本音を知りたい!高齢者施設を辞めた理由(わけ)

青空とつるバラ

介護の仕事を辞めた理由

国の問題としても大きな課題となっている介護離職者ですが、減っていく介護者数が問題となるばかりでその理由があまり明確ではないようです。

理由を根本から見てみる事が、結果として介護離職者を減らす事に繋がります。

そんな介護の仕事を辞めた理由を少し覗いてみましょう。

絶対的に低い賃金

もはや介護に関わる仕事では稼げないと言い切れる程、介護職では賃金が期待出来ません。

他の一般的な仕事に比べ、勤続年数や年齢を加味して計算すると平均して20000円程低いというデータがあります。

営利目的では出来ない仕事という面と、国の保険事業である事から高い値段設定や法律を逸脱したやり方も出来ません。

国としても周知の通り大赤字である今の日本では、今後を含めて期待は出来ないでしょう。

充実する瞬間が目減りしていく

介護の仕事を目指す時、必ずしも賃金以外の何かを目的にしているでしょう。それは多くが仕事の充実感や笑顔等ではないでしょうか?

介護の仕事をする前は、何かしら「楽しそう」と思いを馳せているものです。

しかし仕事を覚えある程度中堅と呼ばれるようになると、その仕事の過酷さから「作業」になっていき、更にそれが継続します。

捉え方かもしれませんが、その中では当初の気持ちは忘れられていきます。結果、その気持ち自体を感じる事も出来なくなり、辞めようと考えるようです。

昇格の無いジレンマ

介護の仕事は必ずと言えますが資格がモノを言う世界でもあります。当然、資格を取らなくては昇格は有り得ません。

更に、介護施設の経営にはその殆どが「身内経営」となっています。

社会福祉法人であれば理事長絡みの親族や、中小企業であれば社長の親族等、必ず経営の何かや要職に就いています。

それがある事で、一般の従業員は限られた昇格しか可能性がありません。更にこの事がしがらみとなるケースも少なくありません。

休みが安定しない

人が困っているのを助けるのが介護とも言えるでしょう。これは正月やお盆、長期的な世の中の休みである時こそ必要とされがちです。

そこで介護をしている人間にしてみれば、当然世の中と同じ流れで休みを取る事も難しくなります。

筆者も昔、紅白歌合戦を見ている時間に施設でオムツ交換をしていた時もありました。

これでは、少し惨めとも言える瞬間を感じたりもします。

最後に

賃金が安い事というのが、一般的に知られているデメリットかもしれません。でもこの理由だけになっている側面もあります。

夜勤や不安定な休み等、サービス業だから当たり前と言われますが介護にはその言葉だけで済まされない辛さを備えています。

そんな辛い仕事を世の中が求めている、必要不可欠となっているのもまた辛い事でもあります。

永遠に無くならない仕事と言われつつある介護ですが、この仕事が陽の目を見るにはまだまだ時間がかかりそうです。

介護の仕事を辞めた理由を聞いてみました。

介護職に限った話ではないですが、どんな職種でも会社を辞める人はいますよね

退職をするという事は理由があって、その理由も人によって色々と違ってきます。

労働時間や内容に対して給料が低かったり、経営方針が合わなかったり、仕事の成果を評価してもらえなかったり、職場での人間関係がうまくいかなかったり、親の介護等で仕事が続けられなくなったりと退職理由は人によって様々です。

今回は介護施設を退職した理由を数名の方にお聞きしたので、その理由を載せていきます。

こちらの記事もどうぞ

高齢者向けの介護施設に勤めて良かった事や嬉しかった理由

女性・28歳・病院・経験3か月
私が特別養護老人ホームで勤めだしたのは前職の個人経営のグループホームを辞めて、今度は年齢のことも頭に入れてもう少し福利厚生のしっかりした大型の施設で働いてみたいという想いから近所の高齢者の患者の多い病院で働くことに決めました。
しかし、実際に勤めてみると、とても意地悪な女性の職員が多く、新人イビリが酷い方が多かったです。
中でも、一緒に二人一組で行うシーツ交換が最悪でした。ふたりで息が合わないと「なにやってんの!!」と、罵声を浴びさせられビクビクしてしまい、思うように動くことができず怒られ悪循環でした。
結局病院は3か月しか勤務することができず、またグループホームに戻りました。
しかし、医療法人が母体のグループホームに就職することができ、自分らしくのびのびと仕事が出来て、あのとき病院を辞めて本当に良かったなと思っています。
女性・48歳・デイサービスセンター・経験8年
一人で複数の利用者さんをみる事は、凄く不安でした。しかし、配置場所ごとに介護士の人数は、決まっていました。その日、利用者さんが、増えても減っても、その人数です。
何らかの事故が、起こってしまってからでは遅いので、頃合いをみて辞めたいなと思っていました。
今は、介護職とは全然違う仕事をしています。お給料はあんまり変わらないのに、一人介護の不安がない今の仕事はいいですね。
男性・37歳・グループホーム・経験3か月
私が辞めた理由は働いている人と考え方が合わない為でした。
私が介護を始めた理由は、今後の高齢化社会の為に幅広い分野で活躍したいという想いからでした。
介護技術学び、高齢者とのコミュニケーション慣れすることにより、業務だけでなく、日常生活でも役に立てて行きたいが為でした。
しかし、そこで働いている人は日常生活で何らかのストレスを感じており(例えば家庭問題)仕事している様子をみると他に自分ができる仕事が無い為に消去法的な考えを持った人が多かったです。
なので、考えていることが私と正反対だと感じたので、辞めました。
女性・40歳・特別養護老人ホーム・経験3年
私は、その職場で看護師として働いていました。
看護師は私を含めて数人しましたが、その看護師たちと、介護士の人間関係が悪く、その調整役をしていた私は、そんなことばかりに神経を使いたくないと思って、嫌になっていました。
その職場の仕事内容としては、そんなに忙しい職場ではないので気にいっていたのですが、その人間関係の悪さに、一緒に働くことが嫌になって、ついに辞職することになりました。
その事は、仕事が好きだったので、とても残念に思っています。
女性・29歳・特別養護老人ホーム・経験6ヶ月
慢性的な人で不足からサービス残業・サービス出勤はあたりまえで、ほとんど休みがもらえませんでした。
女性職員同士の派閥争いや新しく入ってくるスタッフへのいじめもひどく、利用者さんからの日常的な暴言にも耐えられませんでした。
ホーム自体の空気がとても悪く、お給料も雀の涙ほどだったこともありストレスから心療内科に通うほど追い詰められ、約半年で耐え切れなくなり辞めてしまいました。
女性・38歳・介護老人保健施設・経験3か月
私は2年前に離婚したシングルマザーです。子供は二人います。離婚した際、なかなか仕事が見つからず、ハローワークに相談したところ、介護の仕事を勧められ資格を取得し老健に就職が決まりました。
しかしニュースでも取り上げられているように介護の仕事は、とにかく仕事内容がハードな割には給料がとても安いです。
正直、夜勤をしないとようやく親子3人で暮らしていける稼ぎにはなりません。
ですが、子供がまだ3歳と5歳で小さいため夜勤はとても無理でした。
結局3か月で辞めてしまい、今は昼間のパートを2個掛け持ちして生計をたてています。
女性・24歳・特別養護老人ホーム・経験3年
入居者が1フロア20人程度の規模で、現在のようなユニット方の施設ではありませんでした。
介護度が高い方が多く、車椅子や入浴時にストレッチャーを利用するので、大柄な方や太めの方の移乗は大変でした。
夜勤は一人体制でオムツ交換や体位交換なども、以外と腰に負担がかかります。
腰痛になると整体などに行き、腰痛緩和用のベルトをつけて仕事をしていましたが、腰痛が改善されません。
整形外科に行ってもレントゲンで骨に異常がない場合は、湿布と痛み止めを処方されるだけでした。
その後、ギックリ腰になり仕事を続けるのが困難となり辞めました。
女性・27歳・グループホーム・経験3年
私はグループホームに3年間勤めていましたが、介護職員を辞めました。理由は介護の仕事を辞めて看護師になりたいと思ったからです。
正直な話、介護の仕事では入居者様に体調の異変が起きても医療行為ができないために、助けられる命も助けられないと悔しい想いを何度もしてきました。
そのため看護師になって、もっとやりがいのある仕事をしたいと決心しました。
日々の仕事をしながらの看護学校への受験勉強はきつかったですが、この春、看護学校の試験に合格し、今憧れだった看護師を目指して日々勉強中です。
これからも夢に向かって頑張っていきたいと思っています。
女性・26歳・特別養護老人ホーム・経験1年
毎日やりがいを持って仕事をしていましたが、ある日かなり体重のある方の身体介護をした際に腰を痛めてしまいました。すぐに治療すれば良かったのでしょうが、人手不足なこともあり無理をしながら仕事を続けたので症状が悪化してしまい、介護の仕事を続けられる状態ではなくなってしまいました。
仕事内容や人間関係など特に問題があったわけではなかったので、自分自身が体に負担のかけない使い方・動かし方をきちんとすることできなかったために辞めることになってしまいました。
女性・33歳・特別養護老人ホーム・経験0年
介護系の資格も経験もない私が、友人からどうしても手伝って欲しいと頼まれて、地元の特別養護老人ホームの清掃の仕事をしました。
普通の病室の清掃と変わらないから、といわれて始めたのが大間違い。
毎日汚物の片付けに追われました。
決定的になったのは、朝出勤したら、認知症患者が夜中にやってしまったらしく病室の壁いちめんに大便が塗りつけられていたことです。
どうしても清掃する気になれず、その場で辞めますといって帰ってきてしまいました。
女性・26歳・グループホーム・経験2年
私がグループホームを辞めた理由は入居者の方をとても折り合いが悪く、うつ病にかかってしまったからです。
なぜか理由はわかりませんが、入居当時から相性が悪く、服薬介助も入浴介助もさせていただけませんでした。
幸い、ほぼ自立の方だったのでトイレは自身で用を足せていました。
服薬介助時など私が関わろうとすると「あなたじゃ嫌!別のひとにお願いしたい!」とみんなの前で嫌な顔をされて、とても屈辱的でした。最初は泣きながら会社になんとか行っていましたが、だんだん布団から起き上がれなくなり、病院の精神科へ行くと「うつ病です」と診断されました。
スタッフの方は良い人たちばかりで申し訳なかったのですが、やっぱりもうこれ以上続けられないと思い辞めました。
今は自宅療養中ですが、もう介護の仕事に就こうとはあまり思いません。
女性・48歳・グループホーム・経験3年
私は3年位前、グループホームに勤めていました。利用者様は認知症の女性ばかりでした。
入社した当初は、覚える事が沢山有り大変でしたが、楽しい毎日でした。一緒にお料理を作ったり、お買い物に行ったりしていました。
やがて夜勤が始まったのです。ターミナルケアーといい、利用者様の最期を看取るのですが、入社した時よりも、体調を崩される利用者様が増えてきて、「今夜が峠かもしれないから」なんて言われた時は夜勤のラウンド(見回り)の頻度が増えました。お部屋を覗くと、茶色の嘔吐物を流していたり、うーうーと唸っていたり、一人でしたので、とても大変になってきました。だんだんと重傷者が増えてきて夜勤がストレスになり辞めました。
女性、49歳、グループホームやデイ・サービス、特養など同じ会、勤務3年
とにかく、そこは大きいところでした。そのため、人が入って早めは辞め、入っては辞めで、とにかく一日で辞める人がすごく多くて、入る数もそうなら、辞める数もハンパなくて、入ってしばらくいる人でも、少し何かあるとすぐに辞めていきました…
とにかく、続く人がほんとにいなくて、あちこち、足らないところへたらい回しみたいに職員がグルグル回ったりして、なんとか会の中でやりくりをつけているような状態でした。
私も慣れないところに幾度か行きました。
でも、そういうことを繰り返していくうちに、危険だと思われるようなことにも出くわしました。
私の場合は親が高齢になり、家の中では、多少見守り的な事が必要になったことで、体力的にまいり、毎日倒れそうになっていたため、本意ではなかったですが、辞めさせていただきました。
女性・40歳・訪問介護・経験3年
私は訪問介護で三年ほど勤務していましたが、看護学校に進学するために辞めました。
この訪問介護ですが、利用者の家を一軒、一軒周り、身体介護や家事援助などを行うもので、メインとしては、家事援助がほとんどであり、朝の7時から夜の10時頃まで勤務していました。
バイクで走り回っていましたので、土地感が無いと、仕事をするのは難しいかも知れません。
また、私の場合ですと、事務所を自由に使ってよいということだったので、そこでよく受験勉強をさせてもらっていました。
とてもお世話になった職場ですので、機会があればもう一度、働きたいです。
女性、33歳、介護老人保健施設、経験3年
介護職として入社して3年間勤めたのですが、私が元々したかったのは相談援助の仕事でした。
その為の資格も取得をして、その施設での相談員の空きを待っていたのですが、なかなか空きがなくその職種の仕事をするのは難しい状況でした。
まだ当時若かったので、新しいことにチャレンジしたいという気持ちが強くなり、施設を退職をして、新しい職場を探すことに決めました。
介護の仕事については、嫌だとは感じませんでした。
女性・30歳・グループホーム・経験6年
私が勤めていたグループホームを辞めたのは、ケアマネジャーによるいじめが原因でした。私が介護職を始めて3年で一発で介護福祉士の資格を取得し、その後で5年後にケアマネジャーの試験を受け、結果は落ちてしまいましたが、いつか自分のポジションが奪われると思い怖くなったようで自分の仲の良い職員を集めて執拗に自分のことは棚に上げていじめを行ってきました。
毎日毎日泣き続けるつらい日々が続きました。
他のフロアーの人からみてもわかるくらいひどかった様子で「○○さん、若いんだからこんなとこにいることないよ」と、後押しがあり、そのホームは辞めました。
今はケアマネの資格も取得し、別のホームで計画作成担当者として頑張っています。勇気を出してあのとき本当に辞めて良かったなと思っています。
女性、33歳、特別養護老人ホーム、経験2年
私が働いていた特別養護老人ホームはユニットケアをして、先駆けのような取り組みをしている施設でした。
そういったところでの介護は素晴らしいものかなと期待したのですが、実際に入ってみると、職員がかなり疲れるような勤務形態で働いていて、鬱になったり体調を崩して退職する人の割合がとても多かったです。
お給料も安くて休みも少ない、入所者の為にという理想ばかりで職員のことを考えていない、そういった施設の方針に疲れて退職を決めました。
女性・28歳・特別養護老人ホーム・経歴3年
新しくオープンした特別養護老人ホームのスタッフとして働いていましたが、常に人手が足りない状態で介護度の高い利用者さんばかりのお世話をしなければならず、肉体的にも精神的にも限界でした。
残業はあたりまえのようにあるのに、それでもお給料は月に10万ちょっとと生活していくのもギリギリの額だったので、最終的に仕事へのモチベーションが保つことができずにその老人ホームを辞めることにしました。

介護の仕事を辞める前に、転職サイトを使って職場の環境を変えてみる