高齢者のむくみは日常生活に原因があるかもしれない

赤と黄色のチューリップ

お年寄りの足をみると、びっくりするくらいむくんでいた!なんてことはありませんか?

むくみを見つけると、まず腎臓や心臓の病気を疑いがちですが、じつは日常の生活の中にその原因が隠れていることも!?

今回はそんなむくみのメカニズムに迫ってみましょう

むくみのメカニズム

人のからだの60%が水分といわれています。この水分は「体液」といわれ、細胞の中にある水分と細胞以外にある水分に分かれています。

むくみは、その中でも細胞外にあり、細胞と細胞の間に存在する水分が何らかの原因によって異常に増えることで生じます。

むくみを起こす原因には様々なものがあり、病気でなくても日常的によくみられる症状でもあります。

特によくみられるケースとしては、疲労、寝不足による顔面のむくみ、運動不足や長時間の立位、座位による下肢のむくみがあります。

また、塩分の取りすぎもむくみを誘発します。

病気のむくみの見分け方

病気によるむくみには、大きく分け腎臓と心臓の異常に分けられます。

腎臓の場合は慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全の危険性が考えられ、特徴としてまぶたやむこう脛にむくみが生じやすい傾向にあります。

一方、心臓の働きが低下する「心不全」でもむくみが起こりやすく、下肢や足の甲にむくみがでやすくなります。

むくみの対処法

むくみといってもいったいどういう状態がむくんだ状態なの?と思われる人もおおいのではないでしょうか?

むくみを確認するには、まず指の腹で皮膚を約10秒押したあと、指を離します。押した部分がすぐに戻らず、くぼんだままでしばらく時間が経たないと元に戻らないという状態であれば、むくみがみられる証拠です。

もしむくみを確認したら、尿量や体重、脈拍などの全身状態のチェックを行い、極端におしっこの量が少ない、脈が弱いなどの明らかな異常だけでなく、なんだか顔色が悪いなど些細な異常でも、即医療機関へ受診をしましょう。

全身状態に異常がない場合は、

  • むくんだ皮膚はとてもデリケートなため、摩擦や刺激を避けて清潔を保つ
  • 下肢のむくみには、ベッドの足元を上げる、枕を足元に当てるなどをして足元を挙上する
  • ゆっくり風呂に浸かりからだを温める
  • むくんだ部分を体の先から中央にかけてさするようにマッサージする

などのケアがおすすめです。

こちらの記事もどうぞ
高齢者の足の浮腫み改善で免疫力を高めよう

高齢者の便秘が起こす病気について