知っているか知らないかで大きく違う介護サービス活用法

白い梅の花のアップ

介護サービスは介護認定を受けてから初めて使えます

介護が必要になったときに、いろいろなサービスを受けるのには当然お金がかかります。

そこでいろいろなサービスを利用すれば、本人の負担額は少なくさまざまなサービスを利用することができます。

しかし実際にこのサービス内容を知って利用されているのは、ほんのわずか一握りなのです。

サービスは認定を受けてから初めて使えるようになりますので、まずお住まいの市区町村で申請をすることからスタートです。

介護申請のきっかけは病院での入院がきっかけという方が多いです

年をとると、誰もがいつかは介護が必要となります。

実際に高齢の方でも介護が必要な身体にも関わらず、この制度を知らなくて申請をしていない高齢者は多くいます。

申請のきっかけが、病院での入院をきっかけに知るという方も多くいらっしゃいます。

大学病院などの大きな病院では、ソーシャルワーカーなど入院患者の相談にのってくれる方がいます。

病院では長期入院することができないため、退院後の施設を紹介したり、自宅に戻った後、自活できない方のために施設などを紹介してくれるのです。

本来ならば介護が必要な身体だったのにも関わらず、このとき、患者は初めて保険サービスやサービスを受けるために申請をすることを知るのです。

それまでは自費負担額が多い治療費や入院費などを払わなければならなかったので、知っているか知らないかで、大きく損をしたり大きく得をするわけなのです。

介護申請をするとはじめて介護保険が使用できます

お住まいの地域には、介護を支援する支援センターがあります。

担当のケアマネージャーが計画書を個人に合わせて作成をし、これによってサービスを利用することができるのです。

これにより老人ホームやデイサービスなどの施設が少ない本人負担額で使用することができます。

介護サービスは内容も豊富にあります

このほかにも、自宅に訪問歯科医が訪れて治療をしたり、不自由になった身体で生活をするために、車いすや手すりなどの用品を安く購入することができたり、レンタルすることができます。

高齢者用の宅配弁当なども利用できるので、安い負担額で食事を食べることができるので、1人暮らしの高齢者にはとても助かるサービスではないでしょうか

介護サービスを上手に利用する