80歳で20本の歯を残すための8020運動とは

花開く百合

8020運動とは満80歳で20本以上の歯を残そう、という運動で厚生労働省や日本歯科医師会により推進されている。

1999年の歯科疾患実態調査では80歳の残存歯数は8本、20本以上の残存歯を持つ者は約15%。

2005年の歯科疾患実態調査では80歳の残存歯数は10本、20本以上の残存歯を持つ者は21.1%。

残存歯数20本以上が増加。

2000年において、国民健康づくり運動にて、2010年までに20本以上の残存歯を持つ者を20%とする事を目標とする。

2013年東京都港区みなと保健所は80歳で20本以上の歯のある区民が50%を超えた、と発表した。

このときの全国平均は38%であり、国の目標は2022年度までに50%にすることとしている。

みなと区は10年早く目標を達した。

20本という数字は、自分の歯で食べられるための必要な歯数のことです。

歯の本数と食品を噛む(咀嚼する)能力を調べた結果、おおよそ20本残っていれば、多少固い食品でも、そこそこ噛めることが科学的に明白になっています。どんな世代、年齢層でも歯が20本以上あれば、咀嚼状況は良好のようです。

そこから20本目標数字が出されたようです。

厚生労働省の発表データによると、8020運動がスタートした時は8020を達成している高齢者(後期高齢者)は、10人1人以下でした。

平成23年の調査では37%が達成していることが分かりました。

しかし半分以上の人が歯が20本ありません。

歯が少なくなってくると、噛む力が弱くなり、軟らかい食べものを好むようになります。

そうするとますます噛む力が弱くなり、老化の進んでいきます。

歯も鍛えることが必要です。噛みごたえのある食物を、しっかり噛むことが大変大切です。

よく噛む、よく咀嚼すると脳の老化を遅らせる効果があります。

全国の地方自治体がそれぞれ、口腔衛生の普及に努め、運動の展開を行っています。

その成果が確実に効果が現れていますが、高齢者の増加に伴い、達成していない高齢者の数も増加傾向ですから、
なを一層の強力な運動展開が必要でしょう。

歯の欠落はほとんど歯周病が原因です。加齢は歯周病になる環境因子を高めています。

日本人の成人の80%が歯周病や歯茎の病気にかかっていると思われます。

歯周病は肺炎、骨粗鬆症、糖尿病、心筋梗塞、癌、などの病気と深い関わりがあります。
大変怖い病気です。

例えば肺炎です。 
歯周病を引き起こす細菌は歯周病患者の口の中に多くいます。

こういう人は細菌を肺に吸い込む可能性があります。特に高齢者の患者で嚥下障害を持つ人で、歯周病にかかっている人は細菌を肺に吸い込む危険性があります。

食物を食べた時に、通常ですと、そのまま食道に行くのですが、嚥下障害で気管支に入り込んでしまうわけです。
これを誤嚥といいますが、これが原因となって肺炎を引き起こすわけです。

口腔内をきれいに保つことが、取りも直さず、歯の残存本数を増やし、健康寿命を延ばすことに繋がります。