高齢者がタブレットを使うならandroidかipadどちらが使いやすい?

タブレットを使う女友達

IT等の知識が無い高齢者の方がタブレットを選ぶ使う場合androidとipad、二つとも同じものだと思われるかもしれません。

また、なんとなくandroidとIpadの違いが分かっていたとしても、どちらを選べばいいのか迷うことがあるともいます。

androidとipadの違いを簡単に紹介して行きます。

AndroidタブレットとiPadではOSが違う。

androidタブレットとipadはどちらも小型のパソコン並みの性能ですが、この2つの違いはまずそのタブレット端末に入っている頭脳(車でいうエンジンのようなもの)と呼ばれる部分であるOSに決定的な違いがあります。

このOSが違うことで使えるアプリケーションや操作方法などに違いが生じてきます。
androidタブレットのOSはandroidといわれ、検索サイトなどで有名なGoogleが手がけています。
androidの特徴は、日本でも数多くの有名家電メーカーが製造したタブレットに搭載されているところです。

一方のipadのOSはiOSと呼ばれていて、MacやiPhoneで有名なappleがつくりあげています。
ipadの特徴は、appleが製造したタブレットのことのみを指していて、そこはandroidタブレットとは異なったところです。

サポートの違い

androidに関しては日本の会社も取り入れているのでサポート体制がしっかり整っています。その反面iPad(Apple社)の場合はアップルストア等のアップルを通してのサポートになるのでアップルストア・代理店等が近くにない地方の場合だと修理等に出す際に郵送したりと手間がかかります。どちらを選ぶにしても生活がガラリと変わると思うので気軽にチャレンジして貰いたいです。

アカウントの違い

androidタブレットとipadタブレットをネットに接続してアプリケーションなどをダウンロードするためには、アカウントが必要になります。
androidタブレットの場合、そのアカウントはGoogleアカウントと呼ばれて、このアカウントがあれば様々なアプリケーションをダウンロード、購入するだけでなく、メールの送受信もできます。
また、Google独自のブックストアなどで電子書籍を購入することもでき、Googleアカウントの活用どころは多目的です。

ipadのアカウントはappleIDというもので、 androidタブレットのアカウントとは呼ばれ方が異なっています。
appleIDを登録すればappleストアでの音楽などの購入や、アプリケーションのダウンロードなども可能となります。

アプリの違い

androidタブレットとipadは大きさ、機能、など一見して同じようにも見えます。そこで、両者の違いとしてあげられるのは、対応するソフトが違うという点です。標準以外の機能を追加したいとき、アプリケーションを追加することで新しい機能を追加することができます。けれど、ほしいアプリケーションをみつけても、ipadとandroidの片方のみにしか対応していないことがあります。

使用したいアプリケーションによってandroidかipadどちらかを選ぶのもいいですね。

アクセサリーの違い

iPadは、沢山の種類のケースが販売されており、お店で見てるだけでも楽しいですし、いくつかのケースを購入して気分や、目的に応じて使い分けることも可能です。
androidは、様々なメーカーから機種が出ているので種類は豊富ですが、沢山の機種が出ている分ipadに比べて一つの機種に合うアクセサリーの種類は少なくなってしまいます。

スマートフォンを使用しているなら

もしスマートフォンをお使いなら、スマートフォンのアプリとタブレットのアプリは、簡単に同期することができるので、Androidのスマホをお使いならAndroidタブレットを選び、iPhoneをお使いならiPadを選べば使いやすくなると思います。

AndroidタブレットとiPadのどちらのタブレットが良いか?

どちらが使いやすいとは言い難いですね。
ディスプレイのサイズや比率、見た目の好みや使いたいアプリ等、細かいところを上げていけばきりがないです。
結局はユーザーの使い方や好みによると思います。

androidタブレットとipadは見た目が似ているので区別しにくいですが、触ってみると意外な違いを感じることができるので、電気店などに展示されているものを触って是非肌に合うものを選んでください。

androidをすすめる方の理由

androidの方が日本人には使いやすいように感じます。ipadは直感的で使いながら覚えやすいという特徴を売りにしているために説明書がないといった状態です。しかし、説明書をしっかり読む習慣がある日本人の高齢者は直感的というよりも説明書のあるandroidの方が向いているのではないかと思います。androidの方がipadよりも保有率が高く、人にも聞きやすい点というのも高齢者にとって使いやすさのポイントにもなると考えます。
購入し易さ・故障した場合の対応を考慮するとAndroidタブレットの方が高齢者には扱い易いかと思います。
Androidタブレットはどこの家電量販店でも取り扱いがあり、家電量販店で手厚いサポートもあり、価格も安く、使い方が書かれた参考書籍も非常に多いのでiPadよりお勧め出来ます。
iPadも価格以外は似た部分はありますが、故障した場合は全国に数店舗しか無い直営店じゃ無いと対応してくれないので、トラブルが起きた時の手間が多いので高齢者の方にはお勧め出来ません。
高齢者の方がタブレットを利用する場合は、android端末のほうが使いやすいと思います。
基本的な操作はそれほど変わりませんが、androidのほうが機種のラインナップが豊富にあるので、好みの画面サイズを選ぶことができます。
ブラウザもandroidのほうが使いやすいので、インターネットをするにはandroidが優れていると感じます。
googleのアプリの連携はとても便利にできていて、音声認識なども優れています。
防塵や防水などandroidタブレットは精密機械でありながら丈夫に作られているので高齢者の方でも気軽に使いやすいです。飲み物をこぼしてしまっても問題は無いですし汚れてしまったりしても軽く洗ったりすることが出来るので手入れが簡単です。サイズも種類も好きな物を選ぶことが出来るのでandroidタブレットの方が高齢者の方でも使いやすいです。
わたしがおすすめするならandroidタブレットになります。私自身、androidもipadも使っていますがアプリの認証や初期設定の簡便さを考えるとandroidの方が楽だからです。使いだすと直感で操作しやすいのはipadですが近くに使い方を教えてくれるような方がいないのであれば、androidからスタートしたほうが慣れるのに時間はかからないと思います。
高齢者が使うならandroidタブレットの方がおすすめです。確かに使い慣れた方ならipadの方がこのみによってはいいかもしれません。しかしながら、特に初心者、ご高齢となると直感といっても慣れた方が前提のipadよりもandoroidの方が触りやすいと感じます。2台目需要としてご高齢の方にはipadの方をおすすめしたいと思います。
高齢者の方にはAndroidの方がタブレットとしては使いやすいでしょう。iPadはとにかくパソコンとの同期が欠かせず、便利な機能もある反面、ある程度の勉強とスキルが必要になってきます。その点でAndroidはタブレットだけでも十分に楽しめると思います。もちろん転送などパソコンとの接続が必要になる場面もあるでしょうが、iPadほど煩雑ではありません。

ipadをすすめる方の理由

ipadのほうが使いやすいと思います。androidに比べるとカスタマイズ性は低いですが、その分操作性がシンプルで覚えやすいと思います。タッチ感度もレスポンスも良くストレスがありません。デジタル機器に不慣れな高齢者でも、必要な情報を得るのにアイコンをタップするだけと簡単ですし、扱いやすいのではないでしょうか。アプリも豊富です。
iPadが使いやすいと思います。
まず、高齢者に関わらずにいえれることですが、AndroidよりもApple製品を使っている人が絶対的に多いので、iPadを選択すれば、それだけ使い方を気軽に人に聞くことができます。
また最初からFaceTimeなどの便利な機能が備わっているので、それだけでも高齢者の方がiPadを購入するメリットがあるように思います。離れて暮らす息子や孫の顔を見るだけで、それだけで十分だという方も多いようですから。
ある程度の年齢を過ぎた高齢者の方であれば、iPadの利用がお勧めとなります。
Androidについては、機種ごとに操作感覚が異なり、見た目も同じAndroidにも関わらず大きく異なります。
一方のiPadは一社提供の機種なので操作感覚はほぼ同一、操作に困って相談連絡を受けたとしても「コンパスのマークを押すとインターネットが出来る」など説明が容易となる為です。
iPadとAndroid両方使用しましたがiPadの方が断然使いやすいです。OSの標準的な操作体系もそうなのですが、設定の難解さやPCの様に保存先のアドレス指定が無い、各社ごとに設定できる項目の違いが少ない(ユーザー同士で教え合える)等これまでの判りにくさを無くし分かりやすいOSだからです。補足としてどうしてもAndroidで選ばないといけない事になるならKindle FireならAndroid機種の中では操作方法は分かりやすい方でした。
高齢者や一般の人が使うにはipadの方が使いやすいと思います。シンプルで操作を覚える
のも簡単だと思います。アプリなどのセキュリティ面でも安全性は高いです。
androidタブレットはどちらかというとパソコンなどに詳しい人向けです。私も使っていますが、ルート化などプログラムを変更したりと自由度は高いですがその分セキュリティが弱くなるなどの問題もあります。
高齢者が使うのが前提であるなら、iPadの方が使いやすいと思います。画面も大きいですし、もじの大きさやフォントも見やすいのではと感じます。セキュリティの設定もしっかりとできますし、高齢者が扱うのはあまり負担にならないのではないでしょうか、本体自体も軽いので使いやすいと思います。ロックの解除もスワイプで簡単できます。
ご高齢の方がお使いになる場合は、ipadが扱い易いかと思います。
理由は、アップル社製品のipadにはiOSが搭載されていて、
iOSのシンプルな画面は不慣れな方でも覚えやすいこと、
また、アップル社独自のクラウドサービスのiCloudが使える事も理由の一つです。
iCloudにデータを保存しておけば、紛失や故障をしてしまった時でもデータの復旧が可能です。
androidほどのカスタマイズ性はありませんが、
必要な機能を単純操作で使いたい場合には
シンプルなipadの方が覚えやすく扱いやすいと思います。
高齢者にはIpadが最適だと思います。アイコンを押せば良いという単純明快な操作性で、どんなに機械音痴な高齢者でも何回か使用しているうちに、どんどん使い方を吸収していって、あっという間に最低限の基本作動は出来るようになります。実際に私の老親にipadを試してみたのですが、指で触るだけという操作法なので感覚的に使用できるようで、囲碁や簡単なゲームのアプリを楽しんでいるようです。
高齢者の方がタブレットを使うなら、間違いなくAndroidよりもIpadの方が使いやすいです!
Ipadはアップル社が開発したこともあって、とても直感的に操作ができるiOSというオペレーションシステムを搭載しています!その画面構成はとてもシンプルで、普段パソコンなどの電子機器を使わない高齢者の方でもすぐに馴染めること間違いありませんから!
i-Pad の方が使い易いと思います。androidはアプリをショートカットみたいにしないと駄目な所が有ります。が、i-Pad はそのままアプリをダウンロードして使えます。
インターフェイスも断然、i-Pad の方が使い易いです。直感型インターフェイスは、パソコンのMac と同じで高齢者の方も、遊び感覚でi-Pad を触れます。
豊富なアプリも魅力の一つだと思います。
私はipadユーザーですが、やはり高齢者にはipadの方がandroidよりも使いやすいのです。アプリのインストールが簡単なこと、アプリに安全性が高いこと、操作性がいいことがその理由として挙げられます。
ipadはiOSを使っているので、ウイルスに感染させられるような危険なアプリがないのです。それから操作が直感的でムダがないことも高齢者にお勧めできる利点です。
ご高齢の方でスマホを使っていない方は、androidよりiPadの方が使いやすいと思います。
理由は、余計なボタンが少ない事です。
androidの下部にはいくつか(ホーム、戻る、タスクなど)ボタンがありますが、アプリによって使えたり使えなかったりします。
これで混乱する方が多いと思います。
さっきのアプリではここを押せば良かったのに、今のアプリは同じ所を押しても反応が無いなど。
ですので、余計なボタンがないiPadの方が良いと思います。
あと、操作方法が載った雑誌などが、iPadだとその通りにやれば出来るのに対して、androidは機種によって微妙にボタンの配置が違うので操作がわからなくなると言うのも良く聞きますので、iPadの方が良いと思います。
iPadの方がいいです。何方の機種でも動くメジャーなアプリは何方でも問題無いのですがOSの部分で大きな違いが有り、設定の仕方や名称のわかり易さ、Androidでのデータ保存はPCと同じディレクトリ管理の為既存のWindows等に慣れていないと判り難い面が有ります。
他にAndroidでは各機種ごとに使用OSの制限もあり近くのユーザーと情報交換しようにも機能が異なり行き違いになることもあります。
敢えてAndroidの機種を選ぶなら操作のしやすさでKindleが良いと思います。