老人ホームを探すと決めたら

クローバーの絨毯

はじめに

初めまして。朝と申します。
老人ホームでの現場介護スタッフを経て、現在は都内の介護付有料老人ホームの生活相談員をしています。
あなたは介護職の人ってどういうイメージをお持ちですか?
優しい人、いい人。周りとの和をとても大切にしていて、気が利いてよく働いて、汚い仕事も笑顔で快く引き受ける穏やかな人…
そう思いますか?本当に?
少なくとも私は違います。
正直、気難しいじじばばはめんどくさいし、モンスターペアレンツならぬモンスターチルドレン(いや、ファミリー?)には極力関わりあいたくないし、実際の介護だって汚いものは汚い。
個人としてはゆとり世代ど真ん中で自己中心的だし、サービス残業なんて極力ごめんこうむりたいし、有給を取るためなら涼しい顔をしてそれっぽい理由をでっちあげます。

何が言いたいのかというと。
老人ホームを探すと決めたら、まずすることは先入観を捨てることです。
もしもあなたが冒頭のような介護職のイメージをお持ちであれば、それはひと昔前の人が看護師さんを「白衣の天使」などと呼んでいたという事件に近い勘違いです。
そんな博愛の精神に満ち満ちた奇特な天然記念物は、そりゃあどこかにはいるのかもしれませんが、現代日本の要介護高齢者の数に見合うだけの人数を確保できることなんてまずないのです。

このコラムはこんな自分勝手な人間が現場スタッフとして様々な現場を見て、ホームの入居者さん、同僚である周りのスタッフ、ご家族と接し、自身の祖母と大叔母の介護にかかわった末最後を見送り、相談員としていくつかのケースの相談を受ける中で考える「老人ホームの選択」についてを書いていきます。

老人ホームに入居すれば、優しい介護士さんが手取り足取りかいがいしくお世話してくれる。ホームを決めて入居すれば、本人も家族もこの先ずっと安心でハッピー…
な~んて幻想は捨てて、冷静になって終の住処を探す覚悟を決めましょう。

元気だった父(母)が突然入院した。しばらくして医師に、治療は終わったので退院してくださいと言われた。病気の治療は終わったのかもしれないが、どう見ても今までの生活が送れるとは思えない。え?退院?

困りますね。頭の中が真っ白です。動悸がして何も考えられない。病院の相談員さんが色々な話をしてくるけれど、半分も頭に入らない。
頭が真っ白なまま逃げるように家に帰ってきた…

深呼吸をしてください。
一度ではありません。
落ち着くまで、何度でも。

さあ、はじめましょうか。

老人ホームを探す前に①へ続く

ABOUTこの記事をかいた人

主な経歴は約6年の介護付き有料老人ホームの介護スタッフで、現在3ヵ所目の有料老人ホームで相談員として働き始めたところです。 有料老人ホーム以外にも特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、ショートステイ、デイサービス、デイケア、お泊まりデイの現場も見てきました。 半年間ではありますが、介護老人保健施設の相談員も経験しています。