カラオケが健康に良い話

オールドローズ

幼いころから両親や近所の大人から童謡を学び、子供同士で歌い遊びをしてみたり。

年末には紅白歌合戦を憧れの眼差しで大好きな歌手や歌謡曲を家族団らんで視聴してみたり、歌と一緒に年中を楽しむ人が多い日本人ですが、何となく口ずさんでしまう歌を歌うことはどの様な効果があるのでしょうか。

歳をとり高齢化するにつれて足腰がつらくなり外出して運動しようということもなかなか億劫になりがち。

特に冬の季節は寒くて体の動きが衰えがちになり、夏場は暑すぎて運動すると熱中症になり健康に悪影響を及ぼすこともあります。

若者ですらなかなかつらい冬の季節お年寄りの方々にとってはかなりの苦行となりそうです。

そんな中お散歩よりも気軽で自分のペースに合わせて無理なくできる運動が歌を歌うことなんです。
何気なくテレビで見る歌手に憧れて口ずさんでいる歌謡曲が体の筋肉を動かしてくれます。

歌を歌うには肺に空気を取り込みのどから声を出します。

その際に肺活量を使用するので血液循環を促し、血圧の安定化に役立ちます。

又、覚えているフレーズを思い出しながら歌うことになるので脳の活性化に効果がありぼけ防止効果もあります。

声を出すことはストレス発散にもなります。

体の循環を良くすることになるので女性の方が気になるお肌の美容効果も期待できます。

ご自宅でもカラオケ店でも座りながら空調設備の丁度良い温度の室内で行えるので体に負担がかかったり、気温変化による疲れなどもなく気軽にできる運動としてお手軽ですね。

歌を歌うときはよりきれいないい声で歌いたくなります。

呼吸の仕方であったり姿勢を正してみたり。

そういった何気ない努力が健康によかったりします。

歳をとると筋力がおとろえて背中が曲がってしまい日常生活がしんどくなりがちになります。

姿勢を正そうと意識して直すのはしんどいですが、歌を楽しみながら何となく努力することで自然と背筋が伸びて、体への負担が軽くなってきたりもします。

最近はテレビでは歌謡曲の番組が多く、ラジオでは昭和の名曲が流れていたりします。

そんな時だからこそ無理をして外にでようと考え過ぎず、ゆったりと暖かい室内で好きな歌手の方と共に歌ってみるのもいいですね。

家に引きこもりがちになりやすい今の季節は楽しみが少なく心の不安が多くて心配ですが、一人でのんびりと歌うのはもちろんお友達と一緒にわいわいと歌うことを口実にカラオケ店に外出して歌を楽しんでみてはいかがでしょうか?