人生の終わりのための活動(終活)とは、どんなものか

セージの咲く庭

終活という言葉を聞いたことはありますか。

終活とは生きている間に自身が亡くなった後の身支度を自身で決めて行うことです。

不謹慎な話ではありますが、通常人が亡くなるとお葬式が行われます。

現代の日本では通常火葬を主としているので火葬を行います。

火葬後はお墓にて供養されます。

その後毎年お盆とお正月にお坊さんが供養に参られます。

終活は自分自身が亡くなった後に必要な上記の様な物事に対して事前にプランを計画し、

費用の負担をしておくことで親族や近しい方々に迷惑や金銭面での問題を背負わせないようにすることです。

では終活の料金について見ていきましょう。
現代の日本では少子高齢化の影響にてあまり大きく葬儀を執り行うことも稀になりつつあります。

その様な方々は家族が亡くなった際、自宅で最後のお別れを行う場合、御遺体安置の為棺やドライアイスなどが必要になります。

上記にて最低限度必要な費用は8万円程となります。

その後火葬場の利用費用が発生します。

最低限の費用は6万円程となります。

限りなく安くすると合わせて15万円程でお葬式を行うことが可能です。

上記内容が一番安い家族葬となります。

世間的に終活の平均的な費用は約130万円と言われています。

終活については自分自身の考えだけでなく家族や親族などいろんな方々の思惑が浮上したりします。

本人の意思が大事ではありますが、家柄であったりその後の供養の手間がとりだたされることで言い争いになることもあります。

それを防ぐべく今までは一括して葬儀屋さんに委託することである程度の流れを決めて頂けるというのが普通でした。

ですがその際、葬儀屋さんから後日聞いていない費用を言われたり認識の違いによるトラブルがあったりするようです。

悪質業者が稀に存在するからです。

近年では終活専用の企業やプランナーが専門知識を教えてくれるセミナーを無料で開いてくれていたりします。

その一つがショッピングモールで知られているイオンさんです。

意外と知られていない事実ですが、お店の中で気軽に分からないことや必要なことを教えてくれるセミナーを定期的に実施しています。

終活をする際にまずは自身でセミナーを受けてご家族にもお葬式の希望やその後のプランについて口頭で伝えたり、

何かあった際に手順が分かるように手紙に残して置いたりすることが大事ですね。

ご家族のこと自分自身の最後について考えることでより一層日々の人生を力強く楽しんで生きることに繋がれば理想の終活と言えそうです。

こちらの記事もどうぞ
エンディングノートとは ~エンディングノートの基本~

自分らしいエンディングノート