレクリエーションについてご紹介しました。

3月のレクを聞いてみました。

3月といえば雛祭りを思いうかべる方が多いと思います。 そこで、手先の運動もかねて、雛人形作りをおすすめします。簡単なのは、紙コップに綺麗な和紙を巻いて着物を作り、色画用紙で顔を作って貼り付けるというものです。 出来た物を並べて飾っても可愛いです。 また、そんな中で、ひなまつりの歌を皆で歌ったり、1人ずつひな祭りの思い出を語ってもらったりすればより楽しめます。

冬の寒さが和らぎ、温かい日も出てくる季節です。 そこで、無理のない範囲で近所の公園などに春を見つけにお散歩に行くのがおすすめです。 せっかく出かけるので、職員がまずは公園内に咲いている花をいくつかチェックしておき、その名前を一覧表にしたカードを用意します。 高齢者の方には、カードとペンを持ってもらい、散策中にカードに書かれてある花を見つけたら○をしていくなどのゲームにすれば、春をの訪れを感じることができてより楽しめます。

ひな祭りにちなみ、希望される女性の利用者様を対象に、お雛様に変身するレクリエーションを行います。メイクは職員が行います。軽くチークとリップで色付け、肩に綺麗な羽織ものをかける程度ですが、女はいくつになっても女です。変身された皆さん、はにかみながらも乙女のような可愛らしい表情をされ、とても嬉しそうな様子です。

桜の開花が待ち遠しい季節がやってきましたね。今日からこの部屋も満開の桜を想像しながら花咲かせていきましょう。枯れ木を天井からつるして、その木に桃色の花紙を使用して桜をイメージした花をつけていきます。またそれとは別に桜色の色画用紙を細い短冊状にカットし、桜の花びらを表現します。五枚をセットに一つの桜が完成。糸でつるしてモビールのように仕上がりました。窓から風が入るたびにくるくると回り、殺風景な天井空間がとても華やかになり、目で楽しめる仕上がりになり、春待ちの季節に皆様に喜ばれました。

3月といえばお花見。 紙で木を職員が作り利用者さんには、お花を100均で売ってる紙の花や手指の運動にもなるので 折り紙で花や桜を作っていただき貼り付け、桜や春の曲をかけてお昼ご飯を食べました。 おやつの時間にも、お茶とちょっとしたおやつ(バナナなどフルーツ)を食べてお花見の雰囲気を 味わいました。 動ける方には職員付きで施設内のお散歩も短時間ですが行いました。

3月は、やはりひな祭りの時期なのでひな祭りに関するレクリエーションがいいかと思います。 折り紙でおひなさま、おだいりさま、花びらなどを折ったりするのも楽しいですよ。手先を使うので難しい方もいたりしますが真剣に作業し出来上がったものを飾ると喜んでくれますよ。 また、歌を歌ってひなあられを食べたりすると昔に戻ったような気になってみなさん顔が明るくなっていたように思います。

3月といえば、ひな祭りがあります。 そこで、ひな祭りビンゴなどをすると盛り上がります。 ①まず、5人程度のグループに分けた高齢者の方に自由にひな祭りに関連する言葉をあげてもらいます。(20個〜30個ぐらい) ②次に、縦3×横3の9マス(縦4×横4の12マスでもOK)を印刷したカードを配ります。 ③最後にそのマスの中に始めに出てきたひな祭りに関連する単語を各自選んで書けば、ビンゴカードの出来上がりです。 ④あとは、グループで順番にひな祭りに関する単語を言っていき、カードにあるものが出てきたら消していき、縦、横、ナナメのどこか一列が揃えばビンゴです。

3月といえばひな祭りがあります。 そこで、昔の貴族がひな祭りで遊んだと言われている「貝合わせ」をしてみると楽しいです。 ルールは、トランプの神経衰弱と同じで、沢山の貝(裏に絵を描いておきます)の中から、順番に2枚ずつめくり、同じ絵柄が描かれた貝をひけば、自分の物にできて、最終的に沢山の貝を取った人が勝ちというゲームです。 貝は、厚紙に色画用紙をはったものを貝の形に切り、その上にイラスト(お雛様や団子など、春らしいものがおすすめ)を貼れば出来上がります。 ゲーム自体は神経衰弱なので、イラストは一つの絵柄に対して2枚ずつ必要です。 ルールも簡単で誰にでも参加しやすく、おすすめです。

3月も中旬から下旬になると桜が咲き始める地域が多いです。 そこで、室内でも春を感じられる桜の花びらをキャッチするゲームがおすすめです。 ①まず、職員が桜の花びらを色画用紙や折り紙を切って沢山作っておきます。 ②高齢者の方には、少し大きめのカップを持ち、2人1組になって向かいあって座ってもらいます。 ③職員がその真ん中に入り、少し高い位置から、なくなるまで花びらをまいていきます。 ④それを高齢者の方に容器を動かしてキャップしてもらい、沢山キャッチできた方が勝ちです。

3月下旬は桜のお花見を楽しみます。近くに有る川沿いの桜並木が、穴場の鑑賞スポットです。あえて有名所は避けて、毎年お花見はこの場所に決めています。地元の人だけが楽しむ場所なので、利用者様が落ち着いて鑑賞するには最適です。よく晴れた日は、車から降りて桜並木の下をゆっくりと散歩します。ベンチに腰掛けお茶を飲み桜を愛でるひとときは、利用者様にとても喜ばれるレクリエーションです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる