高齢者が好きな歌、聞きたい歌を聞いてみました。

花畑

高齢者施設で一番人気のレクリエーションといえばきっと「カラオケ」だと思います。

一度、マイクを渡してしまったら満足するまで離さない方エントリー曲を決められず、迷っている内に他の方に先に歌われてしまい落胆される方1人では嫌だと、デュエットを希望される方マイクを持つ方より、大きな声で歌われる方

どなたも、楽しんで参加頂けるレクリエーションですね。

時折、TV番組で「歌謡曲ショー」なる物が放送されていますのでDVDに録画しておいて、午前中にBGM代わりに流していますが手元にある脳トレや塗り絵などの手を止めて見入ってしまわれる方が多いですね。

歌声に自信がおありの方は、聴かせる曲を好まれる様で往年の有名歌手の曲を選ばれます。

反対に、少し自信が無さげの様子の方はみなさんで歌う曲を選ばれます。

当施設の一番人気は「高原列車は行く」ですね。
明るい曲調で、みなさん朗らかな顔になります。

良い発声練習の曲にもなるのでオープニングに、この曲を全員で歌い最後の〆としても、この曲を全員で歌います。

全員で行うカラオケでも、やはり歌われる方は決まってきます。
他の方を飽きさせない様に、途中で休憩と称してストレッチを行ったり、全員で歌ったりと…
決してカラオケを楽しむ方が偏ることのない様に気をつけていきたいですね。

こちらの記事もどうぞ

高齢者がカラオケで歌われる人気曲を集めてみました。

年配者も手軽にできる!歌って楽しむレクリエーションについて

歌や踊りを取り入れたレクリエーションはコミュニケーションも活発にします。

涙そうそう
老人介護施設で、ボランティア慰問演奏としてミニコンサートを行ったとき、思いのほか評判がよく、アンコールをいただいたので演奏しました。
アンコール曲は涙そうそうですと言った途端、歓声があがるほどの食いつき。
演奏中は、こちらからあおっていないのに、自然と手拍子が出るほどでした。
NHKなどでもよく歌われている曲なので、聴きなじみのある曲なのかもしれません。
井沢八郎さんの歌う『ああ上野駅』。85歳になる寝たきりの母が好きな歌で、よくスマホで聴かせます。喜んで聞いて時々合わせて口ずさんだりするのでびっくりします。
♪挫けちゃならない人生は♪というくだりが特に好きなようです。
毎日何度聞いても厭きないようです。最も久しぶり良い歌聴いたというので、先に聞いたことなど忘れているようです。
職場の60~70代くらいのおばちゃんたちと交流があります。
年末恒例のカラオケ大会があり、たっぷりと演歌の世界に浸らせてもらっています。
最近の年配の方々は、多少リズム感のあるような曲(歌謡曲?)も好んで聞くようです。
どういう分類かわかりませんが「ド演歌」と「演歌」は違う!と言っています。
そんなおばちゃんたちに人気があるのは数年前に坂本冬美さんで大ヒットした
また君に恋してる」という曲です。こちらは実はカバー曲だそうですが。
ド演歌ではない、軽快な感覚がおばちゃんたちの心をキャッチしたようです。
数年前のヒット曲でもいまだに根強い人気があって、携帯の着うたの設定をするように頼まれました。
私の80歳になる祖母は、さざんかの宿という歌をよく歌っていました。
その祖母は、再婚で祖父と知り合った時のことを、そのうたと重ね合わせていると思っています。
うたの歌詞をみると、本当にそのような事があったのかとおもったりして、懐かしく私としても聞いてみます。
祖母もその歌を歌う時には、女性の顔になっているので、そのこともとても良い事だと感じています。
私の母親は、高齢者で美空ひばりが大好きです。
その美空ひばりのうたの中でも特に好きと思っているのは、「川の流れのように」です。
その歌を録音しては、家の中でカラオケで練習をしている毎日となっています。
その歌を歌っている姿を見ていると、本当に母親は苦労をしたのだなとおもったりいます。
そして今は幸せであることを噛み締めているようです。
島倉千代子の「人生いろいろ」という曲が私の身の回りでは人気が高い曲です。
元々島倉千代子自体が割と高齢の方に人気のある歌手なのですが、私の知人の方々は何かある度にこの歌を歌っています。
そして誰かが歌い始めると、必ず手拍子も湧き起こるのです。
そして2番の歌詞あたりで感極まって泣き出す人が出てきます。
そして、私の結婚式の時も余興でこの歌を歌われ、出席していた高齢の皆さんが会場全体で泣きながらみんなで熱唱していて困惑…いやありがたかったです。
春よ、来い
松任谷由美さんの、「春よ、来い」。約20年前のNHK朝の連続テレビ小説で主題歌となっていた曲です。
個人的に好きな曲なので、ボランティア慰問演奏や、バーライブなどでも演奏するのですが、とても評判が良いです。
私の祖母は、何曲も演奏した中で、どの曲が気に入ったかを訊ねると、「春よ、来いが良かった」と言ってくれます。
美空ひばり 川の流れのように
高齢者にとっては美空ひばりは永遠のアイドルです。以前ボランティアで高齢者施設に何度か言った時に音楽会やカラオケ大会があると必ず美空ひばりの歌が人気上位にあがっており、特にこの川の流れのようにがリクエストとして一番人気だった記憶があります。聞いていても元気が出てくる歌ですし、とうとうと流れるような曲が高齢者には心地よいのだと思います。
私の父は石原裕次郎さんの世代です。
そして家族でカラオケに行くと必ず母に向かって歌う歌があります。
それは「俺はお前に弱いんだ」という裕次郎さんの曲なのですが、私はこの曲を父が歌うのを聴くといつも笑ってしまいます。
なぜかというととにかく我が家では母が一番強く、父は尻に敷かれっぱなしなので、まさにこの曲のタイトル通りだなと思うからです。
とんがり帽子」(鐘の鳴る丘)という曲を、いまは亡くなった父(昭和の戦前生まれです)が酔ったり機嫌が良い時によく歌っていました。
詳しく好きな理由を聞いたりすることはありませんでいしたが、もともとラジオドラマの主題歌であったようで、父もそのころちょうど少年時代でよく聴いたと思われますので、耳になじんだと思われます。
歌詞自体はのどかで童謡にも似た、たいそうなものではありませんが、戦後すぐのころには父をはじめ、ごたごたした社会を慰めてくれたのだと思います。
うちのお爺ちゃんは「青い山脈」という歌が大好きです。
我が家にはホームカラオケがあるのですが、うちのお爺ちゃんはお酒が入ると必ずこの歌を歌っているのですが、孫の私たちにも一緒に歌えと強制され、いつの間にか歌詞を全部憶えてえてしまいました。
最近はあまりお酒を飲まなくなったためか歌うことも少なくなりましたがいつまでも元気でいて欲しいです。
私の主人は七十近いのですが、フランク永井さんの「おまえに」が大好きで本当によく歌います。
フランク永井さんの曲はどれもムード満点でカラオケボックスで歌うより、スナック等で歌うほうが似合います。
そのため私と主人はよくスナックに行っては歌を歌って楽しんでおり、私は主人に「おまえに」をリクエストしてよく聞き惚れたのでした。
私の母親が好きなうたとして、布施明の「シクラメンの香り」があります。
そのシクラメンの香りを好きというのは、布施明の声が魅力的であるので、その歌に魅了されていると話をしていました。
またその歌詞などは、小椋佳という、その歌手も母親が好きな人なので、ダブルで好きと言うこともあるようです。
そしてその歌詞を噛み締めながら、静かに歌っています。
私の済んでいる地域には公民館があり、そこでよくカラオケ大会が催されています。
近所の高齢者の方が多く参加し、私自身は歌う側ではなく手伝いとして参加したことがあるのですが、やはり高齢者の方がよく歌われる曲というと演歌やムード歌謡が多いです。
とくに石川さゆりさんは本当に大人気です。
津軽海峡冬景色」などはカラオケ大会があるたびに、誰かが必ず歌うくらいです。
私の身の回りの高齢者の何人かは、「故郷」という歌が大好きです。
童謡のあの歌です。
デイサービスとかに行かれる方がよく好んでいます。
この曲をアコーディオンの伴奏で歌うのがいいんだそうです。
私も祖母に「あんたがこの曲弾けないかね」と要求されましたが、私は残念ながらアコーディオンは弾けないのです。
ですので、祖母はたまにデイサービスにアコーディオンが弾ける人が来るたびにこの曲を弾いてほしいと迫るんだそうです。
職員の方から聞いてなんだか恥ずかしかったです。

高齢者の方が体を動かして行うレクリエーションの種類

上を向いて歩こう
老人介護施設などでボランティア演奏などをする機会があるのですが、坂本九さんの上を向いて歩こうはテッパンです。
どの施設に行っても、利用者様はみなさん一緒に歌ってくださいますし、なにより、この曲を聴いているときの利用者様の表情がとても明るくて素敵です。
前向きな歌詞の歌なので、歌ったり聴いたりしている中で前向きな気分になるのかもしれません。
短期間ですが、デイサービスで働いていたことがあり、年配者とカラオケをすることがよくありました。高齢者が好きな歌は高校3年生青い山脈リンゴの歌365歩のマーチ、とか坂本九さんの上を向いて歩こうといったものを何度も歌っていました。みんなが知っているそうした歌を歌うととても盛り上がり、その場が楽しくなっていったのを覚えています。
私の父は現在七十歳を越えていますが、日活映画全盛だった時代に青春を過ごしたため、日活俳優の歌が好きです。
特に小林旭さんの曲全般はカラオケ等でよく歌っています。
例えば「ごめんね」「ついて来るかい」は母と結婚した時にプロポーズ代わりに歌ったのだそうです。
母ももちろん小林旭さんは大好きで、その父の歌でプロポーズをオーケーしたということでした。
ペギー葉山の「南国土佐を後にして」が高齢者の好きな歌のひとつです。
この歌で「土佐の高知のはりまや橋」がとても有名になりましたし、「坊さんかんざし買うを見た」というのは坊さんの人間くささをえがき、とても色っぽい歌詞です。
ペギー葉山が紅白歌合戦に出場してこの歌を歌ったとき、全員の大合唱となったようで、国民全体に浸透していた人気曲です。
高齢者施設で仕事をしていた時に、時々慰問で地元で歌手活動をしている人や、歌を通して人を元気にするというようなボランティアの人が来てくれるんですけれど、そういう時に童謡とか昔ながらの歌を披露してくださると、みんな一緒に口ずさんだり、時に涙などを流しておられました。
そんな中でも、てっぱんは「ふるさと」ではないでしょうか。
外すことなく全員一緒に遠い目をして大合唱していた姿が思い出されます。
私の祖母は八代亜紀さんの曲をよく聴いています。
そんな中でも「舟唄」は私でもよく知っており、祖母と会うと二人でよく口ずさみます。
たださすがに祖母は年季が入っており情感たっぷりに歌い上げるので、私などはまだまだ祖母の美声の足元にも及びません。
そしてたまに祖母に歌い方を教わったりするのも楽しいひとときで祖母との良いコミュニケーションとなっています。
私は主人の会社の社員旅行に参加したことがあるのですが、主人の会社には七十歳近くの人もたくさん働いています。
そんな高齢者の方に人気のあった曲というと美空ひばりさんの曲です。
性別問わずみんなが好きな歌でまさに国民的歌手だとあらためて感じたものでした。
中でも高齢者に人気だったのは「お祭りマンボ」や「東京キッド」のような楽しい曲調の歌でした。
私の父は六十代後半です。
そんな父が普段車の中で聴いているのは小林旭さんメドレーです。
とくに「北へ」「さすらい」「北帰港」の三曲は若い時から今まで数え切れないくらい聴いてきたそうで、入浴中などにも風呂場からよく鼻歌が聞こえてきます。
おかげで私も歌えるようになったくらいで、高齢者の方は父に限らず小林旭さんを好きな方が多いんだなと思います。
忘れな草をあなたに
倍賞千恵子さんが歌っていたと言う、忘れな草をあなたに。
私の祖母が、昔とても流行った曲だと言っていたので、老人介護施設等でボランティア演奏をするときにためしに演奏(弾き語り)してみたところ、皆さん一緒に歌ってくださいました。
そして、終わったときの拍手の大きさは、これまで演奏したどの曲よりも大きいものでした。
昔を思い出す曲なのかもしれないなと思っています。
高齢者が好きな歌といえば、舟木一夫の高校3年生です。
この歌は、在りし日の思い出がよみがえるようですし、ある年代の高齢者ならたいていは知っているので、声を合わせて歌うことも出来ます。
節回しも簡単なので、歌うのが楽なようです。
青春の日々を懐かしがりながら、今の老人仲間たちと歌うことが出来る曲として、末永く語り継がれて欲しいものですね。
私の親戚の中で高齢の人たちはみんな坂本九さんの「上を向いて歩こう」が好きで、親戚一同の集まりがあると必ず誰かが口ずさんでいます。
また私たちは毎年正月に親戚で集まるのですが、その時には最後にみんなで「上を向いて歩こう」を大合唱することがよくあります。
この曲は流行った当時まで生まれていなかった世代でも知っているほどの有名な曲なので、老若男女問わず歌えるのがいいところです。
高齢者、とくに女性の高齢者が好きな歌手というと石川さゆりさんや坂本冬美さんではないでしょうか。
私の祖母や叔母なども本当に好きで、私は以前祖母の米寿のお祝いに「天城越え」が入ったCDを贈ったこともあるほどです。
もちろん「天城越え」は祖母の大好きな曲で、とっても喜んでくれました。
そして毎日のようにそのCDを聴いてくれてるみたいです。
以前親戚たちと温泉旅行に行ったことがあります。
そこにカラオケの設備があり、祖父母やその兄弟に人気だった歌が、春日八郎さんの「別れの」という曲でした。
祖父がこの曲を歌いだすとその同世代の親戚たちはみんなが口々に懐かしいと声を上げて、その当時の思い出を嬉しそうに、そして懐かしそうに私に語ってくれたものでした。
今の六十代以上の世代は日活映画で育った世代です。
なのでその年代の方に赤木圭一郎さんの話をすると、すごく喜んでくれます。
霧笛が俺を呼んでいる」という曲などはとくに流行った曲で、私の父や叔父、そして職場の上司などはサビの部分はだいたい歌えたりします。
やはり青春時代を思い出すのか、その当時の歌というのは思い入れが深いようです。
私の母親が好きな曲として、という歌があります。
それは演歌で、一時とても流行っていて色々な人が歌っている姿を見る事ができました。
母親は、孫ができたことで、その歌をいつも歌っていたのです。
自分も孫ができて、始めてそのうたの感情がよくわかるようになったのです。
歌を歌っているときには、孫の可愛い姿を思い浮かべているようです。