敬老の日に行うレクリエーション

rekuorigami
私の働いていたデイサービスやグループホームでは和紙をちぎって紙に貼り付けるちぎり絵や、昔なつかしい歌を歌う、カラオケ大会、ペットボトルを使用した輪投げ大会などをしていました。利用者さんの介護度に関係なく比較的みんなが参加できるものを考え取り行っていました。駄菓子屋、ヨーヨーつり、事前におめんを作っておき、お祭りの雰囲気を出して敬老の日祭りをやった時もありました。利用者さんにとても喜ばれ、みなさん笑顔が多かったような気がします。
うちの施設は敬老の日、まずフラダンスの先生をお呼びして、皆さんに衣装を着てもらい簡単な踊りを一緒に踊ります。スカートをはいたりアロハシャツを着たりしてとても喜んでくれます。その後は、ボランティアでお料理を作ってださる方が来てくれて、地元の食材を使った料理を振る舞ってもらえます。予算の関係上、みなさんボランティアの方ですが、協力してくださるのでありがたいです。お部屋の飾り付けは職員みんなでやります。
私がいた施設では敬老会は演奏ボランティアさんを呼んで演奏をしてもらいました。利用者さんが分かる歌を唄ってくれます。ボランティアさんと利用者さんと一緒になって歌を唄ったり、楽器を持ってリズムを取ったりします。
演奏ボランティアさんが終わったらみんなでビンゴ大会をします。ビンゴになった人には景品をプレゼントをします。もらった利用者さんは喜んでました。ビンゴにならなかった人も景品あげました。最後に一人一人写真を撮り写真立てに入れてプレゼントしました。
うちの施設では、レストラン風に食堂を飾りました。
食堂前に店の看板を設置し、食堂のテーブルにはデーブルクロス、事前に皆さんに飲みたい飲み物を聞き、飲み物は調査したモノを少し多めに購入。
そしてオヤツは、まんじゅうやケーキ、プリンなどを十種類くらい用意し、飲み物とオヤツを書いたメニュー表を各テーブルに置き、職員が、いらっしゃいませ。から接客係をしました。
普段食べれないもの、飲めないもの、普段だったら選んで食べれないので、とても喜んでもらいました。今年も、去年の反省を元に、やりたいと思っています!
敬老の日のレクリエーションで一番喜ばれるのは参加型の催しものです。
特に皆で一緒に歌う唱歌や童謡は郷愁を誘うようで、「ふるさと」では毎年必ず涙を流して歌う方がいらっしゃいます。
現在かなりの数の大学で、ボランティアによる単位の制度を実施しています。
そこでボランティアでの単位制度を推奨している大学の学生さんに協力してもらうのが良いでしょう。
最初は単位のために始める学生さん側も、喜んでいただける体験に感動されるようで、そのうちに単位の為でなく、喜んでもらうのがうれしくて積極的に参加してくれるようになりました。
アドバイスとしては、あまり本格的に自分の腕前を披露する例えば音大の学生さんよりは、看護学校の生徒さんであるとか、一緒に敬老の日を作り上げる気持ちを持ってもらえる学生さんが良いですね。
私がやったのは、オリジナルストーリーの劇です。男性職員が女装してチンピラ役の職員たちから追いかけ回され、客席の中を走っていきます。しばらくそれをやったあと舞台で捕まりますが、そこでヒーロー登場!水戸黄門のメロディーに乗せて3人組が入ってきます。スケさん・カクさん役の二人が立ち回り、チンピラ役の職員たちをしばりあげてめでたしめでたし…というようなストーリーでした。他に利用者さんの家族も招待し、厨房でお弁当を作って一緒に昼食を取ってもらったりしました。
私が以前働いていたデイサービスセンターでは、敬老の日は近くの保育園の子供達が遊びに来るのが恒例となっていました。
保育園の子供達が歌や楽器演奏のプレゼントをしてくれます。利用者のみなさんは子供達から元気のパワーをもらえるのようです。一緒に手遊びをしたりもします。こちら側からもプレゼントとして、昔の遊びを教えてあげる時間を設けます。お手玉やおはじきなどをする事がおおいです。子供達も興味津々なので、教える側も嬉しそうです。
外部から人を呼んで余興をお願いしていました。1番好評だったのはバルーンアーティストの方に来ていただいた時です。可愛らしい作品をたくさん作ってプレゼントしてくれるので皆さん喜ぶし、たまたま面会に来ていた家族の方からも好評でした。敬老の日ということで家族の面会もいつもより多いので、ひ孫さん等小さなお子さんも一緒に楽しめるので良かったです。余興後お部屋に戻ってからは洋生のお菓子をみんなで食べ、職員手作りの長寿の表彰状を一人一人にプレゼントしています。
敬老の日は、やはりおじいちゃんやおばあちゃんに感謝をする日なので、ほとんどの介護施設では敬老の日のイベントやレクリエーションがあると思います。記念写真は定番ですが、私の勤めている施設では音楽療法に力を入れているので、高齢者の方々が知っているような歌を演奏したり合唱したりするのはオススメです。あとは、近所の保育園の子ども達を招待して、似顔絵や折り紙でなにか手作りしたものをプレゼントしたり、交流会を開くのも喜ばれます。
手や腕を動かしてタオルを持つ運動を取り入れます。昔やっていた感奮摩擦のようにタオルで自身の体をこする出る運動を取り入れ自身の体温維持や心と体の健康のために取り入れます。そのあと甘いおだんごと本格お抹茶をつけてあげます。一人一人の机にはテーブルクロスをかけてあげておきます。テーブルの上には一人一人に込めていつも担当している看護師、介護士、医師の方々よりメッセージを書いたお手紙を置いておきます。読めない方には読んで差し上げます。

高齢者の方が体を動かして行うレクリエーションの種類

2015.03.31