発熱は命に関わる!?高齢者の発熱時に取るべき対応

ムスカリとミツバチ

発熱はさまざまな原因で起こります。

とくに高齢者では、発熱への対処が遅れると、肺炎などの重大な病気へつながることもあるため、素早い対応が必要です。

今回は、高齢者で発熱が見られた場合の対応についてお話しします。

高齢者の発熱時に取るべき対応

高齢者の発熱は、背景に重大な病気が隠れていることもあるため、素早い対処が必要です。

以下に発熱時に取るべき対応について挙げていきます。

熱を測る

まず、発熱の兆候が見られたら、すぐに熱を測りましょう。

高齢者では、周囲から見て発熱しているかどうか分かりにくかったり、本人が発熱していることに気づかなかったり、熱があることを訴えない場合があるので普段と違う状態なのかもチェックしましょう。

発見が遅れてしまうことがあります。

元気がない、顔色が赤い、食欲がないなど、少しでも変化に気が付いたら、すぐに熱を測ることが大切です。また、毎日決まった時間に熱を測るようにしても良いでしょう。

体温は健康のバロメーター

医師の診察を受ける

発熱があった場合は、その程度によらず、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

発熱の背景には、肺炎など時として命にかかわる病気が隠れていることがあります。そのため、まずは発熱の原因を特定することが何より大切なのです。

発熱に伴ってけいれん、しびれ、呼吸苦などの症状が見られる場合は緊急に受診をします。

クーリングをする(体を冷やす)

クーリングとは氷で体を冷やすことを言い、解熱のために用いられます。
頭と左右腋窩を冷やす三点クーリング
頭と左右腋窩、左右鼠径部を冷やす五点クーリングなどがあります。

クーリングをしてはいけない発熱や疾患、状態もあります。
何度からクーリングを開始して、何度でクーリングを中止すればいいかわからな事もあると思います。
同じ38.0℃でもその方にとってどの程度の熱なのかも違ってきます。
平熱や体力の違いで対応も全く変わります。
また、急に体温が上昇する際に寒気を訴える方であれば
クーリングを行わずに温めて寒気を取る事もあります。

発熱時のクーリングは効果的な場合と、
効果がなく意味の無いクーリング(症状を悪化させる)もあります。

こもり熱の場合は、窓を開けたり、服の通気性を良くしたりするなどして回りを見渡し環境を整えるだけで熱はすぐに下がることもあります。

熱さまし(解熱剤)を飲む

高い熱が続く場合は、医師の指示のもとに、熱さましの使用を考えましょう。

熱が続くと、体力を著しく消耗したり、食欲がなくなったりします。水分の発散が増えて脱水を起こす危険もあります。

そのため、高い熱がなかなか下がらない時には、それらを和らげるためにひとまず熱を下げることも大切になります。
しかし
発熱したからといって自己判断で解熱剤を服用してはいけません。
解熱剤で急激に温度を下げると、免疫力の低下や回復が遅れる場合もあります。

必ず医師の指示を受けて薬は服用してください。

水分と栄養の補給

脱水に注意!なぜ高齢者では水分が不足しやすいのか?

発熱は、体力を消耗しますが、それとともに食欲も低下させるため、体力の回復に必要な水分や栄養を十分に補給できないことが良くあります。

とくに水分の補給を怠ると、脱水を招くため、状況がよりひどくなってしまいます。可能であれば、できるだけ水分や食事を補給してあげるよう努めましょう。

固形の食事を食べるのが難しければ、ジュースや牛乳でも構いません。また、ドラッグストアで販売されているパックの濃厚流動食なども、高齢者に大切な栄養素であるタンパク質やビタミンをバランス良く含んでいるため、おすすめです。

一方で、誤嚥(ごえん)による肺炎を起こしている場合は、医師によって絶飲食の指示が出され、点滴が行われることがあります。この時は、肺炎をさらに長引かせることにつながるため、絶対に口から水分や食事を取ってはいけません。十分に注意しましょう。

________________________________________

いかがでしたか。
発熱が見られたときは、まず医師の指示を仰ぐことが大切です。
発熱の兆候がないかどうか、日ごろから良く観察し、適切に対応できるようにしておきましょう。

こちらの記事もどうぞ
重大な病気のサインかも!?高齢者によくある発熱の原因

高齢者の方が発熱したときはどうすればいいのか?発熱から対処方法まで

注意したい高齢者の夏の過ごし方