のどが渇いていなくても水分摂取量を・・高齢者に必要な水分量

ピンク色の蓮の花

高齢者の方の水分の摂取の仕方、皆さんは何か工夫をされていますか?

特に夏などは高齢者の脱水症状が原因で救急搬送されるという状況が増えていますので正しい水分量を改めて確認して水分補給するようにしたいものです。

ある程度ご家族の方も確認して足りているか、確認をするようにしましょう。

高齢者は体内の水分量が少ない

元々、高齢者の場合、筋肉の量が減ってきてしまっています。
筋肉は水分を含む役割もしているので、筋肉の衰えと共に体の水分量が減ってしまいます。
その為、高齢者の水分量は40%から50%にまでなってしまうのです。
(赤ちゃんなどは80%ほどあるといわれています)
また、高齢により腎臓の機能が衰えてきて、尿の量が増えていきますので、その分水分が必要になってきます。
なので出来るだけこまめに水分補給をしていったほうが良いと考えましょう。

どのぐらいの水分を摂れば良いのか?

高齢者の場合、一日に1.5リットルぐらいの水分を摂取するように心がけると良いといわれています。
ちなみにこの量は最低量です。
この量から始めて、暑い日や汗をたくさんかいた日などは多めに水分を摂るようにすると良いです。
もし、体調不良などで下痢気味だった場合や熱が出てしまったという時には多めに水分を摂るようにしましょう。

1.5リットルという水分量は全部を飲料でというわけではありません。
食事などでも汁物などで摂取できますので、飲料の場合、1リットルを目安に飲むようにしていきましょう。
一気に飲むのは良くないので100mlをこまめに飲んでいくようにしてみましょう。

のどが渇いていなくても水分摂取を!

高齢者はのどの渇きの感覚をあまり感じない事が多いので、特にのどが渇いていなくても水分を摂取するように家族の人からも話をするようにして下さい。

水分を控えるというのはあまりしないほうが良い

トイレに行く回数が増えると嫌だからといった理由やあまり汗をかきたくないといった理由などで水分を摂る量を控えてしまう高齢者もいらっしゃいます。
水分の摂取を我慢してしまいますと脱水症状での体調不良につながるので定期的に水分接種をした方が良いと考えて本人にも理解してもらうようにしましょう。

疾患によっては水分量を制限されている人も

心臓疾患、腎臓疾患がある人の場合は水分量の制限が医師から説明されています。
当てはまる人の場合はその決められた水分量を守って摂取するようにして下さい。
無理して水分量を増やすとかえって体調や病状にとって良くない結果になってしまいます。
正しく水分を摂っていつまでも健康に過ごせるようにし

夏場だけではなく、年中気を付けておきたい脱水症