介護士ならマスターしておくべき『バイスティックの7原則』とは!?

介護の現場では本当に様々なタイプの介護士の方々が働いています。

そんな中で、「え!?そんなことしちゃうの!?」と驚いてしまうような言動を行う介護士の方に出会った時にはとても悲しい思いになり、同時にそのような方に介護される利用者様が可哀想だなと感じてしまうのです。

今回は『バイスティックの7原則』について説明しながら、介護士としての心構えを綴っていきたいと思います。

『バイスティックの7原則』は相談援助技術の基本!

『バイスティックの7原則』とは、アメリカの社会福祉学者であるバイスティック氏が提唱した7つの相談援助技術の基本の事を指します。

  • 個別化の原則
  • 意図的な感情表現の原則
  • 統制された情緒関与の原則
  • 受容の原則
  • 非審判的態度の原則
  • 自己決定の原則
  • 秘密保持の原則

一つ一つの表現は難しく聞こえますが、どれも至って当たり前であり、そして絶対に欠かしてはならない考え方となっています。

それでは順番に解説していきましょう。

個別化の原則

個別化とは、目の前の利用者様をたった一人だけの存在だと認識し、他の利用者様のケースと似たような状況だからといって同じ対応で済ませることができると安易に考えてはいけないということを示しています。

「○○さんの時みたいに、△△すればきっと大丈夫ですよ」というような発想を行うことで、目の前の利用者様の抱える本当の問題点が見えなくなってしまうこともあるでしょう。

意図的な感情表現の原則

関わりやすい雰囲気を出すことによって、利用者様の素直な想いを引き出すことが出来ているかということを示しています。

立場的に上位になってしまいがちな介護提供側は、この原則をしっかり意識し、対等な目線で利用者様に関わる必要があるでしょう。

統制された情緒関与の原則

介護を通じて関わる中で、利用者様の様々な情報が入ってくることとなります。

また、時には辛い思いや悲しい気持ちを訴えてくることもあるでしょう。

ですが、プロとして関わるからこそ喜怒哀楽をしっかりとコントロールし、感情に流されてしまってはならないということを示しています。

受容の原則

受容という言葉はまさに介護の基本であり、一番中心となります。

目の前に居る利用者様がこれまでどのような人生を歩まれ、そしてこれからの人生をどのように過ごしていきたいと考えているのか。

そこにしっかりと耳を傾け、受け入れてあげる姿勢によって信頼関係が生まれ、介護の土台が支えられているのではないでしょうか。

非審判的態度の原則

介護士として働いている中で多く見かける介護側の問題行動がこの非審判的態度です。

簡単に言えば、利用者を批判してはならないというもの。

介護士はあくまでも利用者様の人生のサポート役であり、その判断に対して評価を行い意見する必要はありません。

しかし、長年介護の仕事に関わっている中で慣れなどが生じ、「そんなわけないでしょ」「なんで言う事聞いてくれないの」と否定的な言葉を口に出してしまうようになる介護士が多いのもまた事実です。

自己決定の原則

非審判的態度の原則でも触れましたが、人生の主役は利用者様自身です。だからこそ、本人の意思が第一であり、それに基づいてケアプランなども作成されます。

私達介護士は、利用者様が自分の想いに気付き、発言できるようにサポートしていく必要があるのです。

秘密保持の原則

利用者様や家族様と関わる中で、個人情報をはじめとした様々な情報を耳にする事になります。

ケアプランの見直しや修正など、必要に応じてケアマネージャーに報告することはありますが、それ以外の理由で情報を使用したり漏らすことは決してあってはなりません。

 

利用者様の人生をサポートできる最高の介護士になろう

このように、『バイスティックの7原則』には介護士として関わる際に必要な多くの心構えが盛り込まれております。

どの原則も至って当たり前のような事ですが、全てを実行するのはなかなか難しいもの。

しかし、だからこそプロとしての質を保たなければならないのです。

ぜひこの『バイスティックの7原則』をマスターして最高の介護士になってくださいね!