介護職が魅力的に感じる捉え方

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e4%bb%95%e4%ba%8b

皆さん、介護職と言われてどのような印象をお持ちでしょうか?

きつい仕事、汚い仕事、薄給な仕事など比較的悪い印象が多いと思います。

これはメディアでその部分のみ取り上げられてしまうからであって実はそうでもありません。

介護職のメリットや楽しさ、魅力的に感じる捉え方を紹介していきます。

介護は意外と好待遇!?

最初に言っておきます。

介護職は決してメディアで言われているようなブラック業界でも何でもありません。

それどころか割と好待遇な業界なのです。まずはそれを少しご紹介していきます。

まず一番大事な給与待遇の部分でのお話。

給与は役職等ない普通の介護職員であれば大体月給20~25万くらいだと思います。

これだけ見ると多くなく、むしろ少ないようにも思えますが、介護職というのは専門職です。

介護福祉士となれば国家資格なので介護のプロと国から認められたことになります。

ですので当然介護職には“資格手当”が加算されます。

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を持っていると施設によりますが5000~10000円の資格手当が毎月加算されます。

さらに介護福祉士を持っていると15000~20000円くらいの資格手当が加算されるのです。

そのほかにも介護施設は高齢者の生活の場ですので365日24時間営業ですので、当然夜勤が必要になります。

夜勤での勤務が可能な方は夜勤の回数分の夜勤手当が加算されます。

他にも国から支給される処遇改善加算などのお金も給与または賞与に追加されるので額面では満足のいくものとなります。

そして介護の業務は利用者の生活リズム沿った仕事となります。

着替え、食事、入浴、排泄など人が生活するにあたり、最低限必要なものをサポートしていく仕事です。

一人でそれらが出来ない人のお手伝いをするので力仕事もありますし、認知症を患っている入居者の方の対応は精神的にも疲れることもあります。

しかしそんな辛い仕事でも考え方一つです。

その人の人生の最期の生活をサポートできる唯一の仕事が介護士なのです。

おすすめ 本音を知りたい!高齢者施設を辞めた理由(わけ)

介護士は人生のプランナー

医療ではなく、介護はその人に寄り添い生きていてよかったなと思ってもらえるような人生をプランニングしていくのが介護士です。

入居者のことを考え、その人がどうしたら楽しいと思える生活が出来るか、苦痛のない生活が出来るかを常に考えながら、介護を提供します。

そしてご本人様、ご家族様から頂く「ありがとう」は本当に感動します。

これは介護士しか味わえない最大の醍醐味だと思います。

正面から見るときつくて汚い仕事かもしれませんが、考え方・見方を変えてみると介護職は今後の日本になくてはならない笑顔溢れる素敵な仕事です。

介護職が気になる方は一度見方を変えてみてはいかがでしょうか?

高齢者にとって唯一無二な存在が介護職なのです。