想像以上に怖い脱水症は初期対応がとても大切!

高齢者のかかりやすい病気には様々なものがありますが、その中でも病気として認知されにくく楽観視されやすい病気の1つとして脱水症があげられます。

嘔吐や下痢、高熱による発汗、病気による水分摂取不足、熱中症の初期症状などの原因から引き起こされる脱水症ですが、実はとても怖い病気なのです。

脱水症の恐ろしさを説明するとともに、初期対応の方法について解説していきます!

脱水時の水分補給はミネラルバランスが大切

人間の身体はその60%が水分で作られており、高齢者の場合でも50%が水分だといわれています。

その水分が血液やリンパ液、唾液、粘液、消化液、唾液、尿など様々な形に姿を変え、生命活動を支えてくれているのです。

そのため、水分が不足してしまうと身体の活動を正常に行うことが出来なくなり、その結果多くの症状を起こしていくのです。

目眩や口の渇きなどからはじまり、頭痛や意識障害、けいれんなどを起こし、命に関わることもある脱水症に介護者として気付いた時、どのような対応を行えば良いのでしょうか!?

軽度の脱水症状だからといって安心していると、あっという間に重度化していきます。

だからといって水ばかりを大量に飲むのも、自発的脱水という状態を引き起こす可能性があり非常に危険なのです。

脱水時には水分と一緒に適切な量のミネラルを補給することが大切なのです!

脱水時に摂取する水分としておすすめなのが、飲む点滴とも呼ばれている経口補水液。

薬局などでも販売している経口補水液ですが、水1Lに対して塩3gと砂糖20~40gを合わせるだけという、非常に簡単なレシピで作ることができるのです。

水分補給の仕方は一度にたくさん飲むのではなく、一口ずつゆっくりと時間をかけて飲むのがポイント。

そうする事により、身体が水分をしっかりと吸収してくれるのです。

なお、手作りでの経口保水液の場合、ミネラルバランスの調整が難しく脱水防止の効果が薄い場合もありますのであくまでも臨時での対応策だと割り切り、長期的に必要性を感じた場合にはちゃんとした製品を購入するようにしましょう!

生活に寄り添うプロフェッショナルとして

脱水症状が進んでいくと、意識が朦朧として水分を摂取することも困難になってしまうことがあります。

だからこそ、初期段階での適切な対応が必要であり、私達介護職にはその知識が求められるのです。

利用者様の日々の生活に密接に関わる私達は、様々な病気の初期段階に気付きやすい環境にいます。

適切に対応し、医療チームに対して情報を提供することにより、その後の治療もスムーズになることでしょう。

利用者様の生活に寄り添うプロとして、知識と技術を日々磨いていきましょうね!