注意したい高齢者の夏の過ごし方

雨水とピンクのバラ

高齢者にとって体力的につらい季節というのがあります。

例えば危険な季節は夏です。

夏は過ごし方を間違えると脱水症状が出て倒れてしまう事もあります。

今回は高齢者の夏の過ごし方について簡単に覚えておいた方が良いポイントをご紹介します。

それほど暑くないかな?といった環境でも高齢者にとっては体温をうまく調整できずに、知らないうちに脱水状態になっていってしまう事もあります。

なので脱水状態の前段階で対策が出来るようにしておきましょう。

通気の良い服装を!

基本的に規則正しい生活をするように心がけるというのは当たり前なのですが、体温がこもらないような服装をしましょう。

部屋には温度計があると良いのですが、出来れば部屋の湿度もわかるように湿度計も一緒になっているものを準備すると便利です。

湿度が高いと暑さを感じますし、汗もかきやすくなってしまいます。

エアコンは使いましょう!

最近の節電の影響でエアコンの使用を控えてしまっている高齢者がいます。

高齢者の場合は体温調整が必要なので、節電とか関係なくエアコンを使って暑さ対策をするようにして下さい。

設定を弱め、扇風機などを使い部屋の空気を循環させるようにして室内の温度調整をするようにしましょう。

ただ、エアコンを使用すると空気が乾燥してしまいます。

なのでエアコンを使用する時には部屋にぬれタオルなどを準備してハンガーにかけておくようにすると部屋の極端な乾燥を防ぐ事が出来ます。

こんな症状ありませんか?

夏の熱中症などを防ぐためにもちょっとしたサインがあります。

この症状があったら熱中症の手前かもしれない!と対処が出来ますので覚えておいて下さい。

・元気が無い
何となくだるそうにしていたりしている状態が続く場合、一応熱中症対策をした方が良いでしょう。
・首に汗をかいている?
首などを触った時に特に汗をかいているわけでも無いのにベタベタしたような状況になっているようであれば若干、脱水気味かもしれません。水分や塩分を摂取しましょう。

これらの症状に加えて以下の症状が出たら危険信号です。
・ふらつく
なんとなくふらふらしているような動きの場合、熱中症の初期状態の可能性があります。
汗を大量にかいてきた場合は水ではなく、すぐに経口補水療法といって電解質を含む水を補給する必要があります。
オーエスワンなどを使うようにした方が良いので、常備しておくと良いでしょう。

・頭痛や脚がつる
これらの症状が出てくると熱中症の症状が進んできている状態なので水ではなくオーエスワンを補給して体調に変化がなかったらすぐに医療機関に受診をするようにして下さい。

このような症状が起きないように普段から暑すぎないように工夫する、乾燥しないように工夫する生活を心がけましょう。

のどが渇いていなくても水分摂取量を・・高齢者に必要な水分量

夏場だけではなく、年中気を付けておきたい脱水症