高齢者施設で贈る300円から500円のおすすめプレゼント

300円から500円のプレゼント

No Events

施設で働いていると、入所者の方に様々なシーンでプレゼントをお渡しする機会があると思います。そこで毎回頭を悩ませるのが何をプレゼントしようか問題ではないでしょうか。

せっかくプレゼントするからには喜んで貰えるものを渡したいですが、性別や好みまで違う方へ予算との兼ね合いも考えてプレゼントを選ばなければならないのはなかなか簡単ではないと思います。そこでプレゼント選びに悩んだ時に参考になるようにいくつか紹介していきますね。

目次

ダントツ人気!!実用性のあるプレゼント

実用性のあるプレゼントにはどんなものがあるでしょうか。いくつか紹介してみたいと思います。

季節に合ったもの

マフラー

寒さ対策はもちろん、男女ともにおしゃれには欠かせないアイテムになっています。
他のプレゼントに比べると、好みに左右されにくいので贈りやすいアイテムでもあるんですね!
肌に直接触れる事もあるので、チクチクしないか肌触りもきちんと確認しましょう

ブランケット

ブランケットと聞くと冬場に使うイメージすが、夏にエアコンを使って肌寒く感じた時にも使えます。
1年を通して冷えやすい身体を温かく守ってくれるのがブランケットです。
ブランケットを選ぶ際には、サイズやデザインもチェックして相手が使いやすいものを選んで贈ってくださいね。
相手の好みがよく分からないような場合には、無地で無難な色を選ぶのがオススメです。

  • 靴下
  • ベスト
  • 手袋
  • 小型扇風機
  • 冷却タオル(首に巻けるような保冷剤)
  • 肌着

温度管理がされている施設でも季節の変化による気温の変動に合わせて体温調節できるようなプレゼントは喜ばれる傾向にあります。

日常的にヘビロテできるもの

  • 保険証、お薬手帳入れ
  • ポーチ
  • 薬管理カレンダー
  • 時計
  • アロマディフューザー(空気清浄)
  • 小物入れ

施設入所中でも定期的にかかりつけ医のいる病院へ受診する事があると思います。スタッフに全て管理を任せている場合もあると思いますが、自分で管理している利用者さんもいるはずです。そんな時に必要なものがひとまとめにできるポーチなどがあると便利なのではないでしょうか。

また、介護保険証は紙なので汚れが付いたり折れ曲がったりしないような入れ物も需要があるのではないでしょうか。名前を付けてあげたり個別性を持たせると貰う側も特別感が出て喜ばれると思います。

プレゼントを選ぶ際の注意点

施設入所されている方へプレゼントを渡そうと考えた時に、個人個人へそれぞれ合ったものを選ぼうとすると時間や労力を考えても厳しいかと思います。そのためある程度誰にでも喜ばれる無難なものを選択する必要が出てきますよね。

個別性を持たせたい場合は、色違いのものを複数用意したり、その方の名前を入れたりする方法があります。食べ物などは賞味期限や衛生管理の観点から避けた方が無難ではありますが、どうしてもプレゼントしたい場合はきちんと管理できるかどうか栄養管理責任者などと事前に相談しておく事をオススメします。

プレゼントの購入方法

いざプレゼントを購入しようとしても、いきなり店頭に出向いて必要な物や数が揃うとは限りません。そのためある程度購入するものが決まってから、店頭に出向いて必要数を取り寄せて貰う方法があります。またインターネットで購入する方法もありますね。

予算の範囲内で施設の方に喜ばれるプレゼントを選んで下さいね。

高齢者の方に300円から500円の予算でなにをプレゼントしているのか聞いてみました。

施設に入っている祖母は、字は読めにくくなっているものの絵を描くのが好きだったので、塗り絵をプレゼントしました。色鉛筆も添えて、500円内と価格は安いですがとても喜んでくれました。塗り絵は自分の好きなように仕上げることができて楽しいようです。綺麗に出来上がると、壁に貼っています。本は読めませんが、塗り絵はまだまだできそうです。

父が後期高齢者です。高齢の方は段々、体の身体能力が落ちてきて、体温調節が難しくなったりします。 父にプレゼントして喜んだのは、100均ショップで買った小さな枕とフリース素材の膝掛けです。 冬になるとあまり動かなくなり、特に寒がります。300円~500円程度の枕を寝る時に頭や体に挟んだり、足元に膝掛けを掛けたりして、重宝しています。軽めなので、お年寄りでも持ち運びに便利です。

足首のゴムが緩く、足裏に滑り止めがついた靴下が良いと思います。祖母は靴下を何度も縫って再利用していて、自分ではあまり靴下を購入していませんでした。靴下をプレゼントしたところ、とても喜んでいました。ゴムが緩く滑り止めがついた靴下を買いに行って探すのに時間がかかると疲れるので、プレゼントでもらって嬉しいとも言っていました。

男女共に寒い時期に役立つのがネックウォーマーです。外出先で使用するのが一般的ですが、私のおすすめは就寝時に着用する事です。着けている時といない時では入眠のスピードがまるで違います。足首に着けるアンクルウォーマーもセットでおすすめです。寒い時期は寝起きもしんどく、若い人でも会社に行くのも嫌になる程目覚めが悪いので、睡眠で一日が決まると言っても過言ではありません。

以前雑貨店で働いている時に ご高齢のお客様に人気だったのが 泉州タオルの薄いウォッシュタオルでした。何故かと思っていた時にあるお客様が「歳をとると洗っても絞る力がなくなるからね、この薄いタオルが使いやすいの」とおっしゃいました。 顔を拭くタオルとしても、 フキンとしても使いやすいとのことでした。お値段が300円〜400円(税抜)でした。

レクリエーション係だったため、クリスマスの際に、皆んなにお尻拭き、またはお手拭きシートとちょっとしたお菓子をプレゼントしました。寝たきりが多かったため、置くだけのプレゼントになってしまいましたが、自立されている高齢者様は喜んで下さってました。コストのいる病院で使えるものだと、家族さんからもお礼を頂きました。

男性はボックスティッシュケースなどの実用性の高いもの。 女性は和柄、ちりめんの巾着などの可愛らしいデザインで実用性の高いものが喜ばれます。 飴入れに使ったり、部屋のインテリアとしても使え、価格も安いという事で、誕生日会やゲームの商品など、困った時にさっと用意できます。 柄が花柄、動物の絵など、可愛らしいものであれば男女ともに好評です。

乾燥が気になる季節。入居者の方が眠りが浅く困っているとおっしゃった。理由を聞くと寝ている間に口が渇いて目が覚めてしまうそう。ちょうど贈り物を探していた私は先日300円ショップで見つけた小さな置型の加湿器を買う事にしました。 その加湿器は水を入れるだけで、電気を使う必要はない。動物のモチーフなので、見ていて癒されるし、小さくてベッド脇に置く事ができる。 受け取った入居者の方はベッドから笑顔を見せてくれました。 花の水を交換するのと一緒に加湿器に水を入れるのも仕事になったが、いつも笑顔を返してくださる姿を見ると贈り物をして良かったと思います。

私が高齢者施設で働いていた時ですが、プレゼントとして名前の刺しゅう入りのバスタオルのプレゼントが印象的です。刺しゅうというのも特別感がありますし、バスタオルは入浴以外でもひざ掛けにしたりと何かと実用的です。ハンカチは定番でもあり、ご家族様からプレゼントされたりもして、タンスの中がハンカチだらけということが良くあました。

以前、高齢者施設でおばあちゃん達に「湯呑」をプレゼントしたら、大変喜ばれました! 高齢者はお茶など適度に水分を摂ることが多いかと思います。毎日、日常的に使うコップや湯呑をおばあちゃん達の好きそうな色味、柄に合わせて選び贈りました。マグカップでももちろんいいと思いましたが、持ちやすそうな軽めの湯呑を見つけたので、こちらが使いやすいかと思いプレゼントしました。明るめの色味を選んだのですが、明るい色はテーブルにも映えて気持ちも元気になるように感じました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次